捨てるなんてもったいない!「ツナ缶」を使ったリメイクがかわいいと話題

普段捨ててしまう「ツナ缶」。しかしツナ缶をリメイクして、かわいい小物入れやインテリアにするのが、いまSNSで人気なんです。今回はそんなツナ缶リメイクについて、詳しくご紹介します。特別な材料も必要ないので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ツナの缶がおしゃれに変身⁉︎

大好きな人も多いツナ缶。そのまま食べてもよし、料理に入れてもよしの、使い勝手抜群の食材です。価格がお手ごろなのも、主婦の方やひとり暮らしをしている方にとっては、とても嬉しいポイントですよね。

そんなツナの缶を、かわいくリメイクするのがいまSNSで話題なのをご存知でしょうか。Instagramなどにあげられた、かわいらしい写真を見ると思わず、ツナ缶を捨ててしまうなんてもったいないという気持ちになってしまいます。最近は100円ショップにも、おしゃれなDIYグッズがたくさん売られていますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ツナ缶リメイクが人気!

最近の缶はプルタブが付いていて、缶切りを使わなくても開けられるタイプのものがほとんど。そのため切り口がとてもきれいなままなので、リメイクにとっても適しているんです。
ツナ缶のリメイクとは、缶のまわりにかわいいラベルやシールを貼ってデコレーションするDIYのこと。たったこれだけで、おしゃれな小物入れや飾り物ができてしまいます。

ラベルやシールの色や柄を変えるだけで、さまざまなバリエーションのリメイクが楽しめますし、ツナ缶での代わりにトマト缶やスパム缶を使えば、大きさのバリエーションも増えそうですね。

ツナ缶リメイクアイデア10選

かわいいラベルを貼るだけで、とってもおしゃれな小物入れに!まわりに紐を巻き付けてアレンジしたり、この写真のように、中をスプレーペイントで白く色づけしたりというひと手間を加えると、さらにおしゃれ度がアップします。100円ショップなどにも、かわいいラベルはたくさん売られているので、ぜひお気に入りのデザインを見つけてみてくださいね。
ツナ缶をいくつか重ねるだけでも、とってもおしゃれに仕上がります。全てのツナ缶を同じデザインでそろえてもいいですし、バラバラのデザインにして、3つ重ねるとひとつの絵になるといったデザインもすてきですね。重ねることで、今までバラバラしていた小物が、小さなスペースにすっきり収まるのも嬉しいポイントです。
ツナ缶が、アンティーク調のおしゃれな植木鉢に早変わり。黒で統一することで、緑色がきれいに映えています。統一感がありつつも、全てのツナ缶のデザインや、中に入っている植物の種類が違うのが、またすてきですね。
ツナ缶の蓋を、敢えて残しておくのもおしゃれです。プルタブタイプだからこそ、きれいな状態で蓋を残しておくことができますよ。残しておく場合は、蓋の裏側もスプレーペイントで色付けするなど、ひと手間加えてあげるのがおすすめです。
色付けしたツナ缶に、切り取ったイタリア新聞を張り付けてリメイク。英字新聞などは、特別なことをしなくても、切り取るだけでとってもおしゃれ。DIYには大活躍するもののひとつなので、もしも手に入る機会があったら、ぜひ取っておきたいですね。
ツナ缶を黒く色づけしたものに、釘を収納。シンプルなのに、とってもおしゃれです。種類ごとに釘をきちんと分けて収納しておけば、とっても使いやすく、DIYの作業もはかどることまちがいなし!
リメイクしたツナ缶に植物を入れ、針金をつけて吊るしたら、レードル寄せ風のインテリアに!針金の太さや色を変えるだけでも、だいぶ印象が変わります。ツナ缶は置いてもかわいいですが、このように吊るしてもとってもかわいいんです!
ダイソーのドライパーツと金網ネットを使って、ツナ缶をツリー風にリメイク。クリスマスの時期にぴったりのインテリアです。部屋の大きさ的に大きなツリーは無理でも、この大きさのツリーであれば飾ることができますね。

特集

SPECIAL CONTENTS