贅沢の極み…!ゴッチーズビーフ「雲丹ローストビーフ丼」で至福のランチタイムを

テレビでも取り上げられたことがある、進化形ローストビーフ丼「雲丹ローストビーフ丼」をご存知ですか?ご飯の上にたっぷり盛られたローストビーフの上に、贅沢にもうま味濃厚な雲丹がこんもり!今回は「雲丹ローストビーフ丼」について調べてみました。

2017年11月17日 更新

空前のローストビーフ丼ブーム到来!

グルメ界ではいま、熟成肉や赤身肉がブームになっています。熟成肉は、数十日から数十カ月、徹底した温度管理の元で細心の注意をはらって熟成させたお肉のこと。長時間置くことで、肉のタンパク質が変化してアミノ酸が増え、うま味が増加したものです。

お口にとろける霜降り肉もおいしいですが、カロリーや脂肪が気になりますよね。熟成させた赤身肉なら、柔らかくジューシーな上に、カロリーや脂質は1/2から1/4。健康や美容を考えて、霜降り和牛から熟成肉や赤身肉にシフトする人が多くなっているようです。

いま大人気のローストビーフ丼は、熟成された赤身の牛肉を存分に味わえる、まさに最強のオンザライス。ヘルシーな上に、やわらかな肉のうま味でごはんが止まらなくなる、大人気のどんぶりなんですよ。

ローストビーフ丼の究極進化⁉︎ 雲丹ローストビーフ丼が話題!

2016年10月10日放送の、日本テレビ『ヒルナンデス!』の人気コーナー「東京いい店すぐ閉まる店」で、すぐ完売の超人気幻グルメとして選ばれた、ゴッチーズビーフの「雲丹ローストビーフ丼」。とろけるほどやわらかな薄切りローストビーフと、高級食材の雲丹が一度に食べられるというので、Twitterでも話題になっています。

ローストビーフ丼の名店には、ブームの火付け役となった「レッドロック」や、和牛を使用している「ローストビーフ大野」など、数多くありますよね。「ゴッチーズビーフ(Gottie's BEEF)」も、贅沢にも雲丹をトッピングした超進化形ローストビーフ丼で、いちやく有名になりました。

ゴッチーズビーフ「雲丹ローストビーフ丼」とは?

1,680円(税抜)

話題の「雲丹ローストビーフ丼」が食べられるのは、ゴッチーズビーフというお店。ごはんが見えなくなるまでびっしりとローストビーフが並べられたどんぶりに、さらに濃厚な雲丹がてんこ盛りされています。極めつけに卵黄までのせられていて、とろける食感とコク、うま味の三重奏を堪能できますよ。

気になるタレは、ごはんによく合う醤油ベースのさっぱりした和風ソース。これにワサビが添えられています。
雲丹ローストビーフ丼に使われているローストビーフは、50日もかけてじっくりと熟成された牛肉を使用。とっても奥深い味わいなんです。これが1,680円で食べられるというのですから、行列が絶えないのにも納得ですね。

食べられるのはゴッチーズビーフの限定9店舗!

雲丹ローストビーフ丼が食べられるゴッチーズビーフ(Gottie's BEEF)は、全国に13店舗展開しています。最初は愛知県にあるKITTE名古屋で、オープン記念の限定メニューとして登場しましたが、大好評だったため、いまでは9店舗で食べられるようになりました。

現在、雲丹ローストビーフ丼を提供している店舗は、愛知県のKITTE名古屋店、テレビ塔前店、東京のGEMS大門店、池袋西口店、銀座ベルビア館店、高田馬場店、大阪府の堺筋本町店、淀屋橋odona店、京都府の四条木屋町店の9店舗です。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう