ローディング中

Loading...

イソフラボンは植物に含まれる水溶性の色素や辛味・苦味成分であるポリフェノールの一種。主に大豆に多く含まれ、女性ホルモンとよく似た働きを持つ成分です。美肌効果や骨粗鬆症の予防などに効果があるとされ、注目が集まっています。

女性ホルモンに似た働きのイソフラボン

フラボノイド(イソフラボン)は植物に含まれる水溶性の色素や辛味・苦味成分であるポリフェノールの一種。

主に大豆の胚芽部分に多く含まれ、女性ホルモンの「エストロゲン」とよく似た働きを持つ成分です。 美肌効果や骨粗鬆症の予防などに効果があるとされ、注目が集まっています。

イソフラボンに期待できる効果5つ

1.更年期障害への対策ができる

女性は閉経前後になると、エストロゲンの分泌量が急激に減少します。ホルモンのバランスが変化することで、ほてり・めまい・耳鳴り・イライラ・不安・皮膚の乾燥やかゆみなど、いわゆる「更年期症状」とよばれる身体的・精神的な不調が表れます。

エストロゲンとよく似た働きをするイソフラボンを補うことで改善が期待できます。

2.骨粗鬆症への対策ができる

骨では、骨を壊す「骨吸収」と、新しい骨を作る「骨形成」が常に行われています。 骨形成をするのは骨芽細胞で、エストロゲンがその働きを活性化させます。

しかし、閉経後にエストロゲンが激減すると、骨形成より骨吸収が上回り、骨量が低下して骨粗鬆症になりやすくなります。エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを補うことで、骨粗鬆症の予防や改善に効果が期待できると考えられています。(※1)

3.生活習慣病への対策ができる

これまでの研究で、血中の悪玉コレステロール(LDL)を低下させることが示されています。大豆製品を食事にとり入れてイソフラボンを摂ると、脂質異常症・動脈硬化などの生活習慣病への対策に役立つと考えられます。(※2)

4.乳がんへの対策ができる

イソフラボンは、体内のエストロゲンの働きに影響します。味噌汁や納豆など大豆製品の摂取量が多い日本人は、エストロゲンが関連している乳がんの発生率が世界的にみても低いのではといわれています。

特に閉経後の女性では、イソフラボン摂取量が多いほど乳がんリスクが低下したとの報告もあります。(※3)(※4)

5.美肌作りを助ける

イソフラボンには抗酸化作用があり、紫外線やストレスが与える刺激から肌を守る効果が期待できます。

また、イソフラボンはエストロゲンの働きを助け、ニキビや肌荒れを防いで美しい肌作りをサポートしてくれます。

イソフラボン摂取のポイント

イソフラボンは大豆・大豆製品に含まれ、納豆・豆腐・豆乳・きな粉・おからなどからも摂ることができます。 ただし、摂り過ぎるとほてりが発症しやすくなったり、子宮内膜症などのリスクが上がったりするとも指摘されています。

安全な摂取目安量の上限値は1日に70~75mg。そのうち、サプリメントや特定保健用食品からの摂取上限値は30mgとなっています。(※3)
それぞれの食品に含まれる大豆イソフラボン量は以下のとおりです。

納豆1パック(50g)  約35mg
豆腐1丁(300g)    約60mg
豆乳1パック(200g) 約50mg

また、しょうゆや味噌などの調味料にも含まれているので、過剰に大豆製品を食べなくとも十分イソフラボンを摂ることができます。

強いイソフラボン効果をもつエクオールとは

近年、腸内細菌によって大豆イソフラボンから「エクオール」という物質が作られることが分かってきました。エクオールはスーパーイソフラボンともいわれ、より作用が強いのが特徴です。

エクオールを産生できる腸内細菌を持つ人は、日本人では50~60%ほどで、若年者より年配者の方が多いことが報告されています。

そして、エクオールの産生には、腸内環境が関係しているともいわれています。エクオールを産生できる人は、大豆製品や野菜を十分食べる習慣や、オメガ3脂肪酸を含む青魚を食べる習慣があることが多いとの報告もあります。

イソフラボンを上手にとり入れるなら、大豆製品ばかりを食べるのではなく、バランスが良い食事をとるようにしてみてくださいね。腸内環境を整えることも大切です。
提供元:

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

誰かと会話をしている中で、とどのつまりという言葉を使うことはありますか?あまり良いイメージで使われる言葉ではないようですが、どのような意味を持っているのでしょうか?意味と語源について詳しく調べてみました。

スイーツ

レシピにときどき登場するコーンスターチとは、そもそもなに?片栗粉との違いや代用の方法ってご存じですか?今回は、コーンスターチについて徹底的に解説します。コーンスターチを使ったレシピも併せてご紹介するので、参考…

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

macaroni_repro

提携メディアの記事を配信するアカウントです。美容系のコラムや百貨店...

ページTOPに戻る