連載

アーモンドは冷え性・ダイエット・美肌作りに最適!簡単レシピもご紹介

小粒なアーモンドには美容と健康にうれしい、ビタミンEや食物繊維などの栄養素が豊富。良質なオイルは美肌づくりのサポートに欠かせません。今回はそんなアーモンドのインナービューティーポイントと、覚えておくと便利な簡単アレンジレシピをご紹介します。

2018年6月7日 更新

アーモンドの活用幅は無限大

アーモンドの活用幅は無限大

Photo by Ayako Kunishio

アジア西南部が原産のアーモンドは、じつは「バラ科」の落葉高木。アーモンドとバラが同じ仲間に属しているなんて、ちょっと不思議な気がしますね。
アーモンドはアメリカ、カリフォルニア、次いでオーストラリアなどの温暖な地域が主な原産国。国産のアーモンドは希少で、小豆島でわずかながら栽培されています。
ローストして塩味を付けたアーモンドは、そのまま料理の材料として、おつまみとして、またスライスしたものや粉末状(アーモンドプードル)はお菓子作りの材料として、活用法はさまざま。最近はアーモンドの栄養価の高さが改めて注目されていて、体の中からキレイにしてくれる"スーパーフード”のひとつとして人気を集めています。

アーモンドに含まれる栄養

アーモンドに含まれる栄養

Photo by Ayako Kunishio

ダイエットに嬉しいビタミンB群が豊富

ビタミンB1やビタミンB2が豊富に含まれています。代謝をサポートするこれらのビタミンB群は、ダイエットの強い味方。むだな脂肪を溜め込まない体づくりをサポートしてくれるから、減量にも役立ちます。

女性に不足しがちなカルシウムが豊富

豊富に含まれるカルシウムには、興奮を抑えてイライラした気持ちを和らげる働きがあるんですよ。カルシウムは魚介類に多く含まれるビタミンD、それから緑黄色野菜に含まれるビタミンKと一緒に摂ると、体への吸収率がより高まります。

良質オイルで美肌作り

アーモンドに含まれている「オレイン酸」は、肌の皮脂を構成している脂肪酸のひとつ。オレイン酸は、乾燥や紫外線などの刺激から肌を守る働きに長けた保湿成分です。美肌づくりのために、ぜひアーモンドを。

食物繊維が豊富

ダイエットにうれしい食物繊維が豊富に含まれていて、整腸作用に効果が期待できるんです。腸内の環境が整えば、吹き出物やニキビなどの肌トラブルから解放されるはず。季節の変わり目は腸内環境が乱れやすく便秘になりやすいので、意識的に食物繊維を摂りましょう。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

國塩亜矢子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう