乙女気分で編み編み♩「三つ編みかまぼこ」でお弁当をかわいらしく!

料理を盛り付けるときデコレーションを少し工夫すると、それを見た瞬間みんなが笑顔になりますよね。「三つ編みかまぼこ」は、ほとんどテクニックもいらず見た目が華やかに仕上がります。簡単にできる三つ編みかまぼこの作り方と三つ編みレシピご紹介します。

三つ編みのかまぼこがかわいい

お料理をおいしくいただくには味付けは当然ですが、盛り付けやデコレーションなどで見た目をよくすることも大切な要素です。三つ編みレシピはさまざまなお料理のデコレーションの手法として使われていますが、かまぼこにもアレンジできます。

今、SNSで評判になっているのが「三つ編みかまぼこ」です。かまぼこはそれだけで、いろどりもきれいなので、お弁当に入れたりおつまみにするのにぴったりです。今回は、このいつものかまぼこをひと工夫、三つ編みアレンジしてみましょう。慣れれば1分ほどで作れますよ!

三つ編みかまぼこの作り方

それでは、さっそく三つ編みかまぼこの作り方をご紹介します。

作り方

1. かまぼこをいつもよりちょっと厚めの、1cmから1.5cmくらいの厚さに切ります。

2. 最後の1cmは残したまま、ピンクの部分をそぐように切れ込みを入れます。

3. 本体からちぎれないように気を付けながら、ピンクの部分を3等分に縦に切ります。

4. 細長い3本の部分を本体に沿わせながら三つ編みにしていきます。

5. 編み終わりの部分をつまようじなどで止めて完成!

コツ

ギリギリまで編んでしまうと、つまようじで止めたときにちぎれやすいので、編み終わりは少し長めに残すほうが仕上がりがきれいになりますよ。

お弁当を「三つ編みかまぼこ」でおしゃれに!

さっそく、SNSで見つけた三つ編みかまぼこの盛り付け例をご紹介します。素朴なおかずが、華やかになりますのでお弁当箱を開けた瞬間に目を引きますね。

和食のお弁当をちょっとかわいく

和風のおかずのお弁当はヘルシーで、栄養バランスもいいのですが色味が少し地味になりがちです。しかし、三つ編みかまぼこを添えてあげるとかわいらしさが出ますね。

小ぶりの枝付きプチトマトとサヤエンドウのグリーンに負けない、かまぼこのピンクと白の色味がきれいです。

ソーセー人と一緒に!

ソーセージのデコレーションの、ソーセー人やちくわ星人と一緒に、三つ編みかまぼこを詰めています。ひとつひとつのキャラにデコ弁ほど手間もかからないのですが、お弁当をあけたときのインパクトはありますよね。こちらもかまぼこのピンクがかわいらしく、女の子に喜ばれそうです。
▼こちらのmacaroni記事もどうぞ

三つ編みかまぼこを主役ポジションに

メインのおかずは鶏の照り焼きですが、中央にいちばんきれいな三つ編みかまぼこを持ってきて、お弁当の主役にしています。おいしさと見た目のバランスがとてもよいですね。枝豆を縦に刺して三つ編みかまぼこに添えると、食べやすさと彩のよさがさらにアップしています。

特集

SPECIAL CONTENTS