ローディング中

Loading...

毎年楽しみにしている人も多いスイカ。夏の風物詩ということで、欠かさず食べている人も多いのではないでしょうか?そんなスイカ、たまにはちょっと変わった切り方で遊んでみませんか?ちょっとしたおもてなしとしても、喜んでもらえること間違いなしです。

スイカの切り方について

スイカとは、ウリ科のつる性の果物になります。シャキシャキとして、甘みのあるところが好きと言う人もいるはず。

このスイカを切るとき、皆さんはいつもどのようにして包丁をいれていますか?食べ方を工夫すると見た目がおしゃれになったり、一口で食べられるなどのメリットがあります。

「スイカの切り方なんてそんなに知らない」という人のために、ここではいろいろな切り方をまとめてみました。参考にしてくださいね。

スイカの基本の切り方

夏場に食べられることの多いスイカですが、これを切り分けるなら、スイカの中心が頂点になるように三角形にするやり方がメジャーな気がします。この方法をとることで、スイカの中心部分の甘い箇所をみんなにまんべんなく行き渡らせることができるんですよ。

もし、お子さんに始めてスイカを切らせるならば、お母さんが後ろから包丁を支えながら行うようにしてください。今は子供用の包丁も売っていますが、大きなスイカのままだと切りにくいはず。先に何等分かにしておいて、小さくなったものを切らせてあげると怪我をする確率を少なくできると思いますよ。

種なしにする切り方

ところで、スイカの切り方次第で種をなくせることをご存知ですか?種はスプーンでわざわざ避けないといけないので、面倒くさいと思う人もいるはず。

スイカの種を無くす切り方ですが、まず、ヘタを上にしてください。それから横に包丁をいれましょう。その時のスイカの断面を見るとお分かり頂けると思いますが、中心から外側に向かって繊維が伸びていると思います。

これは植物が持つ内部組織の1つ、維管束(いかんそく)です。 スイカの種は維管束のまわりに規則的に並んでいるため、横に切るとその断面に種がよく見えると言われてます。

維管束を確認できたら、今度は維管束の上から3等分に切り分けましょう。このとき、スイカの中心から外側に、種めがけて包丁をいれることがポイント。もともとスイカには維管束が3本ありますので、維管束に沿って切ると自然と3等分になると覚えておきましょう。

あとは表面に見える種だけ取ればこの種なしスイカは完成です。実際に食べてみると、中は種なしになっているから驚くと思いますよ!

食べやすさ重視な切り方

サイコロ状

先ほど種が邪魔にならないスイカの切り方をご紹介しましたが、他にも食べやすさを考えた上でおすすめなやり方があります。

その一つがスイカを小さな四角にするサイコロ状の切り方です。まず4分の1くらいに切ったら、皮の部分を包丁で削ぎ落としてみてください。それから赤い実だけを残したら、縦横に包丁をいれると簡単にサイコロ状のスイカが仕上がります。

フォークで刺して食べてもいいですが、つまようじを使って軽々口に運ぶことも可能です。まだお子さんが小さいうちはこの切り方をおすすめします。

アメリカ式のスティック状

もう一つ、食べやすいスイカの切り方として、アメリカ式のスティック状にする方法が知られています。

やり方はまず、スイカを横にまっぷたつにすることから始まります。それが済んだら切った面を下にして、網目状にスイカを切り分けていきましょう。細長いアイスを食べているような気分になれるこのカッティング、皆さんも試してみてくださいね。

おしゃれな切り方

丸くくり抜く

今度はおしゃれなスイカの切り方である、丸くくり抜く方法をご紹介します。

このやり方ですがスイカを半分に切ったら、計量スプーンで適度な大きさにくり抜くだけでOK!小さじが食べる上で一番、ちょうどいい大きさになるとされていますが、ちょっと大きめのものをテーブルに並べたいなら大さじのスプーンを使ってもいいはず。

この方法は最初にお母さんがスイカを半分に切ってしまえば、あとはお子さんだけでも簡単にできるやり方になります。スプーンなら肌を傷つける心配もないので、家族みんなで楽しみながらやってみてはいかがでしょうか?

また、スイカ以外にもメロンだってこの方法を試せます。できるだけ熟した、柔らかめのメロンでチャレンジしてみてくださいね。

スイカツリー

朝の情報番組でも紹介されたことのあるスイカツリー。この切り方は、スイカの皮を木の幹に、果肉部分をツリーの形に切る方法になります。スイカの種がまるで装飾品のようにも感じられて可愛らしいだけでなく、 片手で持って食べても果汁が垂れにくいというまさに一石二鳥のカット方法なんです!

作り方はいたってシンプル。 まずはスイカを三角形に切ったのち、中央部分の木の幹となる皮だけを数センチ残すしてそれ以外の皮部分を切り落としましょう。実際にカットしてみると分かると思いますが、子供が喜びそうなデザインになります!

時間があるときは実の部分をギザギザにカッティングすると、よりリアリティが増します。挑戦してみましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

世界でブーム到来!この夏は「スイカドレス」で大人も子どもも大はしゃぎ♩

スイカ

夏といえばスイカ!今、instagram でそのスイカが話題を集めています。といってもスイカを食べるわけではなく、ドレスに見立てて写真を撮っちゃえ♩そんなアイデアが、いつの間にかパパママ中心にシェアされて人気…

ウィキッドスノー原宿に夏限定メニュー登場!スイカとメロンのかき氷3種がお目見え

かき氷 スイカ

韓国かき氷のスイーツカフェ「WickedSnow(ウィキッドスノー)原宿」から、夏限定のかき氷『ウィキッド スイカ&メロン』『ウィキッド スイカ』『ウィキッド メロン』が発売されます。果実のみずみずしさをたっ…

ごぼうレシピ完全版!主菜に副菜に使える人気メニュー30選

ごぼう レシピ まとめ

ごぼうは、きんぴらや煮物、炒め物など、いろいろな料理に使える便利な食材ですよね。今回は、そんなごぼうを使った人気レシピ30選を集めました♩簡単に作れる一品や、ちょっと珍しいごぼうのサラダ、炊き込みご飯など、幅…

スタバ新作「シェイクンウォーターメロン&パッションティー」でプールサイド気分♩

スイカ

スタバ「ティバーナ™」の最新作「シェイクン ウォーターメロン & パッション ティー」が2017年6月28日(水)に登場しました!パッションティーとみずみずしいスイカが出会った夏らしい味わいなんだとか。実食…

ごぼうのサラダ20選!もりもり食べたいデリ風レシピ♩

ごぼう サラダ レシピ マヨネーズ まとめ

初夏に旬を迎える新ごぼうは、柔らかく上品な味わいが魅力です。食物繊維が豊富に含まれているので、女性はたくさん食べたい野菜の1つです。今回は、ごぼうを使った人気のサラダレシピを20選ご紹介します。作り方も簡単な…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

かわいい手作り『デコずし』10選!恵方巻きやお弁当にピッタリ

寿司 まとめ アレンジレシピ

キャラクターや動物を模した巻き寿司「デコずし」がとてもかわいかったのでご紹介します!キャラ弁ブームの影で密かに各家庭で作られていた「デコずし」はお弁当や節分の恵方巻きにもピッタリ♫厳選した「10」個のアイデア…

野菜もたくさん食べられる♪「焼きパスタ」アレンジレシピ7選

パスタ レシピ まとめ

この春はなんと「焼きパスタ」が流行するきざしがあるそうですよ。カップめんでは「焼きすぱ」という商品が新発売されるそうです。フライパンで炒めることで風味がよりUPするのがその魅力なんだとか。今回は焼きパスタのア…

ひと手間でおしゃれに変身!「ゆで卵」のアレンジレシピ7選

レシピ まとめ たまご アレンジレシピ

誰でも手軽に作ることができる「ゆで卵」、ちょっとしたひと手間をかけるだけでとってもおいしく可愛く変身しちゃうんです!朝食やお弁当にはもちろん、パーティーメニューの前菜にも使えちゃう素敵な「ゆで卵」のアレンジレ…

血液サラサラ効果も!「玉ねぎドレッシング」レシピ8選♩

レシピ まとめ

辛味や香りが強く、インパクト大の玉ねぎ。今回はお野菜やお肉におすすめの玉ねぎドレッシングレシピを8つご紹介!血液をサラサラにし整腸効果も高い玉ねぎは、ダイエットにもおすすめ。ぜひ試してみてくださいね。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

今年は「もずく鍋」がトレンド⁉︎「魚屋の鍋つゆ」なら魚のエキスパート絶賛の味に♩

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

記事広告

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る