伊発「トラピッツィーノ」でサンドウィッチとピザの情熱的な絡みを目撃せよ!

イタリアの郷土料理をぎっしり詰め込んだファストフードが日本にやってきた!地元ローマで人気を誇る「トラピッツィーノ」はイタリアのマンマの味がたっぷり。ローマっ子の舌も唸らせる自慢の味が、日本でも手軽に味わえるんです。これは、行かなきゃ損です!

2016年12月9日 更新

日本初上陸「トラピッツィーノ」が話題

外はサクサク中はふんわかの生地に、イタリアの伝統的な煮込み料理がたっぷり入った「トラピッツィーノ」。今、ローマで大人気のストリートフードです。ボリュームたっぷりの具が三角の生地にすっぽり収まって、片手で食べられる手軽さにずっしりとした食べごたえ。そんな贅沢が、なんと日本でも味わえるようになったんです。しかも、いまや世界で話題の「トラピッツィーノ」の海外進出は、日本が1番乗りなのだそう。

今年2月の金沢に続き、4月に東京吉祥寺にもオープンした「トラピッツィーノ」のおいしさに、さっそく迫ってみましょう。

ローマっ子も夢中!ピザとサンドイッチのハイブリッドフード

サンドウィッチ(tramezzino)+ピザ(pizza)=トラピッツィーノ(trapizzino)

店名と商品名も兼ねた「トラピッツィーノ」は、サンドウィッチとピザからきた造語です。なぜなら、厚めの四角のピザ生地を斜め半分に切って、袋状に広げたところにたっぷりの具を詰めるから。つまり、ピザでありサンドウィッチでもあるのですね。

もちろん、生地は企業秘密の酵母を加え20時間の発酵を経てていねいに焼き上げ、ローマのおばあちゃん直伝の伝統煮込み料理を詰めた、こだわり満載のおいしさだそうですよ!

今年、吉祥寺に初上陸!

「トラピッツィーノ」吉祥寺店は、吉祥寺駅北口から5分ほど歩いた先、吉祥寺通りと五日市街道の交差点近くにあります。赤を基調にした外観は、ローマっ子の明るさと親しみやすさを感じますね。そういえば、ローマのサッカーチームのチームカラーも赤でした。イタリア文化会館も赤。イタリアは赤が好きなのでしょうか。赤は太陽とトマトの色。日本のイタリアのイメージにもピッタリですね。
「ヴォーノ!」と、陽気に手を振っているのは、マスコットキャラクターでしょうか?コーヒーやソフトドリンクのほか、ワインやビール、ドルチェもいただけるようです。店内にはイートインスペースがあり、もちろんテイクアウトも可能です。

気になるメニューを紹介!

さて、生地もさることながら、やはり気になるのは、中に詰め込まれたローマのおばあちゃん直伝の伝統料理。煮物をどんな風にピザ生地に詰めるのでしょう?それでは、気になるメニューをご紹介します。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

はるごもり

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう