ローディング中

Loading...

最近のダイエット方法のトレンド【糖質制限ダイエット】。文字通り糖質を制限して摂取エネルギー量を減らすというもの。しかし、真っ先に減らされる可能性があるのはご飯……。ご飯一杯分を減らす前にちょっと待った!栄養素やリスクを合わせて紹介します。

ご飯一杯の裏側とは

日本食には必ずと言っていいほど登場する“ご飯”。ご飯がない食卓だと、少し寂しくなったりしませんか?小学生のころの食育の授業で、「朝はご飯を食べましょう」というアナウンスがあったかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

ご飯には、豊富な糖質が含まれています。そのため、睡眠時間中に枯渇したエネルギー源を朝にしっかり補給して目を覚まそう!という意図が「朝はご飯を食べましょう」に込められています。朝は、ご飯一杯=お茶碗一杯を食べることが望ましいとされていますが、今は糖質制限中だから……なんて人もいるのでは?今回はその“ご飯一杯”を掘り下げて、プラス面とマイナス面を紹介します。ダイエットでご飯を減らしてしまう前に、ご飯の魅力について少しでも考えていただければ幸いです。

ご飯一杯分に含まれる糖質

ご飯一杯を150gとすると、ご飯一杯の中には糖質(炭水化物)が55.2g含有されています。これは、パンやうどん、そばの1食分に含まれる糖質量より少し多い量であるといえます。でも、糖質55.2gって、実際にどれくらいの量なのでしょうか?イメージしやすい角砂糖に換算してみます。

ご飯一杯の糖質を角砂糖で換算すると……?

角砂糖は、その大きさにもよりますが、よくコーヒーなどについてくるものは3~4gです。つまり、55.2gの糖質は、角砂糖約15個分くらいだと考えてください。(厳密にいうと、ご飯に含まれる糖質と角砂糖はイコールではありませんが、今回は、イメージしやすいようにしています!)角砂糖15個を食べている、と考えるとご飯一杯がものすごく恐ろしいものに見えてきますね……。

お寿司だとどのくらい?

お寿司で考えるとご飯一杯は大体お寿司3皿分です。ご飯一杯に抑えようとしたら、3皿分、つまり6貫のお寿司しか食べられないことになります……お寿司を食べに行ったら、10皿くらい食べてしまいますよね?そうなるとお茶碗3杯半分のご飯を食べているのです。ご飯を3杯食べなさい、といわれると「そんなに食べられないよ」と感じる人も多いと思いますが、お寿司10皿はペロッと食べられますよね。味付けの大切さがよくわかります♩

ご飯一杯分をほかの食材に換算すると?

では、ご飯一杯にはどれくらいの成分が入っているのでしょうか。身近な食品でイメージしていただきたいと思います。

【ご飯一杯に含まれる栄養成分:グラム数】……【ほかの食材で摂取する場合の必要な量】
・糖質:47g……ひじき100gが必要
・たんぱく質:3.9g……牛乳130gが必要
・ビタミンB1:0.05mg……キャベツ100gが必要
・カルシウム:3mg……トマト1/3個が必要
・食物繊維:0.6g……セロリ50gが必要
このように、ご飯一杯には、牛乳やひじきなどの海藻、お野菜などに含まれる栄養素が含まれているのです。ご飯はカロリーが高いから……という考え方をひっくり返すようなバランスのとれた栄養成分なのです。これを見ると、むやみやたらに糖質制限として“ご飯を抜く”という行為が本当に正しいのか疑問になってきますね。ご飯を主食にして、バランスよく食事をしていきたいものです。

もちろん、ご飯を食べないことで、摂取エネルギーは大幅にカットできるので、「糖質制限ダイエットは絶対に意味がない」ということはありません。ただし、制限しすぎるのもよくありませんので、適度な制限をおこない、ダイエットすることが望ましいですね!

糖質を制限しすぎないで

糖質は、私たちが活動するための大事なエネルギー源です。普段の3食でパン、もしくはご飯を食べるとすると、毎日の食事から摂取するカロリーの約60%が糖質です。これらを完全に摂取しないくらい糖質を制限してしまうと、さまざまな症状が出てきます。糖質を制限した際、身体に起こり得る症状として代表的なものをふたつ紹介します!

筋肉量の低下

糖質制限に多くみられるのは、筋肉量が少なくなってしまう現象です。筋量が減少するのは、活動する際のエネルギー源である糖質の摂取が少ないがために、体の中のエネルギー源が枯渇してしまい、代替エネルギー源として筋肉の分解を生じさせるためです。糖質を制限し、ダイエットに成功した、と考えていても、実は筋肉の分解も生じているという状況であれば、意味がありません。全身筋量を維持したままダイエットしなければ、そのあとの疾患への罹患リスクが上昇してしまいますので、注意が必要です。

思考力の低下

また、思考力の低下も生じてきます。集中力が続かなかったり、落ち着きがなくなったり。これらは脳の働きと関係してきます。脳を動かすエネルギー源は、基本的に糖質です。糖質制限により脳へ送られるエネルギー源が枯渇してしまうと、脳の働きが悪くなり、集中力が切れてしまう原因になります。また、脳からの指令が鈍くなるので、さまざまな反応性(認知機能や反射)が低下してしまいます。

ご飯一杯を怖がることはやめよう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カクテル レシピ

皆さんはレゲエパンチというカクテルをご存知ですか?ネーミングからインパクトがありますが、どんなカクテルなのでしょうか?レゲエパンチは自宅でも作ることができるのでしょうか。ここではレゲエパンチについて詳しくお話…

レシピ

鮭とばってご存知ですか?北海道や東北地方の人には馴染み深い鮭を使ったおつまみです。食べ方はそのまま、あるいは炙って食べたりお酒好きの人は目がない一品。実は食事としても活用できる万能食材なんですよ。鮭とばの食べ…

にんにく

にんにくの皮むきでイライラしたことはありませんか?小房を包んでいる薄い皮が実に貼りついて取れない……!そんなお悩みも、にんにくを冷凍するだけで解決するんです。詳しいむき方を、写真と一緒にご紹介します♩…

日清カップヌードルの具材「謎肉」とルービックキューブがコラボ!6面全て謎肉まみれの「謎肉(なぞにっく)キューブ」が登場しました!冗談みたいなこのパズル、クリアできる人はいるんでしょうか?編集部の名人が挑戦した…

フルーツ

お野菜やフルーツには漢字表記名があります。さまざまな漢字表記名があるため、読めないものもあるでしょう。「西瓜」とはどのような食材なのか、あなたは読めますか?ここでは西瓜について、さまざまなルーツをご紹介しまし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

DIET_SPO_k

運動好きのアクティブ管理栄養士。 食べること、動くこと、楽しいこと...

ページTOPに戻る