ローディング中

Loading...

商品パッケージに載っている「モンドセレクション」について、うさんくさい、お金で買える賞なのか、という声がネットを騒がせています。日本円で15万円前後をお支払いすれば金賞受賞という、不思議なシステムがあるとかないとか……。その真相やいかに!

モンドセレクションについてどう思う?

品質の世界基準」、「世界が認めた味」的なキャッチコピーとともに、商品パッケージのなかでもひときわ存在感を放つ「モンドセレクション(Monde Selection)」という横文字。何を買おうか迷っているとき、この名前が購入のきっかけになった人もいるのでは?

が、そんななか、モンドセレクションはうさんくさいとか、じつは何も意味がないんじゃないか、お金で買える賞なんじゃないか、と言った不信感を募らせる意見がネット上で見られます。

私たちがすんなり受け入れていたモンドセレクションて、そもそも一体何のこと?どんな商品に授与されるの?モンドセレクションの謎に迫ります。

そもそもモンドセレクションて?

「モンドセレクション(Monde Selection)」とは、80カ国もの世界のすばらしい食べ物、飲料水、化粧品、ダイエット食品などを中心とした商品の技術水準をジャッジすることを目的に、1961年ベルギーのブリュッセルにて設立された民間団体。上から順番に、最高金賞、金賞、銀賞、銅賞の4段階で評価されます。

つまりモンドセレクションは商品の優劣を競ったり、1位の表彰台を掛けて闘争心むき出しでぶつかり合う!という感じではありません。むしろもっと穏やかで、シェフや大学の教員、ソムリエなどのその未知のプロたち70名近くが一同に集まり、「これは◯◯でいいですねぇ〜」とか「この商品の◯◯はすばらしい!」みたいな風に商品の価値を評価し合う場だと言えるでしょう。

モンドセレクションの価値

モンドセレクションという名のステータスを手にすると、どんな変化があるのですしょうか。実際にモンドセレクションを受賞する前とあとでは、売上に明らかな違いがあります。3〜4倍近くまで売上が急増し、中には生産が追いつかなくなるほど、うれしい悲鳴に見舞われる企業もあるんだそう。

この賞を食のオリンピックだとか、食のノーベル賞だ、と思っている人も多いですが、海外から見ると、モンドセレクションの知名度は決して高くありません。本部が置かれているベルギーでも、この賞の存在を知る人は少ないそうです。

モンドセレクションの審査基準と審査方法

モンドセレクションの気になる診断基準ですが、食のプロたちが20項目の中で評価をつけます。具体的な数字としては100点満点で採点し、点数によって最高金賞、金賞、銀賞、銅賞に振り分けられます。詳細は、下記をご覧ください。

・最高金賞 平均得点90%から100%取得商品

・金賞 平均得点80%から89%取得商品

・銀賞 平均得点70%から79%取得商品

・銅賞 平均得点60%から69%取得商品


次に審査方法ですが、日本の商品を出品する際にベルギーの民間団体、つまりモンドセレクションの本部に審査料をを払い、審査してもらうシステムになっているそうです。気になるその額は、ひとつの商品につき1,100ユーロ。日本円に換算すると15万円前後です。

日本はモンドセレクション金賞の常連

じつは、1製品につき約15万円前後の金額を本部に納めると、金賞を受け取れるらしいんです。ちょっと不思議なシステムですね。世界各国から賞賛を浴びるほどの高い技術レベルを強みにしている日本にとっては、オール金をゲットする日も、近い将来ありえるかも。

ちなみに、日本からモンドセレクションへの応募数は年々増えていて、日本の金賞数は出品数全体の8割近くを占めているんだそう。ちなみに、2012年は日本が出品した商品のうち、3,000品目近くが受賞を果たしたようです。ここまでくると、日本はモンドセレクションの常連、といっても過言ではありませんね。

試行錯誤を繰り返しながら何年、いや何十年もの歳月をかけてようやく完成させた商品を「金賞」という形で各国の食のプロに認められるというのは、本当に喜ばしいことだと思います。

モンドセレクション受賞カテゴリー

これまで日本企業が出品した商品で、金賞を獲得したものをご紹介しましょう。じつはあなたが知らないだけで、「へーこんなのもあるんだー」みたいなものもカテゴライズされているんですよ。ただでさえ、売り上げをぐーんと伸ばす「モンドセレクション」の肩書きを背負っている商品たちなので、今回は、カテゴリだけ教えちゃいます。このカテゴリを参考にすれば、お店で受賞した商品に出会えるかも!

【みんなが知ってる定番商品】
・果実酒
・ワイン
・チョコレート類
・おかき
・ビスケット類
・果汁飲料
・炭酸飲料

【みんなが知らない意外な商品】
・ミネラルウォーター
・お寿司
・うどん
・お米
・ゆずぽん酢
・塩
・健康・美容ドリンク
・健康茶
・葉巻
・製紙巻タバコ
・化粧品
・洗顔石けん
・肉の加工品
・果物の加工品

etc……。お菓子だけでなくお米やうどん、化粧品やミネラルウォーターなど身近なものから意外なものまで豊富にラインナップされているんですね。

努力の結晶

スーパーやコンビニで度々目にする「モンドセレクション」について、ネット上では賛否両論あるようですが、食のプロ集団によって高い評価を得た商品に与えられるすばらしい賞なんですね。高い技術レベルを誇る日本が、最高金賞を独占する日が訪れるのもそう遠くはないはず。

モンドセレクションというステータスの獲得。これにより、3〜4割近く大幅に売り上げがアップして生産も追いつかないと言うんだから、日本にうれしい経済効果を生んでくれるかも。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

美しすぎる「薔薇餃子」を上手に作れる簡単レシピ!食卓に花を咲かせましょ♩

レシピ 餃子 女子会

定番中の定番レシピである「餃子」。大好物という方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するレシピは、そんな餃子が美しくできる「薔薇餃子」です。一見、作るのが難しそうと思われがちですが、とっても簡単に作れちゃい…

カルディおすすめお菓子20選!定番人気から隠れた名品までどどんとご紹介♩

お菓子 まとめ

カルディで販売されているお菓子は、どれもおすすめの商品ばかりです。そんなおいしいカルディのお菓子をランキングでご紹介いたします。どれもハマってしまいそうな高コスパ&高品質な商品ばかりなのでぜひチェックしてみて…

甘酸っぱくて香り華やか!「みかんケーキ」で皮まで丸ごと大量消費!

みかん ケーキ レシピ フルーツ スイーツ

こたつのお供であり、冬のフルーツといえばのみかん。今回ご紹介するのは、そんなみかんを大胆に使って作る「みかんケーキ」のレシピです。みかんそのものの味を丸ごと味わうことができるので、みかん好きを自認するならこれ…

あの「パクチーポテトチップス」を超えるパクチー度!?「パクチー天」を実食

パクチー おやつ

「パクチーポテトチップス」って知っていますか?「カルディー」から発売され、一部の店舗では入荷待ちになったほどの人気商品。今回そのカルディに、さらにパクチー度満載な「パクチー天」が登場。注目のパクチーお菓子、2…

「ディーンアンドデルーカ」のおすすめパン10選。人気商品を編集部が厳選!

パン まとめ

macaroni編集部が独自の視点でおいしい情報をお届けする連載「macaroniセレクション」。今回は 「ディーンアンドデルーカ」のおすすめのパンを10個をご紹介。おしゃれな食材やフルーツ入りの人気のパンを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

自分や家族の健康を守ろう!安全な着色料まとめ

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

【日本酒ランキング】酒のプロが選ぶ1,500円以下のおいしい日本酒

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

知っておくと便利!和食料理の基本「5」選

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

記事広告

おいしくて見た目もかわいい!意外な○○で作るハロウィンレシピ!

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

記事広告

世界の肉料理とマリアージュ!コク深い「キリン 生茶」で繊細な味わい引き立つ♩

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

ページTOPに戻る