木のぬくもりがある生活。小沢賢一さんのカッティングボードで優しい食卓を

小沢賢一さんという木工作家をご存知ですか?テーブルウェアが好きな女性の間では、ちょっとした有名人なんですよ。彼が作るカッティングボードが、おしゃれでイケてるとブームの兆しを見せています。入手困難になる前にぜひゲットしておきましょう。

2018年8月24日 更新

小沢賢一さんのカッティングボード

「小沢賢一さん」という方の名前を聞いたことはありますか?初めて聞くという方は、インターネットでぜひ小沢賢一さんの名前を検索してみてください。素朴ながらも味のある木工製品の数々が、画面上にたくさん出てくるかと思います。インスタグラムだけでも2万件以上の写真が投稿されているんですよ。

中でも特に目を引くのがカッティングボード。実はこのカッティングボードが、ひそかなブームとなっています。テーブルウェアに気を遣っている女性たちの間では、小沢さんのカッティングボードを使うことがおしゃれとされており、ちょっとした話題となっているようです。

まずは、小沢賢一さんがどういう方なのかご紹介します。

そもそも小沢賢一さんってどんな人?

小沢賢一さんは、1955年生まれの千葉県出身の木工作家さんです。スキー場や食堂、居酒屋などでのお仕事を経て、そのあと独学で木工技術を学んだという経歴の持ち主。無垢材の木工品をひとつひとつ丁寧に制作しており、デザインにも強いこだわりを持っておられます。

カッティングボード以外にも、テーブル、スツール、箸、楊枝など、さまざまな作品を作られており、オーダーメイドも承っているそうです。ご興味のある方はぜひご注文されてみてはいかがでしょう。

小沢さんの営む「木工房PUU」は、福島県南会津たかつえスキー場の入り口近くにあります。「PUU」とはフィンランド語で「ツリー(木)」という意味だそうですよ。

施設情報

■施設名:木工房PUU
■住所:福島県南会津郡南会津町八総684
■電話番号:0241-78-5505
■営業時間:日の出から日の入りまで
■定休日:年末年始
■公式HP:http://puu-ozawa.com/index.html

みんな、こんな風に使っています!

それほど人気のある小沢賢一さんのカッティングボード、おしゃれ女子さんたちはどのように使っているのでしょうか?実際の使用例をいくつかご紹介させていただきますね。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

pomipomi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう