【衝撃】インド人はナンを食べる習慣がない!? その理由に妙な納得感

インドカレーを注文すると、必ずといっていいほど付いてくる「ナン」。でも、インド人のほとんどはナンを食べたくないという驚きの事実をご存知ですか?訪日したインド人が、日本で初めてナンを食べるのは、珍しくないようですよ。まさか!?の真実をご紹介!

インド人はナンを食べたことがない!?

我が国・日本では、インドカレーには必ずといってよいほど、もちもちふっくらな「ナン」がセットで付いてきますよね。しかしナンと!インド人のほとんどが、ナンを食べていないという事実をご存知でしょうか。

訪日したインド人は、日本のインド料理屋で初めてナンを食べることも珍しくないようですよ。にわかには信じがたい話ですが、この事実について詳しくお話します。

そもそも「ナン」とは

主に小麦粉、塩、水、酵母で作られた、パンのような料理です。基本的にはしっかりと味のついたものではありませんが、なかにはチーズやスパイスなどが練りこまれているものもあります。
▼ナンは手作りできる!

ナンで?インド人がナンを食べない理由

もともとは宮廷料理

インドにナンがまったくないということはなく、今でこそ街のレストランや路面店でも売られているのですが、ナンを作るための精製した小麦粉は、一般家庭には贅沢品。ナンの発祥は北インドの宮廷料理で、もともとは富裕層の食べ物でした。

昔のインドでは、あまり日常的には食べられていなかったようですね。

タンドール窯が必要

ナンを焼くためには、大きなタンドール窯と、それを熱する燃料が必要となってきます。一般に窯を買えるような家庭は少ないですし、窯の置き場所がないため、自宅でナンを焼いているインド人は基本的にはいません

ナンではなくチャパティが主食

現地の一般家庭では、ほとんど食べられていないというナン。実際にインド人の多くが食べているのは、チャパティという食べ物です。

全粒粉と水、塩を使って作られたチャパティの生地は、フライパンで焼いてできるため、一般のインド家庭でもよく作られ、「チャパティが上手く焼けないとお嫁にいけない」ということも言われているそうですよ。ナンと同じように、カレーや惣菜を巻いて食べます。

ちなみに、ナンやチャパティは北インドで食べられており、お米は南インドで食べられているため、日本のインド料理屋で見るような、カレーと一緒にナンとライスがそろって出てくることは、インドではありません
▼チャパティを作ってみよう♪

まだあった!インドにまつわる意外な食事情

ナンが、ほとんどのインド家庭で食べられていなかったことだけでも驚いたわけですが、実はナンにまつわる驚くことはほかにも……。

日本で見るナンの形はインドにはない

日本でよく見かけるひょうたんのような形のナン。日本のインド料理屋へ行くと、慣れた手つきでインド人シェフが生地を伸ばしているところを見かけますが、実は、本場インドにはあのような大きく縦長のナンはないそうです。実際の現地で売られているナンは、円形が一般的

あの独特な形がいつ、どの店から始まったのかは調べがつかないところですが、パフォーマンスとして大きく見せているというのが、理由のひとつとしてあるようです。お皿からはみ出るほどのナンを出してくれるお店も多いですよね。

日本製タンドール窯がインド人の主流

特集

SPECIAL CONTENTS