ローディング中

Loading...

連載:あなたの知らないバタートーストの世界

今回は「 “ちょい足し” バタートースト」をご紹介します。基本のバタートーストは大事にしながら、“ちょい足し” すると、あれ?おいしい!とビックリしたりついみんなで試してみたくなっちゃう。朝だけでなくお昼も夜もバタートーストを楽しめますよ!

“ちょい足し”って?

“ちょい足し” とは。何かを “ちょっと足す” こと。つまり、バタートーストにちょっと味をプラスする、ということです。ジャムをつけたり、クリームをのせたりなど、名古屋発祥の小倉トーストもそのひとつですね。でもここで、そんな定番を紹介してもつまらないので、そのおいしさに発見があったり嬉しくなったり、楽しんでいただけそうな “ちょい足し” をご紹介します。

パラパラッと「かける」ちょい足し

一時期ちょっとしたブームになった、食パン用シーズニング。定番化された感じもありますね。どちらかというと、シナモントーストになるシナモンシュガーのような、お子さま向きのスイーツタイプが多いでしょうか。

そこで今回は「大人向き」のちょい足しをご紹介します。しかもビールやワインに合いそうなものをです。

バジル+塩

作り方は、食パンを焼いてバターを塗ったら、乾燥バジルの葉と塩をふりかけるだけです。バターと食パンのふんわり甘めの香ばしさのある香りの前に、バジルの香りがフワッと立ちあがります。まるで、扉を開いたらそこはイタリアだった、というような、オシャレな気分にさせてくれます。使うのは、コショウやカレー粉のように小瓶に入ったバジルで充分ですよ。

▼ご購入はこちらから
バジル+塩

出典:www.amazon.co.jp

S&B スマートスパイス バジル 1.8g

¥108

Amazonで購入
この組み合わせ、ピザと何が違うの?と思いますよね。それは、バターとトーストの合いまったほんわかした甘みと、ピザ生地よりも食感がふんわりやわらかいこと。みんなでワイワイ元気にピザ!というイメージとは逆で、仕事で疲れたときにふんわり優しく包んでくれるイタリアンの味。という雰囲気です。

あとからふった塩のおかげでバタートーストの甘みにもキュッ!と味の締まりがあり、のみこんだあとに、口の奥と鼻から抜けるバジルのいい香り……の次のゴクン、と飲む赤ワインが……なんとも幸せな気分にさせてくれますよ。
パンは、ふんわりやさしい感じになる5~6枚スライスのものを使用して、焼き過ぎないことがポイントです!

パラパララー油

ちょい足しには、「パラパララー油」もおすすめです。意外に合って、つい笑っちゃうおいしさと、やみつきになりそうなサクサク食感。そして見た目のかわいらしさで、楽しさ満点クラスです。

食べるラー油は少し前に流行り、今や食卓に定着していますよね。ブームの際、ふりかけのようなパラパラタイプのラー油も出ました。フライドガーリックも入っていてサクサク、ときどきカリカリッとするのです。

▼ご購入はこちらから
パラパララー油

出典:www.amazon.co.jp

S&B 俺たちのパラパラおかずラー油 油減らしました! 75g

¥365

Amazonで購入
この食感の楽しさもたまりませんが、バタートーストの甘みと、ラー油の辛過ぎない辛みとの相性も抜群です!「おいおい、なんだよこの組合せ。なんだか食べちゃうじゃないか」と、ビール片手につい手が伸びてしまいます。

食パンにのせてから焼くと、ラー油だけ焦げてしまい、食べられたものじゃないのでご注意くださいね。

バタートーストの上にパラパラっと振りかけると、かわいく見た目がきれいですが、食べるときはトーストサンドのように、半分に折り、ラー油を内側にすると、食パンのふんわり感の内側からサクサク感が生まれ出てきて、ビックリ箱のように楽しめます。
食パンは、8枚スライスくらいの薄さがおすすめです。焼き過ぎるとパンのザクザクっとした食感が勝ってしまうので、うっすら焼き色がついてサクサクふんわり、の食感にしておくと、このパラパララー油の愉快な食感をより楽しめますよ。

「付ける」ちょい足し

今は無きトースト専門レストラン

トーストに “付ける” ということで最も印象深いのは、今はもう閉店してしまった、羽田空港国際線にあったトースト専門レストラン「オンザトースト」です。

食パンの厚さ、焼き加減、耳の有無も選んでその都度オーダーできる、トースト食べ放題メニューなるものがありました。それを注文すると、テーブルに赤いテーブルクロスが敷かれ、ナイフとフォークが置かれるところから始まるというすばらしい演出。そして10種類のバターやスプレッドが、寄木細工のお上品な食器にずらりと並びます。

そのスプレッドの中には、ジャムだけではなくクリームチーズやサーモンムース、トリュフバターなどもあり、ワクワくしながら食べた記憶があります。行く前から盛り上がり、そういえばブログ用に動画も作ったくらいでした(笑)

▼詳しくはこちらをどうぞ

《あなたの知らないバタートーストの世界》の記事一覧

バター 食パン トースト

バタートーストはバターの塗り方次第でグンッとおいしくなります!トーストの仕上がりを大いに左右するバターナイフ。色々な種類がありますが、バタートースト評論家いちおしのバターナイフをご紹介。さあ、極上バタートース…

トースト 食パン

パンドミ!この言葉を聞くだけでワクワクしますね。バタートースト評論家の私も、様々な食パンの中でパンドミのトーストが最も好きです。でも「パンドミ」って一体なに?定義は?今回は、知っているようで知らないパンドミに…

トースト 食パン

バタートースト評論家の私にとってレーズン入りのパンといえばパン開発業務時代のデビュー作。今回は当時の開発秘話も含め、大手3社の進化したレーズン食パンの違いや魅力をご紹介します。レーズン食パンをおいしく食べるに…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ たけのこ

春は筍の季節ですね。「旬」にたけかんむりがついて「筍」と書くぐらい季節限定のものですから、この時期に味わわないともったいない!上手にアク抜きをして食べてみましょう。おすすめのレシピをご紹介します。

レシピ まとめ サラダ

キャロットラペとはニンジンを千切りにしたサラダのことです。サラダバーやビュッフェでよく見かけますが、おうちで作る機会は少ないという人も多いかも知れませんね。でも実はアレンジ力抜群の優秀な子なんですよ♪

レシピ フレンチトースト チーズケーキ レモン アレンジレシピ まとめ

食べたらまるでチーズケーキのようなフレンチトーストがあります。いつものフレンチトーストにちょっと一味加えたら食感、味ともにチーズケーキのように仕上げることができますよ!休日の朝ごはんに♡おやつタイムに楽しめる…

マドレーヌ レシピ まとめ

フランスの焼き菓子の1つマドレーヌ。あまりにも有名ではありますが時折「無性に食べたい!」となることはありませんか?この記事ではそんな時のために基本のマドレーヌのレシピからアレンジレシピまでをご紹介します♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

バタートースト評論家 梶田香織

バタートースト評論家。喫茶店王国・名古屋生まれ、バタートースト食べ...

http://presenjapan.jp/

ページTOPに戻る