「進化系餃子」がアツい!今すぐ試したいアイデアレシピ10選

最近、餃子界で注目されている「進化系餃子」。見た目にインパクトのあるものから、食べてびっくりなものまで、その種類はさまざま!今回は、進化系餃子ブームのきっかけから、思わず試したくなるレシピまでご紹介。あなたもぜひ、チャレンジしてみませんか?

2016年10月3日 更新

最近ぐいぐい来ている「進化系餃子」

外はカリッ、肉汁ジュワ~な餃子。これに、ご飯かビールがあれば、もう最高ですよね!定番な肉餃子からヘルシーな野菜餃子まで、餃子にはいろいろ種類がありますが、みなさんはどれがお好きですか?

常に進化し続けている食べ物の世界。もちろん、餃子だって例外ではありません。最近では、餃子の常識をくつがえす「進化系餃子」に注目が集まっているようですよ。今回はブームのきっかけから、試したくなるレシピまで、詳しくご紹介します。

パラダイス山元の餃子が衝撃的!

進化系餃子ブームのきっかけは、パラダイス山元さんが店主を務める「蔓餃苑(まんぎょえん)」の餃子!会員制な上に、常に予約でいっぱいというレアなお店ですが、どうやらこちらでは、革命的な餃子がいただけるようです。

こちらの衝撃的な画像はたこ壺餃子。「餃子ってなんだっけ?」となるくらいの、すごいインパクトですよね。ビジュアルは強烈ですが、味は絶品!歯を押し返すような弾力と、力強い味わいが魅力です。

このほかにも、栄養剤とエビが丸ごと入った「海鮮ゼナキング餃子」や、上にうずらの卵が鎮座している「キーマカリー餃子」など、見た目も味も常識をくつがえす餃子が豊富なようですよ。

試してみたい革命的な餃子レシピ10選

さて、現在波に乗っている「進化系餃子」ですが、はたして「餃子」なのか「餃子味のなにか」なのか、線引きが難しいところですよね。

今回は「これは!」と感じた「餃子」のレシピをまとめてみました。ぜひお家で作る参考にしてみてくださいね。

1. オーブントースターで簡単に

エビとカニカマを刻み、マヨネーズ、塩胡椒と一緒に混ぜ合わせます。餃子の皮に具材を少量のせ、両端をつまむように水でくっつけてカップにしましょう。カップがいっぱいになるまで具材を足し、トースターでこんがり焼けば完成です。

餃子といえば「フライパンで焼く」というイメージが強いですが、こちらはオーブントースターで作れるタイプの餃子です。火を使わないので、せひお子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

2. かわいく作ってパーティーへ

生餃子の両端をくっつけるように巻き、焼いておきます。トマト、玉ねぎはみじん切りにして塩をふり、レモンと大葉もカットしておきましょう。エビを電子レンジで加熱し、焼いた餃子の上に具材をトッピングすればできあがりです。

見た目がかわいく、彩り豊かな餃子はパーティーにぴったり!両端がくっつかない場合は、少し水をつけるとキレイにくっつきますよ。トッピングはお好みのものでOKです。アボカドやチーズなどをのせて、オリジナル餃子を楽しんでみてはいかがでしょうか?

3. 食べてビックリ!意外な具材で

ほうれん草をサッと茹でて、ベーコンとみじん切りにしておきます。すりおろしたにんにく、塩胡椒と混ぜ、中心にチーズを入れて餃子の皮で包みましょう。焼き色がつくまで焼けば完成です。

こちらは「ベーコン+ほうれん草」という、ちょっと変わった餃子のレシピです。具材にもともと火が通っているので、焼くときは焼き色をつけるだけで大丈夫。とろ~りとろけたチーズとベーコンの旨みたっぷりの脂が口いっぱいに広がって、箸が止まらなくなりますよ。

4. アヒージョ風もおすすめです。

生餃子を耐熱皿に並べ、ラップをかけて加熱します。野菜はすべて角切りにしておきましょう。フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れ、香りがでるまで炒めます。玉ねぎ、餃子、調味料を入れて煮込み、最後にパプリカとピーマンを加えて塩胡椒で味を整えたら、できあがりです。

ビールやご飯と合わせるのが定番の餃子ですが、たまにはワインと一緒にいかがですか?こちらのレシピはバルやイタリアンレストランで人気のメニュー「アヒージョ」がベースになっています。余ったオイルはパンにつけて食べるのが、本場流ですよ。

5. サラダにすれば野菜もたっぷり

餃子とひと口大に切ったじゃがいもを、油で揚げておきましょう。ほうれん草、レタス、トマトをよく洗い、水気をきったら食べやすい大きさにカットしておきます。野菜の上に揚げた餃子とじゃがいもを盛り付け、ドレッシングをかけたら完成です。

餃子も食べたいけど野菜も食べたい!そんなときは、サラダ感覚で食べられるこちらの進化系餃子はいかがでしょうか?カリッと揚げた餃子の香ばしさが、生野菜とよく合いますよ。かけるドレッシングは、シーザードレッシングがおすすめです。

6. 串揚げにして食べやすく

特集

SPECIAL CONTENTS