ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

ちょっと何かおつまみが欲しいけれど、冷蔵庫に肉も魚もない…そんなときは野菜と少しの調味料で一品作っちゃいましょう。野菜だけでも満足度の高いものができます。ということで、今回は「じゃがキャベツのカレーマヨネーズ炒め」のレシピをご紹介!

カレーマヨ味でビールをグイっと!

飲むときにちょっとしたおつまみを作ろうかなと思って、いざ冷蔵庫を見ると、めぼしいものがない……なんて経験ありませんか?さらに「こってりしたものが食べたいのに、肉も魚もない!でも、今から買いに行くのは面倒」そんなこともありますよね。

今回は、そんなときにぴったりの「じゃがキャベツのカレーマヨネーズ炒め」のご紹介します。野菜だけで炒めると物足りなくなりがちですが、マヨネーズで味付けすることで、こってり感がプラスされます。

電子レンジでじゃがいもを下茹でするので、あっという間にできてしまうレシピですよ。じゃがいものねっとりとした食感に、キャベツのザクザクがたまりません♩

おつまみにはもちろん、普段のおかずやお弁当にもおすすめのひと品です。

『じゃがキャベツのカレーマヨネーズ炒め』の作り方

分量(2人分)

じゃがいも 2個
キャベツ 小1/5〜1/4
マヨネーズ 大さじ3
カレー粉 小さじ1
塩 小さじ1/4
黒胡椒 少々

作り方

①じゃがいもは1.5cm程度の厚さに輪切りし、600Wの電子レンジで2分加熱する。
電子レンジで加熱する際は、水分が飛ばないように、水気を残した状態でラップを被せて行いましょう。加熱時間は調理器具によって異なります。竹串がスッと入る柔らかさになるまで加熱しましょう。
②キャベツはざく切りにする。
③フライパンにマヨネーズ大さじ2を熱し、全体に溶かす。
油の代わりにマヨネーズを使用します。分量の2/3のマヨネーズを使用します。
④じゃがいもを加え、軽く焼き色がつくまで中火で炒める。
マヨネーズがじゃがいも全体にからむように、軽くフライパンを煽るとまんべんなく焼けます。
⑤キャベツを加え、キャベツがしんなりするまで炒める。
⑥カレー粉、残りのマヨネーズ、塩を加えて味を整える。
⑦火を止め、黒胡椒を挽く。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

連載記事

ごはんがすすむ♪「たらと厚揚げのみぞれ煮」はヘルシーなのに主役級の食べ応え

寒い時期になると食べたくなる日が多くなるたら。鍋物にホイル焼き、おいしいですよね♪今回は、そんなたらを使ってつくるみぞれ煮のご紹介。甘じょっぱい煮汁を含んだおろしをたっぷりとのせれば、ヘルシーなのに満足感のあ…

連載記事

余ったらこれ!れんこんが主役の「粒マスタードサラダ」はひと混ぜでデパ地下の味

今回ご紹介するのは、シャキシャキとした歯ごたえがたまらないれんこんを主役にしたサラダのレシピ。厚切りベーコンの旨味を加えて、お酒と相性バッチリなおつまみ向きの一品にしました。たっぷりの粒マスタードがおいしさの…

連載記事

揚げたてで乾杯!『カリフラワーのスパイシーフライ』は一株ペロリのカリほく食感

見上げる木の葉に紅いものが混じりはじめたら、そろそろカリフラワーの季節ですね。茹でて食べるだけでもおいしいけれど、どうせならもう少しだけ手を加えた食べ方も試してみませんか?スパイシーな衣でカラッと揚げた、ビー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おつまみやメインに変身!余った餃子のタネのアレンジレシピ6選

餃子を作っていて「タネが余っちゃった!!どうしよう…。」なんて経験ありませんか??あわてる必要はありません!タネが余っても大丈夫!餃子以外にもいろいろ使えるタネのアレンジレシピをご紹介します!

スナップディッシュで人気!山本真希さんのレシピまとめ

写真とレシピを共有出来る人気サイト、SnapDish(スナップディッシュ)。そんなSnapDishでは、山本真希さんのレシピが人気を集めています。ここでは、そんな山本真希さんの人気レシピをまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

100均でもこんなにかわいく!パウンドケーキのラッピング方法まとめ

ちょっとした贈り物にぴったりのパウンドケーキ。どうせならラッピングにもこだわりたいですよね。今回は1本そのままでも、小分けでもかわいいラッピング方法を伝授しちゃいます!100均で揃う材料でも、十分かわいく仕上…

こんなの憧れちゃう!人気のウエディングケーキセレクション

結婚式の定番アイテムとして必須のウエディングケーキ。こだわったデザインのオーダーケーキや手作りケーキなど、さまざまなウエディングケーキをご紹介します。最良の日に、とびっきり素敵なケーキを用意したい花嫁さん必見…

これが牛肉の最上級部位!シャトーブリアンの値段が高いワケ

焼肉屋さんやステーキ店で「シャトーブリアン」という言葉を目にしたことはありませんか?一般の市場では入手が困難で、値段も高価なため“幻の部位”とも呼ばれている、牛肉の中でも最上級の部位なんです。今回はそんなシャ…

ページTOPに戻る