ホムパにも最適!スイカは切り方一つで食べやすさ&かわいさアップ♩

毎年楽しみにしている人も多いスイカ。夏の風物詩ということで、欠かさず食べている人も多いのではないでしょうか?そんなスイカ、たまにはちょっと変わった切り方で遊んでみませんか?ちょっとしたおもてなしとしても、喜んでもらえること間違いなしです。

2019年7月29日 更新

スイカの切り方について

スイカとは、ウリ科のつる性の果物になります。シャキシャキとして、甘みのあるところが好きと言う人もいるはず。

このスイカを切るとき、皆さんはいつもどのようにして包丁をいれていますか?食べ方を工夫すると見た目がおしゃれになったり、一口で食べられるなどのメリットがあります。

「スイカの切り方なんてそんなに知らない」という人のために、ここではいろいろな切り方をまとめてみました。参考にしてくださいね。

スイカの基本の切り方

夏場に食べられることの多いスイカですが、これを切り分けるなら、スイカの中心が頂点になるように三角形にするやり方がメジャーな気がします。この方法をとることで、スイカの中心部分の甘い箇所をみんなにまんべんなく行き渡らせることができるんですよ。

もし、お子さんに始めてスイカを切らせるならば、お母さんが後ろから包丁を支えながら行うようにしてください。今は子供用の包丁も売っていますが、大きなスイカのままだと切りにくいはず。先に何等分かにしておいて、小さくなったものを切らせてあげると怪我をする確率を少なくできると思いますよ。

種なしにする切り方

ところで、スイカの切り方次第で種をなくせることをご存知ですか?種はスプーンでわざわざ避けないといけないので、面倒くさいと思う人もいるはず。

スイカの種を無くす切り方ですが、まず、ヘタを上にしてください。それから横に包丁をいれましょう。その時のスイカの断面を見るとお分かり頂けると思いますが、中心から外側に向かって繊維が伸びていると思います。

これは植物が持つ内部組織の1つ、維管束(いかんそく)です。 スイカの種は維管束のまわりに規則的に並んでいるため、横に切るとその断面に種がよく見えると言われてます。

維管束を確認できたら、今度は維管束の上から3等分に切り分けましょう。このとき、スイカの中心から外側に、種めがけて包丁をいれることがポイント。もともとスイカには維管束が3本ありますので、維管束に沿って切ると自然と3等分になると覚えておきましょう。

あとは表面に見える種だけ取ればこの種なしスイカは完成です。実際に食べてみると、中は種なしになっているから驚くと思いますよ!

食べやすさ重視な切り方

サイコロ状

サイコロ状のスイカ

Photo by pixabay

先ほど種が邪魔にならないスイカの切り方をご紹介しましたが、他にも食べやすさを考えた上でおすすめなやり方があります。

その一つがスイカを小さな四角にするサイコロ状の切り方です。まず4分の1くらいに切ったら、皮の部分を包丁で削ぎ落としてみてください。それから赤い実だけを残したら、縦横に包丁をいれると簡単にサイコロ状のスイカが仕上がります。

フォークで刺して食べてもいいですが、つまようじを使って軽々口に運ぶことも可能です。まだお子さんが小さいうちはこの切り方をおすすめします。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう