ローディング中

Loading...

茶碗蒸しやかつ丼などに添えられる「三つ葉」。お家で買っても大量に使うことはなく、気がついたら冷蔵庫でしんなり。そんな脇役の三つ葉ですが、栄養素がたっぷり含まれていることをご存じですか?手間をかける価値がある三つ葉の保存方法をご紹介します。

三つ葉の保存どうしてる?

三つ葉の登場シーンといえば、「茶碗蒸し」や「かつ丼」などにちょっとした彩りを加える脇役のイメージではないでしょうか。けれどスーパーで販売されているのはごっそり束タイプが主流。一度使って冷蔵庫に入れていたら、あれ?これいつ買ったっけ?なんてこともありそうです。
あなたも買ったはいいものの、そんなに活用する機会もなく冷蔵庫でダメにしてしまった経験はありませんか?もしくは「三つ葉」なんて和食屋さんでたまに見かけるだけで、家では使ったことがないという人もいたりして……それはとってももったいない話です!「三つ葉」にはその見た目や使い道からは想像できない栄養がつまっています。正しい保存方法を知って、三つ葉をどんどん活用しましょう!

結構栄養のある三つ葉

「三つ葉」は彩りを目的として料理に使用されることが多いように思えますが、れっきとした緑黄色野菜です。しかも、ちょっと魅力的な属性も持ち合わせています。三つ葉の香りを思い出してみてください。少し特徴がありますよね?そうです。三つ葉は香味野菜、つまり“日本のハーブ”なのです。ちなみに江戸時代から栽培されていたと言われています。
三つ葉特有の香りは「クリプトテーネン」「ミツバエン」という香気成分によるものです。この香りもあなどるなかれ。この成分には“消化促進”“食欲増進”の効果があり、ハーブとしても納得な“神経を静める作用”まであるのです。ちょっとイライラしているときに、トロトロの茶碗蒸しに添えられていたら、気持ちがほぐれそうですね。
また、緑黄色野菜ということで注目すべき栄養素は「βカロテン」です。このβカロテンは強い“抗酸化作用”を持ち、“動脈硬化”“老化”の予防を期待することができます。更に、βカロテンは体内で必要に応じて「ビタミンA」に変換され、“粘膜の保護”をする作用となり皮膚や視力の健康維持にも効果を発揮すると言われています。
その他にも「鉄分」や「カリウム」が豊富に含まれており、“貧血”や“高血圧”にも効果があるようです。華奢な見かけですが、さすが緑黄色野菜ですね。

三つ葉の保存方法

「三つ葉」の栄養素がわかったところで、ごっそり煮たりそのままシャクシャクと食べたりするのはちょっと抵抗があるかもしれませんね。香りが特徴的なので、少しずつ上手に取り入れていきたいところ……そのためには少しでも長持ちさせなくてはいけません。さっそく「三つ葉」の正しい保存方法をマスターしましょう!

水を入れたコップで常温保存

三つ葉をたっぷりと使う予定があり、すぐに使い切れそうな場合は、水を入れたコップにつけて常温保存をすることができます。ただし、水を腐らせないことが重要です。空気に触れた水は雑菌が増えやすいため、水はこまめに交換するようにしましょう。

密封容器で立てて冷蔵保存

4日〜5日の保存期間であれば、冷蔵庫が最適です。この場合はひと手間必要となります。
濡らしたキッチンペーパーで三つ葉の根元を包み、密封できる容器に入れて野菜室へ。また、立てて保存することでより鮮度が長持ちすると言われています。

冷凍保存

やはりそんなに使う予定がなく、もっと長持ちさせたいという場合は冷凍保存も可能です。
この場合1~2ヵ月程度保存することができます。三つ葉を洗い水気を切ったら、好みの大きさに切り密封できる袋に入れて冷凍庫へ。凍ってから早いうちに軽く振って、くっつかないようにバラバラにしておくとあとあと使いやすいようです。

乾燥保存

レンジを使って乾燥させる保存方法もあります。元の味とは少し違った印象になりますがお味噌汁や卵焼きのちょい足しの際に便利です。また、他の方法よりも長期保存が可能なので保存食となります。作り方は簡単。キッチンペーパーを敷いたお皿の上に三つ葉を広げて乗せ、500Wで5分加熱します。加熱後、ペーパーにくるんでほぐせばでき上がりです。密封容器に入れて常温で保存しましょう。

茎が変色したら捨てどき

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まずいって噂は本当なの?不思議なイギリス料理の世界を覗いてみた

イギリス料理はまずい、というイメージがありますが、本当なのでしょうか?確かに質素なものがおおいイギリス料理ですが、最近は様々な要素を取り入れて、昔よりはだいぶおいしくなったとか、そうでないとか……。そんなイギ…

みんな焼きすぎ!トースターで焼くとおいしい食べ物まとめ

オーブンやトースターで焼けば何でもおいしくなるのかも?と思えるほど皆さん様々なものを焼いています。既製品にひと手間加えてさらなるおいしさが味わえる焼きレシピをまとめて紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

1日1杯で脂肪燃焼!?「ホットトマトジュースダイエット」が気になる!

口コミで浸透しつつあるホットトマトジュースダイエットは、1日1回眠る前に飲むだけでみるみる痩せられる、超シンプルかつ楽チンなダイエット法。飲み続ければ1ヵ月でマイナス5kgも夢じゃない!それでいて、美肌・疲労…

もう余らせない!かまぼこは冷凍すれば長期保存できて調理の幅もUP

みなさん、かまぼこは冷凍保存ができることをご存じでしたか?お正月に食べることの多いかまぼこは、なにかと余りがちですよね。でも腐らせるのはもったいない……今回は、そんな悩みを解決してくれる冷凍保存のコツやおすす…

コロッケやポテサラ向き!「男爵いも」の調理法&アレンジレシピ

みんな大好きな「男爵いも」は、誰でも近所で購入できる身近な食材ですね。今回は、そんな男爵いものアレンジレシピや知られざる魅力をこっそりとご紹介。これを読めば料理のレパートリーが増えるのはもちろん、料理上手に一…

ページTOPに戻る