ローディング中

Loading...

今海外で枝豆がブームになっています。ヘルシーな日本食の中でも、手軽でおいしいとしてEDAMAMEは多くの人に食べられています。ではなぜ枝豆はブームなのでしょうか?枝豆がそのまま「EDAMAME」と呼ばれるようになった理由は何なのでしょうか。

世界的に人気の枝豆

日本人にとっては子どもの頃からよく口にする枝豆。お酒のおつまみとしてはもちろん、お料理にもよく使われますよね。ほくほくとした食感と、ほどよい塩気はついつい手が止まらなくなり、気が付けばたくさん食べていたなんてこともよくあるのではないでしょうか。

そんな枝豆ですが、実は数年前から海外で爆発的に大人気になっているのをご存じでしょうか?2000年頃からじわじわと枝豆の人気は年々高まり、最近ではその人気は寿司に迫るほどなのだとか。

茹でるだけで食べられる手軽さとヘルシーさで人気に火が付いた枝豆。日本人にとって身近な枝豆が、海外ではどのような存在なのか、一緒に見てみましょう!

枝豆は英語で「EDAMAME」?

海外のレストランで枝豆をオーダーするときは、どのように言えばいいのでしょうか?答えは日本語と同じ、「EDAMAME」でいいのです

「枝豆」という言葉がそのまま海外でも使われているということは、枝豆が「寿司」や「天ぷら」と同様に、日本食として海外でも認知されている証拠です。

海外の日本食レストランでは、枝豆は「前菜」として食されることが多いそう。日本の居酒屋で、まずはビールと一緒に枝豆を注文するのと同じような感覚なのだそうです。

食べ方はさやのまま茹でて塩を振って食べる、というベーシックなものがほとんど。茹でるだけで簡単にできておいしい枝豆は、これまでの「日本食は手が込んでいて作るのが大変」というイメージを変えてくれたのだとか。その手軽さは、海外の食文化にも取り入れられやすい存在だったんですね。

本来は「GREEN SOYBEANS」

もともと、海外では「グリーンソイビーンズ(GREEN SOYBEANS)」と呼ばれていた枝豆。直訳すると、「緑の大豆」です。

つまり、海外では枝豆としてではなく、飽くまで熟す前の大豆という認識だったことがうかがえます。それがいつしか、お店に並ぶパッケージには「EDAMAME」と表記されるまでになりました。

海外でも以前からグリーンソイビーンズとして販売されていた枝豆ですが、メインになることが少なく、さほど注目されていませんでした。

グリーンソイビーンズが「EDAMAME」として呼ばれるようになった理由のひとつに、海外セレブが健康食として「EDAMAME」を取り入れていることをSNSなどで発信して広まったことがあるようです。

そもそも日本食はヘルシーというイメージが強いので、グリーンソイビーンズではなく「EDAMAME」と呼ぶことで日本食であるというイメージが紐づき、よりヘルシーだという印象が強くなったのですね。

海外における枝豆ブーム

EDAMAMEの海外での流行は日本食レストランなどで食べた人々がそのおいしさやヘルシーさに気づき、年月をかけてじわじわと人気が上がったのだとか。

そして、それを海外セレブがSNSなどで発信して注目度が上がりブームになっていきました。やはり、ここ最近の流行の発信源はSNSなのですね。

海外で枝豆が流行っている背景には、主にアメリカでの健康志向ブームがあります。特にアッパークラスの方々は、何に付けてもヘルシーであることを好むので枝豆はそういった層の人々にぴったり!また、ベジタリアンの方にもその栄養価の高さから大人気になっているのだそうです。

「EDAMAME」はもはや王道の日本食?

最近では、海外のインターネットで検索された和食のキーワードランキング(2013年1月から11月)で、「EDAMAME」はなんと2位にまで上り詰めているのだそうですよ。

ちなみに、1位は寿司なのですが、3位がラーメン、4位 刺身、5位 天ぷらという結果に。ラーメンや刺身という昔からのランキングの常連を抑えて枝豆が堂々の2位という結果は、まさにブームがきていると言えるでしょうね。

現地では、手軽さやヘルシーさだけでなく、食べたらクセになりやめられなくなる味や、さやから飛び出る豆を食べる楽しさもブームの理由と言われているそうです。確かに、シンプルな塩味ではありますが、なぜだか枝豆は食べだすと止まらなくなりますよね。

海外で人気のヘルシーグルメ

海外ではヘルシーの代名詞とも言える日本食。枝豆以外では、どのようなものが人気なのでしょうか?

私たち日本人にとっては身近で当たり前の存在でも、海外では珍しいグルメとして新たな側面が人気になることもあります。

ここでは今海外で人気のヘルシーグルメをご紹介したいと思います。

ゼンパスタ

ゼンパスタのゼンは漢字で書くと「禅」が由来です。その正体はしらたきで、乾燥した状態で売られています。

しらたきはダイエット食材として、イタリアやフランスを中心に大きなブームとなっています。日本ではパスタの他にも肉じゃがや肉豆腐、お鍋の具材などとして食べるしらたきですが、海外では基本的にパスタの代用品として食べられているそうですよ。

高カロリーな炭水化物のパスタを低カロリーでヘルシーなこんにゃくに置き換えることで、摂取カロリーを減らすということですね。満足感も得られるのでダイエットにぴったりです。

羅漢果

これは「ラカンカ」と読み、別名モンクフルーツとも呼ばれています。今や世界中がスーパーフードブームとなっていますが、海外ではこのラカンカもスーパーフードのひとつとして注目を集めています。

香ばしくさわやかな甘味があり、黒砂糖に似て少し独特な味がするのが特徴です。もちろんそのまま飲んでもよいのですが、コーヒーに入れたり、煮物、お菓子など、お砂糖代わりに使うこともできるのだそうです。

ラカンカは抗酸化力が強く、ミネラル分も豊富なのでのどの炎症を治す効果も期待できるそうですよ。抗酸化力が高いということでアンチエイジング効果も期待でき、女性にはうれしいフルーツですね。

シーウィード

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

親指1本で瞬間技!北海道民流「とうもろこしの食べ方」にTwitter騒然

とうもろこし 北海道

ふだん、とうもろこしをどうやって食べていますか?実は今Twitterで、北海道ではよく知られているというとうもろこしの食べ方が大きな話題になっているんです。特徴は、とにかくきれいな食べ終わり!その方法を、詳し…

湿気っても捨てないで!「ごろっと枝豆の柿の種チーズボール」で新食感に出会った♩

チーズ おつまみ

今回は、湿気った「柿の種」がおいしく食べられる救済レシピをご紹介!夏が旬の枝豆を入れて、食べやすいチーズボールにしました。湿気った柿の種でもちょっとアレンジするだけで、新たな食感に出会えます♩火を使わない簡単…

食べすぎ注意!「リッツチョコサンド」の甘じょっぱさは不安になるほどクセになる

お菓子 おつまみ

以前SNSで話題になったリッツでチョコをサンドするアレンジを、「リッツチョコサンド」としてモンデリーズ・ジャパンが商品化!あの甘じょっぱくてクセになる味わいをどう仕上げたのか、実食レビューでご紹介します!

スタバの幻再び!メキシコ発「マーメイドフラペ」がいろんな意味で幻想的…!

おしゃれ

幻想的で美しい「マーメイドフラペチーノ」がメキシコのスタバで発売しました!前回のユニコーンと同じく5日間限定との販売とのことですが、一体どんなドリンクに仕上がっているのでしょうか?SNSでの評判や味、日本での…

材料3つでふわトロ♩余ったジャムを絶品アイスに大変身させるレシピ!

ジャム おやつ レシピ

余ったジャム、いつもどうやって消費していますか?ツイッターでは、3つの材料で作る「ジャムアイス」のレシピが話題になっているようですよ。ほんとうにおいしく消費できるのか、気になるレシピや作り方、アレンジまで実食…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

本当にあった世界の信じられない自動販売機『10選』

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

あの痩せた芸能人がやっていた「ダイエット法」まとめ♡

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

美味しいランチや誕生日祝いに!東京おしゃれカフェ24選

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。これで行きたいお店が見つかるはずです!

花見やハイキングの強い味方!使い捨てだけどかわいい食器『3』選

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

世界の肉料理とマリアージュ!コク深い「キリン 生茶」で繊細な味わい引き立つ♩

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

記事広告

今年は「もずく鍋」がトレンド⁉︎「魚屋の鍋つゆ」なら魚のエキスパート絶賛の味に♩

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

ページTOPに戻る