ふわっふわでボリューミー♩「ご飯バーグ」は財布に優しい満足レシピ

「ご飯バーグ」は、ご飯とハンバーグの絶妙な組み合わせ。といっても、ハンバーグをおかずにご飯を食べるという意味ではないんです。お肉の旨味を引き出し、よりジューシーふっくらなハンバーグを作る「ご飯バーグ」って知っていますか?

みんな大好きハンバーグ

ひき肉とみじん切りにした玉ねぎなどを入れて作るハンバーグは、柔らかくフワッとした食感と、お箸でも簡単に切って食べられる定番人気メニューの一つですよね。
離乳食や咀嚼が難しいお年寄りにも食べやすく、またソースを変えれば和洋色々なアレンジにして食べられます。
実は、ハンバーグのタネにご飯を入れて作る「ご飯バーグ」が、美味しいと評判を呼んでいるのを知っていましたか?「ご飯バーグ」の魅力に迫ってみました!

ZIP! で紹介「ご飯バーグ」

日本テレビ系列、朝の情報番組「ZIP!」でも、“きいワード”で取り上げられた「ご飯バーグ」。
つなぎにご飯を使ったハンバーグのことでパン粉も卵も使わず、ただご飯を入れただけなのに、ふわっふわでジューシーなハンバーグができるそうです。
しかも、ご飯にボリューム感があるので、その分お肉の量が減り、それでいてガッツリ大満足の食べ応え!節約メニューとしても優等生とのことで、試してみたくなりますよね。

ご飯バーグの作り方

ご飯はお茶碗に半分強、少し厚めの丈夫な袋などに入れてよく潰しましょう。ラップやクッキングシートをかぶせて、上からヘラなどで押しても潰しやすいようですよ。よく潰れたら、あらかじめ炒めて味付けしたひき肉やみじん切りにした玉ねぎと合わせ、粘りが出るまでよく捏ねます。
普通のハンバーグと同様に、手で成形し、油を入れて温めたフライパンで焼きます。適度な焦げ目がついたら裏返し、ふたをして蒸し焼きにしましょう。火が通ったら、ふっくらやわらかジューシー「ご飯バーグ」のできあがりです!

ご飯バーグのアイデアレシピ

ご飯バーグも普通のハンバーグ同様、お好みでアレンジが自由自在。ご家庭の味に近づけたり、さまざまなオリジナルレシピを試してみれば、料理の楽しさがぐっと広がります。これからご紹介する素敵なアイデアを参考にしてみてくださいね。

1. チーズ入りご飯バーグ

中にチーズを入れたとろける食感がクセになりそうなご飯バーグ。タネを作って両面焼いたら、水とワイン、お酒で煮詰めたソースに、ウスターソースとケチャップで味付けします。赤ワインにとってもよく合いそうなメニューですね。

2. カレーソースのご飯バーグ

こちらは、お米を炊く際、すりおろした人参を加えて作る栄養満点のご飯を使用!肉ダネに混ぜ込みフライパンで両面焼いて、味付けのソースはカレールーを使ってカレー味に!食欲が進みそうなひと品ですね。トッピングのチーズとハート型のカラーピーマンがとってもキュート!

3. 蓮根入りもっちりご飯バーグ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

はるごもり

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう