基礎代謝をアップ!芯から温まる「塩風呂」のやり方と効果まとめ

塩を使った「塩風呂」は、誰でも簡単に実践できる健康・美容法です。塩風呂で体の芯から温まれば、さまざまな効果が期待できますよ。今回は、そんな塩風呂のやり方や効果などまとめてご紹介します。みなさんも塩風呂で、きれいに健康的になりましょう。

2019年3月4日 更新

肌が弱い人はパッチテストを

塩風呂は人によっては強い刺激を感じることもあるので、敏感肌や乾燥肌の人は、あらかじめパッチテストをおこなってから入浴することをおすすめします。皮膚疾患がある人は、まず医師に相談してみましょう。

女性は生理の前後などホルモンバランスでお肌が敏感になったりすることもありますので、気になる方はパッチテストをおこなってみてください。

傷がある人は塩風呂を控える

肌に傷があると、塩の浸透圧によって痛みが生じます。強い刺激を伴うことがあるので、塩風呂はおすすめできません。皮膚疾患の方も症状によって効果が変わってしまいますので、心配な場合は医師に相談されるとよいでしょう。

追い焚きは故障の原因に

塩風呂のあとのお湯は、風呂釜の故障につながりかねないので、追い炊きしないようにしてください。また、塩分が残っているとサビにつながりやすくなるので、浸かったらなるべく早く栓を抜いて、洗い流し浴槽をきれいにしましょう。もちろん、入浴後のお湯を洗濯に使うこともNGです。(※1)

体の芯から温まろう

塩風呂は、たくさんの効果が期待できることが分かりましたね。体が芯からポカポカ温まるのは、ダイエットや肩こり対策など、万能な美容健康法といえます。内側からも外側からも、心身ともに美しく健康的でありたいですよね。手軽にできるので、ぜひ試してみてください。
【参考資料】
▼もっと"きれい"を追求!こちらの記事も必見です
5 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

nori_16_nori

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう