#おしゃレシピ「パンプキンマフィン」はトースターでできる絶品かぼちゃスイーツ

オーブンがないとスイーツは作れないと思っている、そこのあなたに朗報!実は、トースターを使うことによって、絶品スイーツが作れるのです。今回は、かぼちゃをたっぷりと使った甘さ控えめ「パンプキンマフィン」のレシピをご紹介します。

2016年11月15日 更新

ライター : 田村佳奈子

フードスタイリスト / フードコーディネーター / フードアナリスト

フードスタイリスト・フードコーディネーター・フードアナリスト。 CM、広告などのフード、雑誌やカフェのレシピ開発・スタイリングを行うほか、ライターとしても活動中。 手軽に作れる…もっとみる

トースターでスイーツを作りませんか?

スイーツ作りに欠かせない道具といえば、なんでしょうか。 泡立て器?ボウル?いろいろ挙げられると思いますが、「オーブン」と答えた方、ちょっと待った!実は、おうちにオーブンがなくても、きちんとした絶品スイーツを作ることができるんですよ。 今回は、かぼちゃをたっぷりと使った「パンプキンマフィン」のご紹介。 甘さが控えめで、かぼちゃ本来の味わいをしっかりと堪能できる仕上がりになりますので、ぜひ作ってみてくださいね。

ポイントはトースターの温度

レシピをご紹介する前に、まずは焼くときのポイントからお伝えしておきますね。 マフィンは通常、180℃のオーブンで20〜25分ほど焼いて作ります。トースターの種類にもよりますが、大抵のものが600Wで180〜200℃ほどとなりますので、今回は600Wを目安に焼きましょう。 トースターは高温になりやすいということが特徴ですが、マフィンは厳密な温度管理が必要なお菓子ではないので、途中アルミホイルをかぶせて焦げないようにすれば、上手に焼き上げることができますよ。

パンプキンマフィンのレシピ

Photo by kanako tamura

材料(直径6cmのマフィン型 6個分)

・かぼちゃ …… 150g ・バター …… 70g ・きび砂糖 …… 70g ・卵 …… 2個 ・牛乳 …… 大さじ2 ・薄力粉 …… 150g ・ベーキングパウダー …… 小さじ1 ・シナモンパウダー …… 小さじ1 ・オールスパイス …… 小さじ1/2(お好みで)

下準備

バターと卵は常温にしておく。

作り方

1.かぼちゃはすこしとっておき、残りは皮をむいて適当な大きさに切り、ふわっとラップをかけて電子レンジでやわらかくし、フォークなどでつぶしてペースト状にする。

Photo by kanako tamura

2.とっておいたかぼちゃを8mm角の角切りにする。角切りのかぼちゃは耐熱皿に入れ、きび砂糖とバターを少々(分量外)和えてラップをし、1分加熱する。
3.空いているボウルにバターを入れて、やわらかくなるまでゴムベラなどで練り、きび砂糖を加えてしっかりと混ぜる。

Photo by kanako tamura

4.バターがマヨネーズのようにやわらかくなったら、溶き卵を3回に分けて加え、分離しないようにその都度よく混ぜ合わせる。

Photo by kanako tamura

5.2のかぼちゃペーストと牛乳を加えて混ぜる。

Photo by kanako tamura

Photo by kanako tamura

6.薄力粉、ベーキングパウダー、スパイスをふるいながら加えて、ゴムベラで混ぜる。

Photo by kanako tamura

Photo by kanako tamura

*このくらい、きちんと混ざったらOKです。

Photo by kanako tamura

7.マフィン型にかぼちゃ生地を流し入れ、真ん中に角切りかぼちゃをのせる。

Photo by kanako tamura

8.2~3cmの高さから1~2回落として空気を抜き、余熱したトースターで焼く。

Photo by kanako tamura

9.途中トースターを開け、10分くらいで180度回転させ、さらに10分焼いてアルミホイルをかぶせ、トータルで30〜35分焼く。

Photo by kanako tamura

10.竹串を刺して、中まで火が通っているか確認できたら完成。

Photo by kanako tamura

特集

FEATURE CONTENTS