ハロウィンに試したいかぼちゃランタンの作り方&おすすめレシピ5選

毎年やってくるハロウィン。楽しむ準備はしていますか?今回は、ハロウィンの彩りに欠かせない、かぼちゃのランタンの作り方をご紹介します!作って楽しい、見て楽しいかぼちゃのランタン。世界にひとつのかぼちゃのランタンを飾ってみてください。

2019年1月30日 更新

かぼちゃのランタンの作り方、知ってる?

みなさん、トリックオアトリート!ハロウィンシーズンは秋の定番のイベントですよね。仮装してお出かけしたり、部屋を飾ってみたり、いろいろな楽しみ方があると思います。そのなかでも、今回ご紹介したいのは、部屋にハロウィンの雰囲気をかもしだすかぼちゃのランタンの作り方です。
かぼちゃのランタンを作ってみたいけどむずかしそう……と思っているそこのあなた。作り方はシンプルで、意外と簡単なんですよ。かぼちゃをカットして、くり抜いて、乾燥させればできあがり。市販の置物を買うより、世界にひとつしかないかぼちゃのランタンを作って飾ったほうが何倍も楽しめます!

ハロウィンとかぼちゃの関係

毎年10月に入ると、ハロウィンをイメージした飾りを各所で見かけるようになりますね。そのなかでも、かぼちゃはハロウィンのアイコンといえるモチーフ。では、そもそもハロウィンとかぼちゃが密接に関係するようになった由来はどういったものなのでしょうか。

ハロウィンの由来は、収穫祭の魔除けだった!

ハロウィンのはじまりは、ヨーロッパのケルト人が秋の豊作を願って行った「収穫祭」でした。 ケルト人にとっての年の始まりは11月1日。だからその前夜となる10月31日に行われました。当時は悪魔がうろつくと考えられていて、いたずらをされないように火を灯して魔除けの儀式も行っていたとか。

ヨーロッパの魔除け飾りは「カブ」だった!

ここで意外なのが、もともとはかぼちゃではなくカブの中に火を灯していたということです。怖い顔にくりぬくのも、悪霊を追い払うためだったと言われています。ですが、ヨーロッパ人がアメリカへと移住していったタイミングで、当時アメリカで多く収穫されていたかぼちゃがカブの代わりに使われるようになりました。
1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

onigiri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう