三角形にくるくる巻いて♩「おにぎり卵焼き」がお弁当の新定番になりそう!

Instagramでも人気の「おにぎり卵焼き」。卵焼きを三角おにぎりのように作る料理なんですよ。かわいくお弁当のすきまを埋めるにも役立つ便利なひと品の作り方と、おにぎり卵焼きがどのようにお弁当で使われているか、ご紹介します。

2018年10月18日 更新

トトロと一緒に

スタジオジブリの人気アニメ「となりのトトロ」から、トトロと小トトロ、まっくろくろすけが元気よく登場しています。つぶらな瞳がなんとも愛くるしいですね。小トトロはちくわをカット、まっくろくろすけはミートボールでしょうか?メルヘンなトトロの世界観におにぎり卵焼きはぴったりマッチします。

おにぎりの具にしても

思い切って、おにぎりの中におにぎり卵焼きを入れてみてもかわいいかも?見た目のインパクトも大きいですね。おにぎり卵焼きが活躍しつつ、星型にカットしたきゅうりやハムも見逃せない、細かいところまでこだわっているお弁当です。

明太子おにぎりと共演

フードボックス(使い捨てのお弁当箱)に、おしゃれなワックスペーパーをしいて、立体的にお弁当を詰めていきましょう。おにぎりは頭の部分を明太子で飾り、あどけない表情が印象的です。少し丸いフォルムのおにぎり卵焼きも入れて。見ているだけで癒される……そんなお弁当ですね。

お弁当デコアイデアはほかにも!

お花の卵焼き

厚焼き卵をお花の形にすれば、お弁当にも花を咲かせることができますよ。まず卵焼きを作ったら、ラップと竹串、輪ゴムで卵焼きを形作っていきます。スライスしたら顔をつけたり、まん中に白身魚を入れて焼いてみたり……とアレンジもいろいろ可能です。

カニカマりんご

薄焼き卵はあらかじめて作っておき、ハムとカニカマはそれぞれ半分に切ってハムでカニカマをくるみ、スライスしてピンにさしていきます。今度はハムの部分を薄焼き卵にして、同じ要領でカニカマをくるくる巻いてスライスしてピンにさし、種の部分は黒ごまで飾りましょう。たちまちキュートなりんごができちゃいますよ。

レゴソーセージ

まるで本物のレゴブロックみたい!再現度がハンパじゃない「レゴソーセージ」は、特にピンク色の魚肉ソーセージを使うと楽ちんに作れます。ソーセージを適当な厚さにスライスし、レコブロックに見立てるため、隅はカットして四角くします。あとはストローで穴をいくつかくりぬいて、もとの穴に差し込めばOKです。
火を通してやわらかくしたにんじんやチーズ、厚焼き卵でもレゴブロックはできますので、色とりどりのブロックをお弁当箱にちりばめたらすごく楽しそうですよね。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう