ローディング中

Loading...

唾液の量が減り、口が乾燥している状態のドライマウス。唾液が少ないと口臭の原因や味覚にも影響が出てしまうのです。今回は、唾液を増やすための方法をいくつか紹介していきます。効果のある食べ物や飲み物
などの改善策でお口の健康を守りましょう。

もしかしたら唾液の量が少ないかも?

食べたり飲んだり喋ったり、と動かしていることが多い口。唾液は、舌や口の動きをよくする働きがあるため、唾液が減るとさまざまな症状があらわれます。その症状とは、口臭が気になる、口内炎ができやすい、虫歯になりやすいといった口腔内のトラブルをはじめ、風邪をひきやすくなったり、パサパサしたものが食べにくくなったり、味覚を感じにくくなったりします。

そういった症状が起きるドライマウスですが、病気ではありません。ドライマウスによる不快な症状は、唾液を増やすことで、改善できるのです。

当てはまるものは? 唾液が減る原因

加齢、薬の副作用

年齢を重ねると、唾液腺の機能低下や顎の筋力低下により噛む力が低下し、咀嚼が少なくなり、唾液は減少するといわれています。また、何らかの疾病を抱え、治療のために服用した薬の副作用により、唾液が減少する場合も多く見られます。

ストレス、自律神経の乱れ

発表会など人前で話をしなければならない時など、緊張してのどがカラカラになったことはありませんか?のどではなく、唾液が少ない場合も、同じような状態になるのです。ストレスにより自律神経が乱れてしまい、うまく唾液が分泌されないため起こる症状です。

口呼吸

花粉症など、鼻の疾患を持っている人に多い、口呼吸。鼻がつまり、鼻で呼吸するのが難しくなると、どうしても口で呼吸してしまいます。

口呼吸をすると、常に口が開いている状態になるため、口の中の粘膜が空気に触れ、乾燥しやすくなります。口呼吸は癖になってしまうことも多いため、鼻に疾患がある場合は治療をし、改善をはかりましょう。口呼吸になっていることに気がついたら、鼻呼吸にするよう注意することも必要です。

喫煙・アルコールやカフェインの過剰摂取

喫煙やアルコールも、唾液を減らしてしまいます。タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させる働きがあるため、唾液の分泌が悪くなることがわかっています。アルコールは適度な量であれば問題ありませんが、過剰に摂取する場合は注意が必要です。

アルコールとカフェインには利尿作用があり、身体の水分量が不足しがちになるため、口腔内も乾燥します。

会話が少ない

唾液減少の原因に、会話が少ないこともあげられます。話している方が乾燥するのでは?と思うかもしれませんが、唾液は唾液腺を刺激することで分泌されます。会話が少なく、口や舌が動かない状態は唾液腺が刺激されませんので、唾液を増やすことはできないのです。

唾液が増えるとこんなにメリットが!

虫歯予防、歯周病予防

歯の表面の、エナメル質が溶けることで起きる虫歯。唾液には、歯の表面についた汚れを落とし、虫歯菌などを洗い流す浄化作用があります。同時に、唾液には歯のエナメル質を修復する作用もあります。

これは、唾液の中に、歯を再石灰化させるカルシウムやリン酸が多く含まれているため、溶け出してしまったエナメル質を補う役割を果たしているのです。歯周病も、歯垢の細菌が歯肉の炎症を起こすことから始まるため、唾液を増やすことで、歯の疾患を防ぎやすくなります。

口臭予防

口臭は、自分だけでなく、周りの人にも不快感を持たせてしまいます。口腔内には多くの細菌が存在しているため、飲み物を飲んだあとや、食事をしたあとなどには、どうしても口臭が起こってしまいますが、唾液の分泌が多いと、口臭をおさえることができます。唾液に含まれる酵素が少なくなると口腔内が乾き、結果、口臭を引き起こします。
 
また、口腔内に常在している「カンジダ菌」という菌が増えると舌など口腔内にカビが発生します。このカビも口臭の原因となります。カビが発生する原因のひとつに、口腔内の乾燥があげられます。唾液が増え、流れがよくなることで、口臭をおさえることができるのです。

口内炎の予防

喋ることも食事をすることもつらい口内炎にならないためにも、唾液は大きな役割を果たしています。口内炎の原因はさまざまですが、口腔内が乾燥していると、食べ物で粘膜が傷つきやすい状態になります。

他にも、胃腸が弱っている時などに、口内炎の症状が出る場合があります。唾液には、消化を助ける消化酵素、アミラーゼが含まれており、消化を助ける作用があります。噛む回数が増えるほどアミラーゼの分泌は多くなり、食べ物が消化しやすくなるのです。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

やっぱり気になる!?カフェのフードメニューカロリーをまとめてみた。

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

意外と知らない「グラノーラ」「オートミール」「ミューズリー」の違いまとめ

流通経済研究所の調査によると、3月17~23日のパン・シリアル類売り上げランキングに、シリアルとしては初めてカルビーの「フルグラ」が7位にランクイン。2010年、目黒のシリアル専門店「GMT(グッド・モーニン…

【意外すぎ!】 ナマコは“海の朝鮮人参”? その驚くべき栄養価とは!?

グロテスクな外見とブヨブヨとした触り心地が敬遠されているナマコ。実は、その体は多くのコラーゲンやコンドロイチンを含み、ビタミンB、ビタミンE、鉄、亜鉛などのカルシウムを豊富に有する、別名「海の朝鮮人参」といわ…

低カロリーすぎるお肉「オーストリッチ」! 食べないワケにはいかない3つの理由

「オーストリッチ」というお肉をご存知だろうか? なんでもダチョウ肉のことを指すようで、低カロリー、低コレステロール、高タンパクという栄養価に優れた肉なのだという!! しかも、その味は牛肉に近く、クセも全くナシ…

スポーツ後の炭酸飲料NGは迷信?炭酸飲料が身体に与える『いい影響』『悪い影響』

夏になると、爽やかなサイダーなどの炭酸飲料を飲みたい気分になります。しかし炭酸飲料は身体に悪いとか、飲むと太るとか、骨が溶けるとか、マイナスな情報が次々に聞かされます。炭酸飲料を飲む事がそんなに身体に悪いんで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

何分前なら食事はOK?運動前のおすすめ食材まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

安いお米も絶品に!すぐ試したくなる「美味しいお米の炊き方」決定版

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

ハッピーホルモン「セロトニン」を増やすおすすめ食材5選

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

大人の夜食♩午前0時のフレンチごはん「ジーナ」が西麻布にオープン

“午前0時のフレンチごはん”「ジーナ(gina)」が西麻布にオープン。新鮮な有機野菜と、本格的なフレンチを堪能できるお店です。平日の21時までは月替わりのコース料理を、また、21時〜27時まではオーダーメイド…

連載記事

【食べ方のキホン】今話題の専門店で聞いたパエリアの美味しい食べ方

知ってそうで知らなかった食べ方のコツを5コマで配信していきます。今回は、スペイン料理の大定番「パエリア」。色々な具材がのっていて見た目にも色鮮やか!そんな「パエリア」の本場の食べ方を、今話題のパエリア専門店「…

熱々がおいしい♫ インスタでも人気の「フライパンビビンバ」を作ろう

カリッと香ばしいフライパンビビンバを作っちゃいましょう!安くて簡単で、チーズを入れたり、豆板醤やキムチを混ぜてみたり、アレンジは様々です。市販の食材と組み合わせれば、より簡単にできちゃうのでぜひチャレンジして…

ページTOPに戻る