ローディング中

Loading...

みなさんはたらこと明太子の違い、わかりますか?ふたつをポンと出されたら、どちらがたらこで明太子か自信をもって断言できる人は少ないかと思います。そこで今回はそんな似ている2つの食材のどこがどう違うのか、あなたが2度と間違えないようご紹介!

たらこと明太子の違い知ってる?

プチプチとした食感がたまらないたらこ。たらこはおにぎりやお弁当に使われることの多い、どなたにとっても身近といえる食材ですね。そしてもうひとつ、ピリッとした辛味がクセになる明太子も、たらこと同様に食べる機会は少なくないかと思います。

ところで、みなさんはこの「たらこ」と「明太子」の違いは何なのか、ご存じですか?たらこは、タラの卵巣=タラの子を塩漬けにして加工したものを指します。一方明太子は、スケトウダラを唐辛子で漬けて加工したもの。ふたつは同じスケソウダラを加工してつくられている食品ではありますが、そこには歴とした違いがあるので覚えておきましょうね。

たらことは

北海道を中心に生産されているたらこ。そのプチッとした食感はご飯やパスタとの相性もよいので、食のジャンルを問わず広く食べられています。

たらこの歴史は古く、遠藤元閑の『茶湯献立指南』 (1696年)に、「鱈の子は北国より出る名物也」という記述があることから、少なくとも江戸時代前期頃には食べられていたことが分かっているんだとか。

そして1903年頃に、北海道でスケトウダラ漁が発展したことから卵の加工が始まり、たらこの普及が一気に伸びて、たらこを食べる習慣が日本全国に広まりました。今日私たちが日々当たり前のようにたらこを食べることができているのは、こうした歴史の恩恵といえるかもしれません。

明太子とは

さて、そんな「たらこ」とよく似た食べ物に、「明太子」がありますよね。「明太子」は博多名物として知られていますが、実のところ、福岡でつくられるようになってからまだ数十年しか経っていない、歴史の浅い食べ物です。

明太子のはじまりは1948年。福岡の明太子メーカーである「ふくや」が、苦労の末に「味の明太子」を完成させたのが始まりとされています。

じゃあ辛子明太子は?

では、「明太子」の中でも一際強い辛味を感じる「辛子明太子」はどうでしょうか。

辛子明太子の歴史は、実は日本ではなく、朝鮮半島からはじまったといわれています。彼の地では古くからスケトウダラの卵を塩漬けにして食べられていたそうで、1800年代には刻んだトウガラシとともに塩漬けする方法が定着し、辛子明太子が生まれました。

その後1907年に日本人の樋口伊都羽が辛子明太子を商品化することに成功。当初は刻んだトウガラシをまぶすだけの「まぶし型」でしたが、その後、よりおいしいものを追求し、保存性も考慮した結果、漬け込み型の明太子が登場します。

この漬け込みには味を染みこませるだけではなく、乳酸発酵をともなうという効果もあるとわかり、多くの店舗がまぶし型から漬け込み型へシフトしていったそうですよ。

結局2つの違いって?

つまり、「たらこ」も「明太子」も同じスケソウダラをベースに作られており、大きな違いがあるとすれば、塩漬けなのか、唐辛子漬けなのかという点なのです。これからは「たらこ」と「明太子」の何がどう違うのかと聞かれたら、「漬け方の違いですよ」と答えてあげましょう。

ネット通販でも購入できる

さて、ここまでたらこと明太子の違いについて説明していきましたが、記事を読んでいるみなさんは今頃ごはんと一緒に食べたくて仕方がないのでは?たらこも明太子もスーパーなどで購入が可能ですが、やはり一番手っ取り早いのはネット通販です。そこで以下では、よりおいしく手軽にたらこや明太子を堪能したいあなたにおすすめのひと品をご紹介!

焼きたらこ

焼きたらこ

出典:www.amazon.co.jp

たらこ タラコ 無着色たらこ1本物 特上たらこ1kg タラコ 鱈子 たらこ

¥3292

Amazonで購入
これは内モンゴル自治区吉蘭泰(ジランタイ)の湖塩から生まれた天然塩「天外天塩」で塩漬けされたたらこです。色にバラつきがありますが、それは無着色だからこそ。粒々感のある真子と天外天塩の旨みは深く、何本食べても飽きがこないと評判なひと品ですよ。

博多中洲ふくや「味の明太子」

博多中洲ふくや「味の明太子」

出典:www.amazon.co.jp

[博多中洲ふくや] 味の明太子120g

¥1,080

Amazonで購入
日本で初めて明太子の製造を行った会社「ふくや」の定番商品。ぎっしりと粒がつまったたらこを使い、ほどよい辛さに仕上げられています。ごはんとの相性がよいのはもちろん、パスタに混ぜたり、バケットやクラッカーに乗せるディップにしたり、いろいろな食べ方を試してみたくなる逸品なのでぜひお試しあれ!

博多ふくいち「辛子明太子」

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

焼き鳥屋さんではおなじみの「ぼんじり」。お店にいけば気軽に食べられる部位ですが、実はとても希少な部分なんです。一羽にわずかしかない、ぷりぷりとした食感が人気のぼんじりの部位とはどこ?具体的な場所や名前の由来に…

ワイン

シードルとは?りんごから作られた果実酒のシードルについてご紹介します。気になる作り方や、語源、ワインとの違い、おいしい飲み方など色々な情報が満載です。シードル好きな方も、シードルを飲んだことがない方も、ぜひ参…

レシピ

日本の食卓で日常的に使用されているロースハム。ロースハムとボンレスハムの違いって何だかおわかりですか?今回は、ボンレスハムに注目し、ロースハムとの違い、おすすめの食べ方、人気レシピまで詳しくご紹介します!

炊き込みご飯

かやくご飯の意味はご存知ですか?かやくって「火薬」じゃないの?炊き込みご飯や五目ご飯、混ぜご飯と一体何が違うの?かやくご飯の由来や作り方などをご紹介します!「かやくご飯」を初めて聞いた方も馴染み深い方も、ぜひ…

明太子とツナの旨みがたっぷり詰まった「めんツナカンカン」シリーズの新商品「鱈卵屋 あけたらDeli めんツナ」が2017年9月27日(水)に発売されました!ロバート馬場さん直伝のアレンジレシピをご紹介します!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

ページTOPに戻る