超貴重!搾った当日に届く日本酒ヌーボー「酒々井の夜明け」を限定販売!

搾りたての日本酒を飲んだことありますか?蔵元見学などをしない限り、滅多にないのでは。でも、千葉県で特別に造られる純米大吟醸「酒々井の夜明け」は、絞ったばかりの生酒を当日中にお届け!今年初物の入手困難なプレミアム酒をぜひ味わってみませんか?

2016年10月3日 更新

純米大吟醸「酒々井の夜明け」が搾った当日に届く!

日本酒は、お祝いの席や特別なイベントなどに欠かせないお酒ですよね。和食との相性は抜群で、人気居酒屋や料亭などでは、貴重な銘柄をウリにしてアピールしてるお店も少なくありません。

日本酒の知名度が上がり、銘柄はもちろん、どんな蔵元で造られているか、醸造の仕方などにも注目が集まっています。

今回ご紹介するのは、千葉にある蔵元「飯沼本家」が造る、純米大吟醸酒「酒々井の夜明け」。今季特別に仕込んで限定販売されるお酒なんです。通常、なかなか購入することができないプレミアムなお酒なんですよ。その秘密をたっぷりご紹介します。

11月解禁!「日本酒ヌーボー」プロジェクト

日本酒ヌーボーという言葉を聞いたことありますか?よく皆さんが耳にするのは、ボジョレーヌーボーの方かと思います。毎年11月の第3木曜日に解禁日として指定され、フランスのボジョレーで収穫したぶどうの新酒を楽しむイベントですよね。作柄をチェックしたり、収穫に感謝してお祝いします。

日本酒ヌーボーも同様、収穫したてのお米から造り、シーズン最初の日本酒としてお祝いします。このプロジェクトを立ち上げたのは、株式会社アンカーマン。秋口に始まる酒造りで初物の純米大吟醸を”どこよりも誰よりも早く、新鮮なしぼりたてでお届けする”サービスをスタートしました。

絞りたてのフレッシュな日本酒は、香りや味、そして入手困難という理由から、大切な人と贅沢な時間を過ごすのに用意したいお酒です。ぜひ、今年は純米大吟醸「酒々井の夜明け」で、乾杯してみませんか?

「酒々井の夜明け」の特徴

1. 酒々井の清らかな水で造るお米

お米は、千葉県内のみで生産される独自品種「ふさこがね」を使用しています。色白で艶があり、もっちりとした粘りがあると、取り扱いのある米穀小売店や料理人からも高い評価を得ています。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

myan3

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう