連載

コーヒーと一緒だともっとおいしい!ローソン「マチカフェチョコ」で贅沢時間♩

11月1日よりローソンの関東地方限定で販売されている「マチカフェチョコ」3種類をご紹介します。そのまま食べても美味しいですが、コーヒーと一緒だとさらにその風味を楽しむことができます。チョコとコーヒー、自分の好きな組み合わせを見つけましょう

高カカオチョコレートがローソンに登場

1日1食、新商品や話題の品を実際に食べてみるこの企画。
今回は11月1日よりローソンの関東地方限定で販売されている「マチカフェチョコ」3種類をご紹介します。
今回発売されたこちらのチョコレートは、バリスタ育成において日本で第一人者と言われている「阪本義治」さん監修のもと、ローソンとロッテの2者で共同開発された、カカオ豆の産地にこだわった“シングルビーンズチョコレート”です。コーヒーもシングルオリジンがブームになっていますが、チョコレートのシングルも気になります。
今回発売されたチョコレートは一口サイズで作られており、それぞれ各産地別の特徴や違いを楽しむことができます。
また、なんと、コーヒーと一緒に食べることで、コーヒーとチョコレートが相乗効果を生み、新たな味わいを感じることができるのです!
と、いうわけでもちろん、3種類ともコーヒーと一緒に味わわせていただきました。

「マチカフェチョコ<コロンビア>」

税込50円

税込50円

まずはコロンビア産のチョコレートをいただきます。
チョコレートだけで食べると熟した果実のようなフルーティーさと、ナッツのような香ばしい味わいのバランスを感じることができます。

コーヒーを飲みながらいただくと、チョコの絶妙なバランスとの相乗効果でコーヒーの旨味と香りもさらに増しますよ。

「マチカフェチョコ<ベネズエラ>」

税込50円

税込50円

続いてベネズエラ産のチョコレートを。
チョコレートだけでいただくと、ナッツのコク深さとカカオのフルーティーさを最も強く感じることができました。
コーヒーと一緒にいただくと、フルーティーさが増し、香ばしさはさらに増すように感じます。また、コーヒー、チョコレートの甘みも強く感じられるようになります。

「マチカフェチョコ<ドミニカ共和国>」

税込50円

税込50円

最後にドミニカ共和国産のものをいただきます。
チョコレートだけでいただくと、果実のように印象深い酸味とフルーティーさがとても個性的なチョコレートです。

コーヒーと一緒に食べると、酸味と共に甘みも強く感じられるようになり、まるでレーズンサンドを口に含んだかのような錯覚に陥ります。

あなたはどのチョコがお好み?

特集

SPECIAL CONTENTS