ケーキの号数の直径は?人数の目安は?ケーキの疑問、これで解決!

誕生日やクリスマス、大切な日に欠かせないケーキ。ですが、号数で言われるとどれぐらいの大きさなのか想像しにくいですよね。号数によって何人前など決まっているのでしょうか。ケーキの種類によって違いはあるのでしょうか。そんな疑問をまとめてみました。

2017年11月27日 更新

目安を覚えておこう!

ケーキの号数について、いかがでしたか。あくまでも目安であり、お店によって分量には若干の違いがあるかもしれませんが、覚えておく便利だと思いますよ。先ほどご紹介した通り3㎝刻みで大きくなっていき、号数がひとつあがると1〜2人分増えていきます。ご自宅でケーキを作る際にも、これらを参考にすれば、パーティーなどで用意したいときにも役に立ちます。
近頃は、好きな写真をアップロードすると、その写真をケーキの表面に印刷してくれるお店があったり、カキ氷をケーキにしたものがあったり、ケーキの種類も形式も、日々目覚ましい進化をしていますよね。海外からなどの様々なスイーツが流行っても、ケーキは時代が変化しようとも、特別な日には欠かせないもののようです。
テーブルにひとつあるだけで笑顔も増えるケーキ。でも、そこに一緒にいる人の中にもしケーキが食べられなかったら大変ですよね。今回のケーキのサイズを参考に、みなさんでおいしくたのしくケーキを食べてくださいね。
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう