アンジャ渡部さんご用達!天皇の料理番も認めた「ドゥワイエンヌデュコミス」は幻の洋梨

幻の洋梨といわれる「ドゥワイエンヌデュコミス(Doyenne du Comice)」を知っていますか?食通で知られるアンジャッシュの渡部さんもおすすめの、めずらしいフルーツなんです。ふつうの洋梨とは一体何が違うのか、ご紹介します。

食通といえばアンジャッシュ渡部さん

今やお笑い芸人というより、食通としてグルメ番組などでも活躍されているアンジャッシュの渡部建さん。なんでも365日全てが外食で、常にグルメを追いかけているんだそうです。グルメ本も好評で、おいしいお店探しの参考にしている方も多いのではないでしょうか。
そんなグルメ王の渡部さんがテレビ番組「林先生が驚く初耳学」で究極のスイーツとして紹介したのが、この洋梨「ドゥワイエンヌデュコミス」なんです。

渡部さんおすすめ!幻の洋梨「ドゥワイエンヌデュコミス」とは?

ドゥワイエンヌデュコミス(Doyenne du Comice)は、1849年に、フランスのコミス・ホルティコール果樹園で生まれて以来、今なお定評のある品種です。
渡部さんが番組で紹介した見城農園では、送られてきたドゥワイエンヌデュコミスと一緒に、保存方法や食べごろ・おいしい食べ方を明記した取扱説明書を入れているそう。TBS安住アナウンサーのラジオ番組でも、こちらのドゥワイエンヌデュコミスをご紹介したようですね。
▼詳しくはこちらをご覧ください

天皇の料理番も認めた味

ドゥワイエンヌデュコミスは、日本にはアメリカ経由で明治時代に入ってきたといわれています。宮内庁大膳職主厨長で「昭和天皇の料理番」として佐藤健さんがドラマで演じて有名になった秋山徳蔵氏が『アイスクリームのように溶けてしまう。実に素晴らしい逸品』、『あれこそ果物の王である』と著書の中でそのおいしさを絶賛しているほどです。

気になる味は?

熟した果肉はきめ細かで柔らかく、果汁が滴るほどジューシーです。舌触りは、とてもなめらかでクリーミー。ほかの洋梨にみられる繊維やつぶつぶ感はありません。味は、甘さと酸味が絶妙なバランスで、上品な味わいです。そして、もちろん西洋梨らしい芳醇な香りも堪能できますよ。
ドゥワイエンヌデュコミス、女性の手のひらからはこぼれ落ちるくらいの大きさです。重さも果肉が詰まっているので、ずっしり重たく感じます(250~350gくらい)。硬いあいだは緑色をしていますが、熟すにつれて緑色から黄緑色に変わり、最後は黄色に色づきますが、日に当たった面がうっすらと赤く染まることもあります。食べごろの見分け方は、軸の付けねを指で押さえてみること。この方法で指の跡がつくと食べごろなんだそうですよ。
それにドゥワイエンヌデュコミスはおいしいだけじゃないんです!血糖値の上昇を抑制する水溶性食物繊維のペクチンや、体内の余分な塩分を排出するカリウム など身体によいとされる成分が豊富に含まれているんです。 

ドゥワイエンヌデュコミスはまさに幻

しかし、一本の木からの収量がとても少なく、病気にも弱いことなどからドゥワイエンヌデュコミスは栽培が難しい品種と言われています。ですから生産量もふつうの洋梨の1/15と非常に少なく、全く収穫できない年もあるくらい希少なフルーツなんです。
運よく出荷されても、10月中旬から下旬ぐらいまでの一時的しか出回らず、しかもほとんどがミシュラン掲載の名店や都内の高級フルーツ店にいってしまいます。その結果、市場にはあまり出回らないため一般の人はめったに目にすることがないんです。それが「幻の洋梨」といわれる所以なんですね。

おすすめの食べ方は?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう