自然解凍する

比較的時間がある場合は、自然解凍がおすすめです。前日の晩に冷凍庫から冷蔵庫に移しておくだけで、調理時にサッと使うことができます。

解凍後に油抜きができるのはもちろん、冷凍前に味付けをした場合も、食感や風味が変わらないのがいいですね。

油抜きをしながら同時に解凍する

冷凍保存時に油抜きをしなかった場合、メニューによっては調理時に油抜きをする必要があります。その場合は、冷凍庫から油揚げを取り出し熱湯をかけるだけでOKです。

同時に解凍もできてすぐに調理を始められるため、時間がないときにおすすめですよ。自然解凍と同様、食感や風味が損なわれる心配はありません。

凍ったまま調理して解凍する

みそ汁や煮物など、凍ったままの状態で調理することで、同時に解凍してしまう方法もあります。葉物野菜といった火の通りが早い食材と同時に加熱すると、油揚げが解凍された頃には葉物野菜がクタクタになっている可能性が。ある程度油揚げが解凍できたタイミングで葉物野菜を鍋に投入するといいでしょう。

根菜類のように火が通りにくい食材の場合は、同時に加熱することをおすすめします。

油揚げを使うおすすめレシピ8選

1. 愛情たっぷり!いなりずし

Photo by macaroni

調理時間:50分

油揚げを使う定番料理といえば、いなり寿司を思い出す方も少なくないはず。煮汁がよく染み込んだ油揚げがたまらない、基本のいなり寿司です。味付けいなりをいちから愛情いっぱい手作りに。運動会や遠足のお弁当など、特別な日に作るのもいいですね。

2. ジューシー。小松菜と油揚げのおひたし巻き

Photo by macaroni

調理時間:20分

下ゆでした小松菜と、電子レンジで加熱したにんじんを、油揚げでくるくる巻くおひたし巻きのレシピです。だし汁を、具材を巻いて作る油揚げの上から注ぐだけなので、型崩れすることがありません。あっさりしていて、箸休めとしても最適です。

3. 甘辛。くるくる油揚げつくね

Photo by macaroni

調理時間:25分

油揚げで作る甘辛いつくね串は、おいしいのはもちろんのこと、見た目もかわいいですよ。油揚げに鶏つくねのたねを広げてくるくる巻くと、お弁当に入れても映えるひと品に。卵黄を絡めれば、こっくり濃厚でお酒の肴としても最適ですよ。晩酌のお供にいかがでしょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ