ふわふわかわいい!今年のハロウィンは「おばけパン」で盛り上げて♩

パン屋さんやハロウィンビュッフェなどで見かける「おばけパン」。いたずらっぽい表情がかわいくて、Instagramなどでも人気です。パン作りが好きなら、おうちでもお試しください!今回は本格的なレシピや簡単にできるデコアイデアをご紹介します!

2018年12月3日 更新

親子でハロウィンを楽しみたい!

いよいよ本格的なハロウィンシーズン。街はすっかり、ハロウィンムードになってきましたね。ハロウィングッズやハロウィンモチーフのお菓子などを、あちこちで目にします。

おうちでも、ハロウィンデザインのナプキンやコースター、ピックなどを上手に取り入れて、食事をかわいくアレンジする人が多いようです。Instagramには、ハロウィン仕様のすてきなテーブルコーディネートや、おいしそうな料理がアップされています。

おばけパンでワクワク!

ハロウィンに先がけて、ちょっぴり怖くて愛らしい、おばけの姿をしたパンが流行中。パン生地をおばけの形に成形して、オーブンで焼いた本格的なものから、市販のパンにおばけの顔をつけたもの、トーストにチョコペンなどでおばけの顔を描いたものなど、さまざまなおばけパンがあるんですよ。

おばけパンの作り方

1. ホームベーカリーを使って、パン生地を作ります。ホームベーカリーがない場合は、手でこねてもOKです。強力粉、砂糖、塩、牛乳、無塩バターとドライイーストをセットして、生地コースのボタンをオン。

2. その間に、フィリングを作りましょう。薄力粉、砂糖、スキムミルクを泡だて器でよく混ぜ、耐熱容器に入れレンジにかけます。一度取り出して、牛乳を少しずつ混ぜながら入れたら、再びレンジへ。ときどきかき混ぜながら加熱すると、ダマにならずにすみます。

3. フィリングにオレオを細かく割り入れ、バターを加えてラップに包みます。

4. 一次発酵が終わったら、分割してベンチチムを取り、フィリングを包みましょう。それからはおばけの形に仕上げます。手の部分は長細く丸めた生地を、水をつけてくっつけて二次発酵させます。

5. 二次発酵が終わったら、いよいよオーブンへ。140℃で15分です。パンが冷めたら「小さなマリーチョコビスケット」の上にマカダミアチョコレートをつけたシルクハットをかぶせて完成です。

おばけパンアイデア10選

1. まっくろおばけパン

イカスミでまっくろに仕上げたおばけパンです。中にはかぼちゃが入っています。なんともいえない表情をしていますね。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう