ローディング中

Loading...

多くの人に愛される「マヨネーズ」。さまざまな料理に使える万能調味料ですが、賞味期限が切れてしまうということも少なくないのでは?マヨネーズの賞味期限は未開封と開封後どのくらいなのか、また手作りの場合、保存方法についてご紹介します!

万能調味料「マヨネーズ」

マヨネーズは万能の調味料としてたくさんの人に重宝されていますよね。洋食にはもちろん、和食の料理にも使えます。しかし、一人暮らしの方などは使い切れずに放置してしまうことも多いのではないでしょうか。そんなときに気になるのが、賞味期限ですよね。今回は、そんなマヨネーズの賞味期限について詳しく紹介していきたいと思います。

マヨネーズの賞味期限

マヨネーズはほとんどの方がスーパーなどで売られている市販のものを使っていますよね。メーカーとしてはキユーピーが有名なのではないでしょうか。

市販で販売しているマヨネーズの賞味期限は「約10~12ヶ月」と記載されています。マヨネーズの保存方法は、常温と書かれていますので、開封前であれば太陽の当たらない場所に保管しておきましょう。開封してしまったら、もちろん冷蔵庫で保存するようにしてくださいね。

マヨネーズの賞味期限が長い理由って?

マヨネーズの賞味期限は、「どうして約1年間という長い期間があるのか」と気になると思います。ほとんど知られていませんが、マヨネーズに使用できる原材料は、JAS規格で決められており、保存料を入れることができないのです。

そのため、マヨネーズは保存料を使用していない調味料なんですよ。保存料を使っていないのに、なぜ、1年間も賞味期限があるのか不思議ですよね。さらに原材料は卵を使っているのにも関わらず。

マヨネーズはお酢と塩が入っており、その2つが融合することで天然の殺菌効果を発揮するのです。これが実は驚異的な殺菌効果があり、サルモネラ菌の発生も防ぐことができるといいます。そのため、マヨネーズは腐りにくいんですよ。

調理したものはすぐ食べること

マヨネーズはチューブのままであれば殺菌効果があるのですが、チューブから出して調理に使用してしまうと、空気に触れて防腐効果は弱まってしまうので、早く食べるようにしてください。サラダなどでマヨネーズを使用して、そのまま残しておくと腐敗が進んでいくので気をつけましょう。

ただし、手作りは早く使い切る

ほとんどの人がマヨネーズはチューブ型で市販のものを購入することが多いのですが、手作りすることも出来ます。同じようにお酢と塩を使ってマヨネーズを手作りするのですが、市販と同じように賞味期限は続きません。そのため、手作りのマヨネーズは早く使い切るように心がけましょう。

傷んだマヨネーズの見分け方

マヨネーズのラベルには、開封後は1ヶ月以内に食べてくださいと書かれています。いわゆる賞味期限というものですね。賞味期限を過ぎても食べることはできるのですが、実は食べないほうがよい状態があります。

マヨネーズはやわらかい固体をしているのですが、液状になっている状態の場合は、マヨネーズが傷んでいるので使用するのを止めたほうがいいですよ。

マヨネーズの保存方法

開封前なら常温保存でOK

マヨネーズの正しい保存方法を紹介していきます。まず開封前の買ったそのままの状態であれば「常温保存」で大丈夫です。

開封後は冷蔵庫へ

続いて開封後を紹介します。開封後は密閉されず空気に触れてしまう可能性もあるので、それを少しでも防ぐために「冷蔵庫」で保存をしましょう。

冷凍庫での保存はNG

これはあまりしている人はいませんが、「冷凍庫の保存はNG」となっています。冷凍庫で保存すると解凍した時に液状になりやすく、マヨネーズとして使い物にならなくなるので注意しましょう。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

妊活中・妊娠中に避けたい食べもの『5』選!

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

辛いつわりも軽減するかも?! つわり中に食べるべき『7』選

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

鍋のアク取りは本当に必要?覚えておきたいアク取りのコツまとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

インフルエンザに効果的な食べ物6選!身体の中から病気と戦おう!

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

大量消費も簡単!人参きんぴらの作り方【基本&電子レンジ】

栄養豊富な人参を使ったきんぴらのレシピをご紹介します。冷蔵庫に1本だけ余ってしまった人参で簡単に作れますよ。基本の人参のきんぴらの作り方や、シャキシャキに仕上げる切り方のコツなども併せてまとめてみましたので、…

和風だけじゃない!人気鯛レシピ【丸ごと&切り身】27選

お祝いの日に定番の「鯛」ですが、どんな風に料理していますか?姿焼きやお刺身などのレシピのほか、まだまだ鯛のおすすめレシピはたくさんあるんですよ。まるごとから、切り身の活用まで、簡単にできるおいしい鯛レシピをご…

「ん」の意味は…炊いたんとは?炊く・煮るとの違いも解説

京都のお惣菜で耳にする炊いたんとは、どんな料理か具体的にご存じですか?炊くという字が入っていますが、炊くや煮るとの違いはなんでしょう?今回は、炊いたんの語源や意味、特徴、定番レシピまで、まとめてご紹介します。…

ページTOPに戻る