3. 多肉とモスの組み合わせのかわいさは最強!

こちらはクッキーではなく、カップケーキですが、土台のモスが美しいです。実際の多肉寄せ植えでも、モスとの組み合わせは、見た目のバランスがいいですよね。淡い色合いとカップケーキの高さある陰影が、苔玉のようにステキです。少し色あせたアンティーク感は、返って現実ではうまくは出せない大事な演出かもしれませんね。

4. 多肉クッキーとカップケーキの贈り物

多肉クッキーと多肉カップケーキをこれでもかと詰め合わせ。こんな豪華なプレセントを貰ったら、嬉しいですよね。土の色も多肉の種類もバラエティに富んでいて、喜ばれること請け合いです。ロイヤルアイシングで作ったクッキーは水分が抜けると固くなりますので、食べるだけでなく観賞用にも最適です。少しだけいただいて、あとは湿気の少ない場所に長く飾っておくのもいいですね。いつまでも心にとめておきたい何かの記念のプレゼントにいかがでしょうか?

5. プレゼントにはミニカップで

プレゼントやおすそ分けのときに、崩れてしまわないかと心配になることもありますよね。持ち運びをする前提なら、小さめのカップでコンパクトに作るのがおすすめ。小さい植物が寄せ植えされている姿は、ミニチュアみたいで可愛らしさ抜群です。

6. レンガの花壇の「多肉クッキー」

レンガ花壇を見事に演出した鮮やかな多肉クッキー。ずっと鑑賞したくなるデザインですよね。さまざまな種類の多肉植物と、敷き詰められた白い石、細かい描写にうっとりします。

7. デザインタイルのような「多肉クッキー」

アイシングの技術を活かして、平面を立体的にアート。透明感のあるデザインは、ひとつひとつがまるでテラリウム。デザインタイルのように、ただ並べたただけでも絵になりますね。

8. 「多肉クッキー」のインテリア

ボードに、たくさんの多肉クッキーをかわいく配置して、そのまま壁にかざっちゃうのもあり?リースにしてもかわいいですし、ほかのアイシングフラワーやレースなどの布類、100均などで手に入るインテリア素材などを一緒に飾ってもいいですよね。どこかに本物を混ぜても、分からない勢いです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS