すきま埋めにもぴったり!「どんぐりウインナー」でお弁当に秋の装いを♩

どんぐりの形をしたウインナー、見たことありますか?秋らしい色合いで、お弁当にいれるだけでおしゃれ感がアップします。どうやって作るのか、どんなバリエがあるのか、ここでまとめてご紹介しますね。話題のミイラウインナーもありますよ。

お弁当に便利なウインナー

お弁当のすき間を埋めたり、かわいく盛り付けたりするのに便利なウインナー。たこさんウインナーや、カニさんウインナーなど、キャラ弁にしようと思わなくても、簡単にキュートな形が作れますよね。

ウインナーの飾り切りは、驚くほど種類豊富です。最近SNSで流行っているのは、ぐるぐる巻きにされた「ミイラウインナー」や、大輪の花を咲かせた「ひまわり」、宇宙人のような姿の「ソーセー人」や、赤ウインナーで作る「モンスターボール」など。見ているだけでも、思わず感心してしまう作品がたくさん投稿されていますよ。

「どんぐりウインナー」って?

秋の気配を感じられるこの時期に、Instagramやレシピサイトで特に人気を集めているのが「どんぐりウインナー」です。どんぐりウインナーというのは、小さくカットしたウインナーに、チーズやしめじ、色違いのウインナーの端をかぶせて、昆布や揚げパスタ、プリッツなどで留めたものです。

かぶせる帽子や頭にさす軸の、色や質感によっていろいろと印象の違いを楽しめます。ウインナーに帽子をかぶせて留めるだけなので、キャラ弁作りが苦手な人でも簡単に作れるんですよ。

「どんぐりウインナー」の作り方

加熱したしめじの傘の部分、ウインナー、パスタを用意します。カットしたウインナーの両端の部分に、しめじの傘をかぶせて帽子(はかま)に。軸になるように、縦にパスタを刺せば完成です。

パスタの代わりに楊枝やピックでもOKです。どんぐりウインナーのイメージに合わせて、使い分けてください。また、帽子はほかの食材でも代用できます。どんなもので代用できるのか、いまからご紹介しますね。

どんぐりウインナーアレンジレシピ

1. うずらの卵でどんぐりウインナー

こちらの方は、どんぐりの頭を半分に切ったうずらの卵で見立てています。しめじを使った作り方と容量は一緒で、半分に切ったうずらの卵をウインナーの上にのせて爪楊枝を縦に差し込むだけ!黒ごまで目をつければとってもキュートに♩

2. トマト頭のどんぐりウインナー

ハートの卵焼きの上には、赤いトマトがキュートなどんぐりウインナーがコロコロ。クレヨンで描いたような、カラフルなどんぐりウインナーですね。愛情が伝わってくる、暖かみのあるお弁当に仕上がっています。

3. シイタケ頭のどんぐりウインナー

赤ウインナーとふつうのウインナーを並べると、カラフルでおしゃれに映えますね。よく袋に詰められて売っている、あのひと口大の小さなしいたけがあれば、それも帽子にできますよ。しめじよりも濃い焦げ茶色で、存在感がアップ。

4. ミートボール頭のどんぐりウインナー

ポークビッツやミートボールを組み合わせても、かわいいどんぐりウインナーが作れます。子どもが大好きなものばかりで、きっと大喜びですね。

5. ちくわ頭のどんぐりウインナー

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう