ローディング中

Loading...

女性に圧倒的な人気を誇るパクチー。最近ではパクチー好きの人を「パクチスト」と呼ぶのだそうです。ですが、「パクチー」と呼んだり「コリアンダー」と呼んだり、いったいどちらが正式名称なのでしょうか。今回はそんなパクチーについてまとめてみました。

コリアンダーとパクチーは違う?

独特の風味とシャキシャキとした食感が女性を中心に人気のパクチー。最近では、パクチーを専門的に取り扱う飲食店も増えていますよね。

スーパーでも買うことができ、カレーやサラダにトッピングするだけでアジアンテイストな一品に変身するため、自宅でも食べるという人も多いのではないでしょうか。

ですが、お店によって「パクチー」と書かれていたり、「コリアンダー」と書かれていたり……いまひとつ統一感がありませんよね。いったいこのふたつは何が違うのでしょうか。また、正式にはどちらなのでしょうか。

コリアンダーとは?

コリアンダーとは、鎖国前に日本に入ってきたポルトガル語がもとになっているのではないかと言われています。コリアンダーの和名とされる「コエンドロ」は今ではほとんど使われておらず、このコリアンダーかパクチーと呼ぶのが主流となっていますよね。

これに関しては諸説ありますが、「コエンドロ」が用いられる前は「コスイ」「コニシ」などとも呼ばれていたそうですよ。当時は、朝廷料理で生魚を食べる際に必ず用いられていたそうです。おそらく、臭み消しとして使われていたのでしょうね。

一般的には、果実や葉を乾燥させた香辛料を「コリアンダー」と呼んでいます。

パクチーとは?

香辛料としてのものをコリアンダーと言うのに対し、パクチーはどういったものを指すのでしょうか。レストランなど外食産業においては、コリアンダーよりもパクチーと言う呼び名の方が一般的ですよね。

1990年代頃から、日本ではエスニック料理のお店が増え、それまで粉末や乾燥させたものが中心だったのに対し、生で食べる機会が増えてきました。それと同時に、「コリアンダー」ではなく、タイ語である「パクチー」と呼ぶことが増えていったのだそうです。

コリアンダーとパクチーは同じものだった!

コリアンダーとパクチーの違いについてご紹介しましたが、実はどちらも同じもので、英語とタイ語の違いだけだったのですね。

昔からカレーや炒め物などに使う香辛料として使われていたのが「コリアンダー」で、こちらは英語です。

そしてエスニック料理ブームが始まった1990年代頃から、そのまま食べるようになった際に使われ始めたのが「パクチー」でこちらはタイ語です。

今では、すっかりパクチーの方が定着していることを考えると、どれほど日本人の中にエスニック料理が浸透しているかが分かりますよね。

中国では「香菜(シャンツァイ)」

スーパーでパクチーを購入しようと思った際、「パクチー」でも「コリアンダー」でもなく、「香菜(シャンツァイ)」と書かれているのを見かけたことがありませんか。

実はこちらも物としては全く同じで、中国料理に使用する中国語由来のものを「香菜(シャンツァイ)」と呼んでいます。「中国パセリ」と呼ばれることもありますが、パクチーとパセリは全くの別物ですので注意してくださいね。

中国でのパクチーの歴史は古く、張騫(ちょうけん)が西域から持ち帰ったとされており、当時の書物には「コスイ」の表記名で人々に親しまれていたと言うことが分かる記述が残されているそうです。

各国のパクチーの呼び方は?

パクチーとコリアンダーの違い、そして中国名の香菜(シャンツァイ)についてご紹介しました。日本国内だけでもこれだけの呼び名が使われており、混乱してしまいそうなパクチーですが、世界ではどのように呼ばれているのでしょうか。

ベトナム「ザウムイ」

タイ同様、ベトナムでも食卓に頻繁に登場するパクチー。ベトナム語ではパクチーのことを「ザウムイ」と言い、生春巻きやフォーに欠かせない香草とされています。

酸味と辛みが特徴のベトナム料理ですが、パクチーの爽やかな風味が胃をすっきりとさせてくれますよ。シャキシャキとした食感がそのまま楽しめる調理法が多いのもよいですよね。

アメリカ・中南米「クラントロ」「シラントロ」

中南米でのパクチーの呼び方は、スペイン語である「クラントロ」が一般的で、スープやサルサの風味付けとして広く使用されているのだそうです。

先ほど、香辛料としては英語である「コリアンダー」が一般的と言うことをお伝えしましたが、メキシコからの移民が多いアメリカでも、口語的にはコリアンダーよりもスペイン語の「クラントロ」に影響を受けた「シラントロ」というのが定番のようです。香辛料としてはコリアンダー、料理としてはシラントロと覚えておくと分かりやすいかもしれませんね。

インド「ダニヤー」

インドでは、ヒンディー語で「ダニヤー」と呼ばれています。スパイスのひとつとしてカレーに使われるほか、フィンガーボールに入れてニオイ消しにするなど、食用以外にも広く使われているそうです。

苦手な人にとってはパクチーのニオイも気になるような気もしますが、あの爽快感のある独特な風味が魚の生臭さを消すのにはちょうどいいのでしょうね。

ポルトガル「コエントロ」

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【表参道】オニオングラタンスープ専門店「あわたまスタンド」

オニオングランスープなんてもうみんな大好きなスープじゃないですか。冬の寒いシーズンはスープであったまろう。そんなシーズンに新しいお店が表参道にできたみたいです♪週末、デートやお友達、家族と”オニグラ”スープを…

オーダーメイドで♩原宿『ジップザップ』の似顔絵ケーキがそっくり!

原宿に佇むカフェ『ジップザップ(ZIPZAP)』の無骨なおじさまパティシエによるデコレーションケーキがとてもかわいいと評判なんです。リクエストに忠実に応えてくれるので、送った人も受け取った人も喜ぶこと間違いな…

【東京】チョコレート専門店カフェ8選

東京に出店している世界の有名チョコレート専門店のカフェをまとめました。

恵比寿の人気「餃子屋」11選!安いうまいのおすすめ店をチェック

恵比寿エリアは知る人ぞ知る餃子の激戦区。そんな人気エリアの「えびす」で食べたくなったらさくっと行ける、安くてウマイ、おすすめのお店をまとめました。ランチ、テイクアウト、食べ放題に対応したお店を一気に11店舗ご…

食べ放題も個室もランチにだって!新宿で人気の焼き肉店15選

有名店の焼き肉屋が集まる街、新宿。今回その中でもおすすめ店を厳選してご紹介します!デートにぴったりな個室のあるお店やお腹いっぱい楽しめる安いお店まで、シーン別に選べるお店を豊富に揃えました。ディナーはもちろん…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【節約】つい無駄にしてしまう薬味野菜の保存方法まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

ペットボトルの底はペタロイド?意外と知らない「食」にまつわる正式名称まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

安いお米も絶品に!すぐ試したくなる「美味しいお米の炊き方」決定版

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

塩焼き・蒲焼きだけじゃない!さんまを使ったパスタのレシピ15選

和食で食べることの多いさんまですが、実はイタリアンにしてもおいしい食材で、パスタにすれば満足できる一品になります。さばくのも難しくないから、メニューの幅を広げてみませんか?今回は、さんまを使ったパスタのレシピ…

やさしい甘さで心もほくほく!この秋「焼き芋パン」に挑戦してみない?

秋は焼き芋がおいしい季節。その焼き芋にさらに手を加えて、見た目も愛らしい「焼き芋パン」を作るのが、いまSNSや料理投稿サイトで話題になっているんですよ。基本やアレンジレシピをご紹介します。あなたもぜひ作ってみ…

フォトジェニックなメキシコ料理を!「テクスメクスファクトリー」が気になる

テクスメクスとは、メキシコ料理をテキサス周辺でアメリカ風にアレンジした料理のこと。そんな料理が食べられる「テクスメクスファクトリー」が、いまSNSで話題に。お料理はもちろん、かわいらしい内装の店内は、写真映え…

ページTOPに戻る