美しい夜空のよう!台北の「夢の飲」の星空ドリンクにうっとり

台湾ではいま「星空ドリンク」が大人気。カラフルなグラデーションを楽しみながら、ハーブティーやフルーツのブレンドを楽しめる、カクテルのようなドリンクです。今回は星空ドリンクの店「夢の飲」について、気になる中身や豊富なメニューをご紹介しますね。

2017年12月4日 更新

台湾で大人気の星空ドリンク

色鮮やかなハーブティーに、ミルクやフルーツを重ねて作る、グラデーションがトワイライトのような「星空ドリンク」。いま台湾で、大流行中のドリンクです。

比重のちがうドリンクやシロップを重ねてあり、カクテルのような美しい色を楽しめます。「京都センチュリーホテル」に期間限定でオープンしている「星空テラス」が、日本でもいま話題になっていますが、そこのカクテルのようなおしゃれな色合いですね。

星空ドリンクとは

台湾で話題になっている星空ドリンクは「夢の飲」という幻想的な星空ドリンク専門店が出しているもの。きれいな青色をしたハーブティー「バタフライピー」をベースとしたミックスドリンクが中心のジュースバーです。

夜空をイメージした「夢見るここちのドリンク」をコンセプトに、いろいろな種類の味とフレーバーがそろっています。まるで水の中で溶かされた絵の具のような、きれいなグラデーションですね。中にはいったい、どんなものがブレンドされているのでしょうか?

ベースの「バタフライピー」ってなに?

豊富な星空ドリンクの中で、中心的存在の「バタフライピー」。日本ではあまり、聞き慣れない名前ですよね。バタフライピーというのはハーブティーの一種で、タイでは砂糖やライムを加えて日常的に飲まれています。美容にいいので、特に女性に人気があるそうですよ。

バタフライピーの美容効果には、アンチエイジングにお肌の弾力を保つ作用、内臓脂肪の蓄積を抑える作用などがあります。タイではお茶として飲むだけではなく、料理やお菓子を色づける、天然の着色料としても用いられているとのこと。

その色はかき氷シロップのブルーハワイのような、驚くほどはっきりとしたインディゴブルーです。ライムやレモンなど、クエン酸が入ったものを加えると、理科の実験のように紫色に変色します。こうした色の変化を楽しめるのが、バタフライピーの魅力のひとつなんですよ。

「夢之飲」について

そんなバタフライピーの魅力を存分に楽しめるお店が、「夢之飲(DREAM COOL)」です。多くの若者でにぎわい、台北の原宿ともいわれる「西門町」というところにあります。
バタフライピーを使ったミックスドリンクだけではなく、タピオカドリンクや定番ジュースも用意されているので、ハーブティーが苦手な友達と行っても安心ですよ。

「夢之飲」のドリンク紹介

グラデーションが美しい、個性的な星空ドリンクは全部で18種類。本当にたくさんあって、何にするか迷っちゃいそうですね。値段はだいたい65NT(台湾ドル)から80NTで、お茶は35NTからあります。

それぞれに星にちなんだ、ロマンティックな名前がつけられていているそうですよ。これから、数あるメニューの中から、おすすめの星空ドリンクをいくつか紹介しましょう。

1. パッションフルーツ

パッションフルーツに含まれるクエン酸で、バタフライピーに含まれる青色色素のアントシアニンが紫色に変わっています。まさに、ドリーミーカラーのドリンクですね。甘酸っぱいパッションフルーツジュースと、バタフライビーのフレッシュグリーンの香りがよく合うそうですよ。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう