ローディング中

Loading...

スイーツやお惣菜など年々クオリティが上がっているコンビニ業界。どうやら今年はボジョレーヌーボーもハイクオリティなようですよ。安価なものから専門店で販売されているような高級な1本まで、今回はコンビニで買えるおすすめのボジョレーをご紹介します。

2017年版!コンビニボジョレーヌーボー9選

いよいよボジョレーヌーボーの季節到来!2017年は11月16日(木)が解禁日となっておりますが、もうご予約はお済みでしょうか?専門店で購入するのもいいですが、ちょっと敷居もお値段も高いのが気になるところですよね。

どうやら最近は、コンビニのボジョレーもあなどれないクオリティのようですよ♩各社それぞれラインナップに特色が出ているので、自分好みの1本を気軽に探せるところもコンビニボジョレーのうれしいポイント。今回は、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンの順におすすめの9選をご紹介します!

そもそもボジョレーヌーボーって?

ボジョレーヌーボーとは、フランスのボジョレー地域で作られる新酒(ヌーボー)のことをいいます。もともとは地元のワイン生産者達がその年のできを確かめるために飲んでいたのが、そのはじまりなのだそうですよ。

現在は世界中で愛されているボジョレーヌーボーですが、ボジョレー地域を出るようになったのは1970年代ごろからと実は割と最近です。流通産業の発達がその理由のようですが、ここまで日本に浸透したのは「旬を楽しむ」という日本人の感性とぴったりマッチしたからかもしれませんね。

ボジョレーヌーボーの特徴は?

ボジョレーヌーボーの大きな特徴は2つほどあります。

1つは使われるぶどうの品種です。法律で指定されているボジョレーヌーボーには、ボジョレー地方で主に生産されている「ガメイ種」というぶどうの使用が義務付けられています。

フルーティーな味わいと柔らかな渋みがその特徴なのですが、こちらの品種「赤」と「ロゼ」ワインしか作れません。そのためボジョレーヌーボーに「白」は存在しないのです。そのかわり、隣にあるマコン地域では「マコンヌーボー」という白ヌーボーが作られているようですよ。
もう1つの大きな特徴はその製造方法にあります。一般的にワインはぶどうを粉砕してから発酵させるのですが、ボジョレーヌーボーを作る場合は収穫したぶどうを丸ごとタンクに入れて発酵させる「マセラシオン・カルボニック」という方法が使われます。

こちらの方法で作ったワインは渋みが少なく、酸味が柔らかいフレッシュな味わいに仕上がります。通常ワインというと熟成させることで旨味や深みが増しますが、こちらの方法を使うことで新酒の状態でもおいしく飲めるワインができあがる、というわけなのです。

どうして毎年解禁日が違うの?

毎年季節になるとメディアで騒がれている解禁日。「今年は〇〇日が解禁日!」というフレーズを目にすることもきっと多いのではないでしょうか?なぜ毎年違うのかというと、ボジョレーヌーボーの解禁日は「毎年11月の第3木曜日」と定められているからなのです。

ボジョレーヌーボーの解禁日はもともとは固定された日付でしたが、解禁日を固定してしまうと、年によっては「フランスのワインショップがお休みである土曜日や日曜日にかぶってしまうから、売り上げに影響してしまう」というのがその理由のようです。毎年の解禁日の変動には、ちょっとした大人の事情が絡んでいたのですね。

予約するなら今!コンビニで買える9選

1. ジョルジュ デュブッフ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー 〈クー・ド・プレス〉2017

1. ジョルジュ デュブッフ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー 〈クー・ド・プレス〉2017

Photo by macaroni

もしボジョレーヌーボーをはじめて飲むのでしたら、「ボージョレの帝王」と名高い醸造家ジョルジュ・デュブッフ氏が手掛けるこちらのワインがおすすめ!ぶどうを丸ごと搾り出す「クー・ド・プレス」という特別な製法で作られているため、フルーティでありながら濃縮感も味わえるという絶妙なバランスの1本です。

その深い味わいは、王者の風格を感じられるほどの飲みごたえなのだとか。初心者からマニアまで楽しめる、まさに王道の1本です。

2. ボージョレ ヌーヴォー 〈クー・ド・ティール〉2017 ~デュブッフセレクション~

「鮮度が命」ともいわれるボジョレーヌーボー。「ひとりでちょっとだけ楽しみたい」という方は、250mlのミニボトルのヌーボーはいかがでしょうか

先ほどご紹介したものと同じくジョルジュ・デュブッフ氏が手掛ける新酒ですが、こちらはフリーランジュース(ぶどうを破砕した時に自然に流れ出す果汁)を贅沢に使っているため、果実本来のフルーティな味わいが楽しめるのがポイント。製法も違うので、飲み比べてみるのも楽しいかもしれませんね♩

3. シャルル・ドラピエ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2017 スペシャル・キュヴェ

ボジョレーヌーボーといえば、公式コンクールである「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー」金賞受賞の経歴をもつこちらのワインも外せない1本です。

名門ワイナリーの醸造家であるアラン・セルヴォー氏が手掛けたワインを、ソムリエである田崎真也氏がブレンドしたこちらのワインは良質なぶどうならではの芳醇な果実香がその魅力!日本人とフランス人が手を取り合ったことで生まれた新しい味わいです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【表参道】オニオングラタンスープ専門店「あわたまスタンド」

オニオングランスープなんてもうみんな大好きなスープじゃないですか。冬の寒いシーズンはスープであったまろう。そんなシーズンに新しいお店が表参道にできたみたいです♪週末、デートやお友達、家族と”オニグラ”スープを…

オーダーメイドで♩原宿『ジップザップ』の似顔絵ケーキがそっくり!

原宿に佇むカフェ『ジップザップ(ZIPZAP)』の無骨なおじさまパティシエによるデコレーションケーキがとてもかわいいと評判なんです。リクエストに忠実に応えてくれるので、送った人も受け取った人も喜ぶこと間違いな…

【東京】チョコレート専門店カフェ8選

東京に出店している世界の有名チョコレート専門店のカフェをまとめました。

恵比寿の人気「餃子屋」11選!安いうまいのおすすめ店をチェック

恵比寿エリアは知る人ぞ知る餃子の激戦区。そんな人気エリアの「えびす」で食べたくなったらさくっと行ける、安くてウマイ、おすすめのお店をまとめました。ランチ、テイクアウト、食べ放題に対応したお店を一気に11店舗ご…

食べ放題も個室もランチにだって!新宿で人気の焼き肉店15選

有名店の焼き肉屋が集まる街、新宿。今回その中でもおすすめ店を厳選してご紹介します!デートにぴったりな個室のあるお店やお腹いっぱい楽しめる安いお店まで、シーン別に選べるお店を豊富に揃えました。ディナーはもちろん…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ピンク色がとってもキュート!春にオススメなパンの色付け方法5選

春といえば桜!桜といえばピンク。女子が大好きなピンク色のパンを集めました。ところでピンク色ってどうやって色付けするの?って人のために、かわいいピンク色に仕上げるために使われた材料を紹介します。

実はたくさん♩東京の定番お土産「東京ばな奈」のバリエーションまとめ

1991年に発売されて以来、東京土産として長く愛され続けている「東京ばな奈」。実はさまざまな種類があるのをご存知ですか?ふわふわのスポンジがおいしい「東京ばな奈」のバリエーションをまとめてご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

注目!銀座に「ニューディッシュ ムース デリ&カフェ」がOPEN

世界一の美食都市、東京・銀座に、デリ&カフェ「nu dish Mousse Deli & Café(ニューディッシュ ムース デリ&カフェ)」が、2015年12月中旬にオープンします。プロデュース企業ならびに…

10分で作る朝ごはん4選♪朝ごはんは夜にまとめて準備しよう!

献立アプリ「コンダッテ」で人気の働く主夫「アンちゃん」が教える忙しい朝でも美味しい手作り朝ごはんを食べる方法。前日に準備しておけば、朝から包丁を握らなくても、満足度の高いご飯を食べて1日をスタートすることがで…

淡路町の老舗「ぼたん」の『鳥すきやき』を一度は食べてほしい!

創業明治30年の老舗「ぼたん」の看板メニュー『鳥すきやき』を紹介します。1羽丸ごとつかった『鳥すきやき』。ご飯と卵をいれて親子丼にする〆は、絶品そのもの!人にオススメしたくなるほど美味しく、忘れられない味です。

ページTOPに戻る