熊本から上陸!神保町「焼きそば みかさ」の味へのこだわりが凄すぎる

本と学生の街、神保町。神保町グルメといえばカレーなどが有名ですが、そんななか、日々行列のできている人気焼きそば専門店があることをご存じですか?その名も「みかさ」。熊本が生んだ名店なのですが、その人気の秘密はどこにあるのでしょうか。

2016年12月6日 更新

おいしさの秘密はどこにある?

「みかさ」の焼きそばで、特筆すべきはやはり「麺」。お母さんのお店を手伝っていた、店主・福島さんが、本当においしいと思う焼きそばを形にしたのが、この手ごねちぢれ麺なのです。 自分の理想の麺にするために、北海道産の小麦を丁寧に揉み込み、注文を受けてから茹であげます。こうすることで適度な焦げができ、油を引かなくてもおいしい焼きそばを炒められるそうです。もちろん麺は生麺!「多加水麺」といって、通常の低加水麺よりも水分を多く含んだモチモチした歯ごたえの麺です。 そして、麺を彩るさまざまな具材のなかでも、とくに注目したいのが、トロッと焼かれた目玉焼き。この目玉焼きですが、わざと潰してあるんです。お好み焼き屋さんでも見られるテクニックですね。こうすることで、柔らかく濃厚な目玉焼きが楽しめるそうで……そのこだわりに、焼きそば専門店の風格が見られます。

トッピングにも人気の理由が

「みかさ」のオプションは、エビイカ(150円)のみと、とてもシンプル。その代わりに、卓上トッピングが豊富なんです。「からしマヨネーズ」「いか天かす」「紅しょうが」「辛口ソース」「七味」「こしょう」……。ひとつだけでもいいですが、慣れてきたらさまざまなトッピングを合わせてみるのもいいですね。 「ソース焼きそば」におすすめなのは、「いか天かす」「からしマヨネーズ」「紅しょうが」の組み合わせ。ソースとマヨネーズの相性がいいのはもちろん、いか天かすで旨みを、紅しょうがで酸味をプラスされるので、口の中であらゆる味わいの化学反応が起きますよ。 「塩焼きそば」には、「いか天かす」をたっぷりかけ、「辛口ソース」を少しだけ垂らしてレモンを搾ります。仕上げに「こしょう」を少々振れば、香りが豊かになりますよ。さっぱりしているのにコクがあり、味が引き締まって絶品!

高田馬場・自由が丘もオープン!

高田馬場店

こちらの高田馬場店は、なんと初代「みかさ」の元店長が始めたお店!この情報だけでも、なんだか行きたくなりませんか?行きたくなるでしょう! さらに、お皿の代わりに熱々の鉄板を使用。外窓から手打ち麺の光景が覗けるなど「みかさ」ファンには嬉しいこだわりが詰まっています。トッピングは「からしマヨネーズ」の代わりに「オリジナルソース」が置かれています。濃厚ソースをたっぷり味わいたい方には憎い心配りですね。

自由が丘店

高田馬場に続いてオープンしたのが、こちらの自由が丘店。2016年の7月にオープンした、とてもきれいな店舗です。笑顔の素敵な女将が迎えてくれます。 こちらの特徴は、なんといっても「イカエビ」以外のトッピング、そしてドリンク!「チーズ」「ソーセージ」のトッピングを待っていた方も多いのではないでしょうか? ドリンクには、生ビールとハイボール、チューハイ、そして焼酎まである充実ぶり。さらには、単品でソーセージやキムチまで注文できます。焼きそばとキムチ……いい組み合わせだと思いませんか?ぜひお試しください。

「みかさ」の焼きそばの虜に……!

いかがでしたでしょうか。 だんだん、焼きそばが食べたくなってきませんか?それも、普通の焼きそばではない、極上の、茹でたての熱々麺にたっぷりソースをかけて、トロリと口の中でほどける目玉焼きののった焼きそばが……。 そう思ったら、次の休日はぜひ焼きそば「みかさ」においでください。待つことを見越して、鞄にお気に入りの小説を忍ばせてもいいですね。なによりここは神保町。すぐそこは、本の街です。順番待ちをしている間に古書店を探せば、きっとお気に入りの本が見付かるはずですよ。 焼きそばへの惜しみない愛情が感じられる名店、焼きそば「みさか」で、おいしい焼きそばをたっぷりお召し上がりください。

店舗情報

神保町店

■店舗名:みかさ ■最寄駅:神保町駅 ■住所:東京都千代田区神田神保町2-24-3 ■電話番号:03-3239-5110 ■営業時間:11:00~17:00(売り切れ次第終了) ■定休日:日祝 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13163715/
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS