これぞHARAJUKU!大迫力わたあめ「原宿スペシャル」が気になる

いま、原宿にあるお店「トッティキャンディーファクトリー」の超巨大わたあめが大人気なんです。びっくりするほど大きいこのお店のわたあめは、衝撃的な迫力ですよ。一体どのくらい大きいのか、どんなお味なのかご紹介します。

2016年9月16日 更新

原宿で話題の超巨大わたあめ!

今や、夏祭の縁日だけでなく、いつでも食べられるようになっている人気のスイーツ「わたあめ」。ポップな色合いと、ふわふわのビジュアル。口に入れると甘くとろける食感が、丸ごと全てかわいいですよね。

子供から大人までみんなに愛されているわたあめですが、いま原宿のあるお店の「超巨大わたあめ」が話題になっているんです。一体どんなわたあめなのでしょうか?

トッティキャンディーファクトリーについて

超巨大わたあめが食べられるのは、女子高生に人気の街、原宿の竹下通りにあります。ビルの2階に登って、ドアを開けるとそこには、カラフルでジャパニーズポップな空間が広がります。
店内では、ライトに照らされながらわたあめを作る店員さんの姿が。じっと見てると、わたあめはどこまでも大きくなります。途切れず上手にわたあめを巻きつけている姿は、まさに職人技!なんだか芸術的ですね。

超巨大わたあめ「原宿スペシャル」!

これが噂の「原宿スペシャル」です。人の手が写っているので、大きさがわかると思いますが、とてつもない大きさです!なんと直径45cmほどもあるそうで、上に向かってどんどん色が変わっていきます。まるで虹色の雲のようですね。
その大きさは「食べても食べても減らない」ほどだそうで、複数人で食べてようやく食べ切ることができた、という方も。よほどの甘党さんでないと、ひとりで食べきるのは難しいようです。

わたあめの色が違うと、味も異なるようで、ピンクはイチゴ、ブルーはソーダ、オレンジはオレンジの味がします。味の違いを楽しみながら食べられますね。

3色のパターンもある

さすがにそこまで大きいのは食べきれない人のために、3パターンの「3色わたあめ」もあります。これならなんとかひとりでも食べきれそうですね。大きさも縁日のものと同じくらいです。

ちなみに、1色のみのわたあめも¥300で販売されています。初めてお店に来た方や、彼女に連れてこられた彼氏さんは、1色からでもいいかもしれません。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう