ローディング中

Loading...

みなさんは塩で行う歯磨きを知っていますか?歯磨き粉を使う以外にも、歯を磨く際に利用できるものがあるというのには驚きです。今回は、塩で歯磨きを行うメリットと注意点、その方法をご紹介します。正しいやり方を学んでぜひ試してみてくださいね。

塩を使った歯磨きとは

塩で歯を磨く方法があるという話を聞いたことはありませんか?塩は歯や歯茎にいいといわれていて、塩を使って歯磨きを行うだけではなく、マッサージやうがいをしている人もいるそうです。

では塩を使った歯磨きはどのような効果を得られるのでしょうか?

塩で歯磨き。どんな効果があるの?

歯茎の引き締め

口臭を発生させる大きな原因のひとつとして、歯周病があげられます。歯周病とは、歯を支える歯周組織の炎症によって引き起こされる病気のことです。

歯と歯茎の境目に歯周ポケットと呼ばれる溝ができて、さらに細菌がその中で増殖を繰り返し病気が進行していきます。

塩には収斂(しゅうれん)作用という、水分を吸収して組織や血管を縮める効果があり、歯茎を引き締めて歯周病などでできてしまった隙間をなくしてくれるのです。

歯茎のマッサージ効果

塩の歯磨きは歯茎のマッサージ効果もあるとされています。

塩が歯茎をマッサージしてくれ、血の流れが良くなるんです。

歯茎はマッサージしたほうがいいと聞いたことがある人もいると思いますが、塩の歯磨きによりその効果も得られるとされているのは嬉しいですね。

唾液の分泌を促す

唾液には口の中を洗浄する作用、抗菌作用、保護する作用、消化を促す作用などさまざまな効果があります。

塩には唾液の分泌を促す働きがあり、分泌量が増えるほど高い効果を期待できます。

ですが、あまり多くの塩で磨いてしまうと浸透圧の作用で、頬の粘膜を痛めてしまう原因にもなりかねません。塩の量はあまり欲張らず、少量で塩歯磨きをするようにしましょう。

化学成分を摂取しなくてすむ

みなさんは現在使っている歯磨き粉の裏面の成分表を確認してみたことはありますか?ラウリル硫酸ナトリウムという合成界面活性剤など、歯磨き粉には多くの化学成分が含まれているのです。

ちなみに、ラウリル硫酸ナトリウムは、発泡剤の成分として入っています。

このラウリル硫酸ナトリウムは、シャンプーやボディーソープなどにも含まれていますが、皮膚や目などに炎症を起こすことがあるのです。

口の中の粘膜は皮膚に比べて13倍の吸収力があるとされていて、実際この成分は口内炎を引き起こす原因になるともいわれています。

その点塩歯磨きは化学成分が含まれていないので、悪影響の心配をすることなく歯磨きができます。

塩なので誤って飲み込んでしまった場合でも体に害はありませんね。

塩歯磨きで歯が白くなるってほんと?

塩歯磨きをすると歯が白くなるという話がありますが、本当のところはどうなのでしょう。

実際は、塩で歯磨きをしても研磨歯磨きのように歯のしつこい黄ばみ汚れを落とすことはできないそうです。

歯磨きは、歯の表面についた汚れを一時的に落とすだけなので、歯本来の白さを取り戻すことはできません。

歯医者さんでホワイトニングの施術を受けるか、セラミックを使った審美治療を検討するのがよいでしょう。

少量の塩分で行うように

塩で歯磨きをすると余分な塩分を摂取にすることになるので、高血圧などでの持病を抱えている方にはおすすめできません。

塩歯磨きを行う場合は、一度に大量の塩を使わないよう心がけることが大切です。

塩歯磨きのやり方

1、まずブラシヘッドを塩が付きやすくなるよう水でたっぷりと濡らします。

2、塩の入った容器に先ほど濡らしたブラシヘッドを入れ、適量を付けてください。

3、塩の馴染みをよくするために、口の中に水を少し含んで湿らせます。

4、あとは歯ブラシで磨くだけ!

ブラッシングの方法としては、歯と歯茎の境目に45度の角度で、1〜2本の歯を軽い力で小刻みに磨きます。回数は1か所につき20回が目安です。歯周ポケットに毛先が入ることを意識して磨きましょう。

塩で効果的な歯磨きをするコツ

歯茎に炎症があるときは避ける

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

意外と知らない「グラノーラ」「オートミール」「ミューズリー」の違いまとめ

流通経済研究所の調査によると、3月17~23日のパン・シリアル類売り上げランキングに、シリアルとしては初めてカルビーの「フルグラ」が7位にランクイン。2010年、目黒のシリアル専門店「GMT(グッド・モーニン…

低カロリーすぎるお肉「オーストリッチ」! 食べないワケにはいかない3つの理由

「オーストリッチ」というお肉をご存知だろうか? なんでもダチョウ肉のことを指すようで、低カロリー、低コレステロール、高タンパクという栄養価に優れた肉なのだという!! しかも、その味は牛肉に近く、クセも全くナシ…

牛乳梅酒おいしいよ♡まろやかほっこり、美と健康に・:*:・(*´∀`*)・:*:・レシピ付き

梅酒はミネラル、ビタミン豊富な飲みもの。それを牛乳で割ったら、おいしさも健康効果もグンとアップ! 

スポーツ後の炭酸飲料NGは迷信?炭酸飲料が身体に与える『いい影響』『悪い影響』

夏になると、爽やかなサイダーなどの炭酸飲料を飲みたい気分になります。しかし炭酸飲料は身体に悪いとか、飲むと太るとか、骨が溶けるとか、マイナスな情報が次々に聞かされます。炭酸飲料を飲む事がそんなに身体に悪いんで…

キムチとチーズで作る簡単レシピ集!旨さ爆発!発酵パワーの腸活で美容と健康に良し♡

キムチとチーズ……アクの強い発酵2大スターで作る簡単レシピをご紹介! 香りだけでもスタミナつきそうよ〜(๑╹ڡ╹๑) ♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

早朝から行列!善光寺の食べ歩きグルメ「鯉焼き」が彫刻級の美しさ♩

長野の善光寺といえば参拝だけではなく、食べ歩きも楽しみのひとつですよね。善光寺周辺にはおいしいお店が並んでいますが、注目されているのが鯛焼きならぬ「鯉焼き」。善光寺へ出かけた際には、売切れ必須の鯉焼きを食べま…

ゴーヤの苦味が気になる!上手な取り方【レンジ・塩・酢】徹底ガイド

ゴーヤの独特な苦味が苦手という方もいらっしゃいますよね?体によい栄養素がいっぱいのゴーヤの苦味を和らげる方法はない?今回は簡単にゴーヤの苦味を和らげられる方法をたくさんご紹介します。食べやすくなったゴーヤを食…

カットだけで大変身!「ウインナーこいのぼり」でこどもの日をプチお祝い♩

ウインナーの飾り切りといえば、タコやカニが一般的ですよね。でも、年に一度のこどもの日にはお子様の成長を願って「ウインナーこいのぼり」を作ってみませんか?作り方はとっても簡単。いつものお弁当が一気にお祝いムード…

ページTOPに戻る