連載

皮ごと食べて体の中から美しく!ぶどうの栄養とおしゃれレシピをご紹介

晩夏から秋にかけてさまざまな品種が出回る旬のぶどう。ポリフェノールをはじめ、毎日の美容と健康にうれしい栄養がギュッと詰まったぶどうは皮ごと食べるのがおすすめ!今回は、そんなぶどうの栄養とおしゃれで簡単なレシピをご紹介します!

2016年12月2日 更新

ぶどうがおいしい秋が来た!

Photo by Ayako Kunishio

さまざまな食材が実りの時期を迎える「食欲の秋」。「ぶどう」もこの時期、とってもおいしく頂ける食材のひとつです! ぶどうの主な生産地は、東は山梨県・長野県・山形県、西は岡山県。スーパーや八百屋さんで並べられた色とりどりのぶどうを見ると、全部買い占めたくなりますよね。現在、日本で流通している主な品種だけでもざっと15種類以上もあるんです。 ワインの原材料として生産されているものも含めると、数え切れないくらい実に多くの品種があります。品種によって出荷時期に多少のズレはあますが、大体旬は8月から10月頃にかけて。最近は種なしタイプや皮ごと食べられる品種も多く、小さなお子さまからお年寄りの方まで安心して手軽に食べられるものが増えました。

おいしいぶどうの選び方と保存方法

Photo by Ayako Kunishio

旬のぶどうを最高においしくいただくために、見るべき5個の選別ポイントをお教えします。スーパーや八百屋さんで買うとき下記の項目を参考に選べば、きっとおいしいぶどうに出会えるはず!

選び方

・軸がしっかりしている ・皮がつややかでハリがある ・全体的がむらなく色づいている ・果皮が白い粉(ブルーム)に覆われている ・茎から実が外れていない

保存方法

ぶどうを購入したら、洗わずにそのままキッチンペーパーで覆ってからポリ袋に入れ、野菜室で保存します。ぶどうは、長い間保存すると本来の甘みが抜けて味が落ちてしまうので、数日以内に食べきるのが理想です。

ポリフェノールで生活習慣病予防

なんと言っても、ぶどうの魅力は「ポリフェノール」の多さ。特に注目したいのが、紫色のぶどうに多く含まれている「レスベラトロール」と言う栄養素。このレスベラトロールはポリフェノールの一種で、ぶどう独特の渋みのもとになっている成分です。老化の原因となる活性酸素の働きを抑える「抗酸化力」にすぐれているほか、生活習慣病予防やアンチエイジングの強い味方なんですよ。 ポリフェノールは皮や種に多く含まれているので、むだなく摂るためには丸ごと食べられるタイプがおすすめ。皮を食べられない品種の場合は、皮を除いて実を食べたあと、皮を包丁やフードプロセッサーで細かく刻んでから、スムージーやお料理のソースの材料として使うといいですよ!

体が喜ぶぶどうの栄養って?

Photo by Ayako Kunishio

1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS