ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

肌寒くなってくると煮込み料理が恋しくなりますね。今回ご紹介するのは、短時間で美味しく仕上がるトマトクリームの煮込み料理。コツを押さえると、たった30分程度で作ったとは思えない濃厚な風味のおつまみになりますよ。ワインのお供にいかが?

寒い日にはワインと煮込み料理を

煮込み料理が美味しく感じる季節ですね。
旬のかぼちゃを使って、体の温まる美味しい晩酌タイムはいかがですか?

煮込み料理というと、下ごしらえから煮込みにかける時間まで、じっくりと手間暇かける必要があると思われるかもしれません。
確かに時間をかけて美味しく仕上げる煮込み料理はありますが、短時間で美味しくできる煮込み料理もあるんですよ!

今回は、そんな30分以内にできちゃう美味しい煮込みレシピをご紹介。
調理時間は短くても、コツをしっかりと押さえると、素材の甘みが引き出された濃厚な味わいを楽しむことができます。

これからの季節、パーティのメイン料理にもオススメです。バケットを沿えて、ワインと一緒に召し上がれ!

『鶏肉とかぼちゃのトマトクリーム煮』の作り方

分量(2〜3人分)

鶏もも肉 1枚
かぼちゃ中 1/4個
玉ねぎ 1/2個
すりおろしにんにく 1片 
薄力粉 大さじ1
カットトマト缶 1缶
A 牛乳 100cc
A コンソメ 小さじ2
A ローリエ 1枚
塩胡椒 適量
バター 1片
パセリ お好みで

作り方

①鶏もも肉は食べやすい大きさにカットし、両面に塩胡椒(分量外)を軽く振る。
②かぼちゃは一口大、玉ねぎは串切りにする。
③フライパンに油をいれずに、鶏もも肉に皮を下にして中火で焼く。
④皮がパリッと焼けたらひっくり返す。
⑤玉ねぎ、かぼちゃを加えて、玉ねぎがしんなりするまで炒める。
⑥薄力粉を加え、全体に粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
写真のように、薄力粉が全体の水分を吸って、ねっとりとしたらOK。
⑦トマト缶、すりおろしにんにくを加えて弱火〜中火で5分ほど煮込む。
他の食材を加える前に、トマト缶だけで煮込むことでトマトの酸味、とがりが抜けて甘みが増します。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

連載記事

やさしい刺激がアクセント♪ 『ぶりのわさびソースがけ』は照り焼きの進化系⁉︎

いつものぶりの照り焼きに、わさびをちょい足ししてお酒に合う一品にアレンジします。甘辛いソースに爽やかな香りがアクセントとなり、ビールや日本酒が進みますよ。加熱するとわさびのツンとした辛味が落ち着くので、辛いも…

連載記事

さっぱりジューシー!『牛肉とせりの焼きしゃぶ』はさっと焼いたらもうおいしい♪

牛肉を使った料理ってスタミナがつきそうなものやボリューム感のあるものが多いですが、お酒のお供にするならさっぱりとした味わいの品もいいですね。味付けせずにさっと焼いてつけつゆで食べる焼きしゃぶなら、焼肉の魅力と…

連載記事

塩ひとつまみでまさかの甘さ♪『ゆりねのバター焼き』はレンジ加熱ですぐおいしい

今回ご紹介するのは、寒い季節に旬を迎えるゆりねを使ったひと品です。さつまいものようなねっとりとした食感に、くせのない上品な甘みがたまりませんよ♪バターで優しい味に仕上げたら、日本酒ともワインとも相性バッチリで…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

清涼感たっぷりの新食感!「ラムネわらび餅」がこの夏のトレンドに

わらび餅といえば、黒みつときなこで食べるのが定番。もちろんそれもおいしいですが、「ラムネわらび餅」が、SNSで人気を集めているんですよ。ほんのり青いラムネ色の見た目も涼しげですよね。どこで販売しているのか、人…

7色のバーニャフレイダで七夕を演出!7つのソースレシピをご紹介します

今年の七夕は、7色のバーニャフレイダを作ってみませんか?バーニャカウダを冷たくしたソースで、食卓も華やかになりますよ。調味料もほとんどご家庭にあるもので作れます。ソースが増えれば、その分味わいも豊かに!7種類…

青森の郷土料理「いちご煮」とは?ごほうび飯に変身する活用レシピ5選

「いちご煮」ってご存じですか?苺の煮物?いえいえ、青森の浜料理から生まれたなんとも贅沢なお料理のことなんです。あなたも知ったら、きっと食べてみたくなるはず!今回は、名前の由来や自宅で作れるレシピ、缶詰を使った…

ページTOPに戻る