ローディング中

Loading...

食べ物に関する言い伝えは色々ありますが「みょうがを食べると物忘れをする」というものを知っているでしょうか。薬味として欠かせないみょうがですが、いったいなぜそんな風に言われるようになったのでしょう。そしてそれは本当なのでしょうか?

みょうがで物忘れ?

みょうがという食材は、お料理の中でメインで使われるというより薬味としてひと味添える役割で有名です。特に夏バテしやすい暑い時期などには、みょうがの独特の清涼感が食欲を刺激してくれることもあるでしょう。

とはいえ、そんなみょうがの栄養素や成分についてはあまり注目させていないかもしれません。しかし「みょうが」には集中力を上げたり、むくみを解消してくれるなど、生活をしていくうえでの健康促進にいくつかの効果があるのです。

しかしその一方で「みょうがを食べると物忘れをする」と言われていることをご存知でしょうか?なぜみょうががもの忘れに繋がってしまうのでしょう。今日はその理由について紹介していきたいと思います。

「みょうがを食べると物忘れをする」の由来

お釈迦様の弟子「茗荷」

みょうがは、栄養素や成分よりもこの「みょうがを食べると物忘れをする」という言葉のほうがイメージが強いかもしれません。なんとなくこの言葉を知っている、という方も多いかと思います。さて、ではなぜこのような言い伝えが生まれたのでしょうか?

これは、仏教のとある説話から生まれたと言われています。お釈迦様の弟子であった周利槃特(しゅりはんどく)は非常に優秀な人物でした。しかし物忘れをする名人と呼ばれていて、それは自分の名前も覚えられないくらいだったのだそう。名前を忘れないようにと、首から自分の名前を書いた札を下げていたのですが、その札を下げているということすら忘れてしまう始末。

その首から下げた札を「名荷(みょうが)」と呼ぶからだとか、その方が亡くなって、墓から生えたきたのが「茗荷(みょうが)」であったため、このような言い伝えが生まれたのだ、などとする説が唱えられているのだそうです。

落語を介して広まった

このような説がひろまった背景には、十代目金原亭馬生の「茗荷宿(みょうがやど)」という落語があるようです。

あるところに、宿屋を営むとある夫婦がおりました。その宿屋に、大金を運ぶ途中の飛脚がやってきたのです。夫婦はそのお金を持っていることを忘れてくれないかと悪巧みをし、晩御飯として飛脚にみょうがをたくさんつかった料理を提供しました。

もちろん朝もみょうがづくしの食事。なんだかぼんやりした様子の飛脚に、作戦成功かと喜んだ旦那でしたが、なんだか奥さんもぼーっとした様子。聞くと、なんと奥さんもあまったみょうが料理を食べてしまったのだそう!

しかしなんとか支度のできた飛脚を送り出すと、思惑通り大金を忘れていってくれたのです。喜んだのもつかの間、飛脚はすぐに戻ってきて大金を持っていってしまいました。悔しがる旦那が奥さんに「何か忘れていったものはないのか?」と尋ねると、奥さんはこう答えました。「はい、宿賃をもらうのを忘れました」。

この落語を聞いた人々に「みょうがを食べると物忘れをする」というイメージが浸透したことで、落語を聞いたことのない他の人にもその印象が生まれたのだとされています。

みょうがは優秀な健康食品

忘れるどころか集中力アップ

みょうがの健康効果については、もしかしたらはっきりとしたものをご存知の方は少ないかもしれません。まず一番に上げられるのは、集中力がアップするという効果です。

もの忘れの原因とされているみょうがですが、実は忘れさせるどころか集中力をあげる効果があるのだそう。これは、生姜の独特な香りの元となっている「αピネン」という成分によるものです。この成分には、血行をよくする効果、眠気を覚まして集中力をあげる効果が期待されています。

ただしこのαピネンは高温で調理すると効果が薄れてしまいますので、火を通さずに食べるのがよいとされています。

むくみ解消

また、このαピネンと、みょうがの辛味のもととなっている「ミョウガジアール」は血行を促進する効果があります。血行がよくなると、女性の大敵である冷えを改善してくれますので、これもうれしい効果ですね。

そして、みょうがは体にとって重要な成分であるカリウムを含んでいますので、前述の血流改善効果と合わせて、むくみの解消に効果があると言えるでしょう。

抗酸化作用

みょうがに入っている栄養素でもう1つ注目してほしいのが「カンフェン」です。この成分には抗酸化作用、抗炎症作用があると言われています。その効果によってのどの痛みや口内炎などを抑えてくれるのです。

また、解毒作用もあると言われているため、風邪の時にも効果を発揮してくれるのはもちろんのこと、予防にも繋がってくれるでしょう。

みょうがの健康効果に注目

みょうがは昔からの噂のほうが強くなってしまい、その本来の良さが消えてしまっていますよね。「みょうがを食べると物忘れをする」という噂が流れることとなった落語もすごいですよね。それだけ人に影響を与えるものだったということです。

みょうがの効果を知っている方は、健康効果に気付いているため、たくさんの料理に使っていると思います。特に女性の方に注目してほしいのが「むくみの解消」なので、是非、一度みょうがを使ったレシピを試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

天ぷら 和食 まとめ

初夏に旬を迎える「みょうが」。冷奴や麺類の薬味としてだけ使っていませんか?そこで今回は、おかずやおつまみにおすすめしたい、人気のみょうがレシピをご紹介します。初めてみょうがを買う方向けに、基本の切り方や食べ方…

レシピ

薬味にピッタリのみょうが。たくさん貰ったとき、どのように保存すればよいのでしょうか?ここでは、みょうがの保存方法や保存期間を詳しく解説します。おいしい活用レシピも併せてご紹介しますので、試してみてくださいね。

夏野菜 鶏肉料理 鶏肉 おつまみ

おせちに入っているイメージが強い松風焼き。今回は、鶏ひき肉を使ったレシピをご紹介します。しそやみょうがを入れると、夏にぴったりなひと品に!夏バテで食欲のない時でもオススメです。爽やかな口当たりで、冷酒や焼酎に…

おつまみ

ぴりりとした独特の辛味が美味しいみょうが。薬味として大活躍ですが、どうしても余りがちですよね。今回はそんなみょうがと、ご家庭にある調味料だけで作れる簡単おつまみレシピのご紹介。みょうがの辛味と味噌の甘みがお酒…

ハロウィン パンケーキ レシピ

ここ数年でどんどん盛り上がりを見せているハロウィン。今年、ハロウィン用のお菓子を手作りするなら、見た目にインパクトのある「黒いパンケーキ」はいかが?そこで今回は、見た目にインパクトのある「黒いパンケーキ」作り…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲が減る色といえば青。青色の食べ物の画像を見れば、自然と食欲が減っていくんだとか。食欲をどうしても抑えられないという方には、朗報ですよね!青い食べ物をまとめたので、ダイエット中の方はぜひ参考にしてみてくださ…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る