究極のDIY!はんだごてで世界にひとつだけのオリジナル雑貨をつくろう。

ダイソーのはんだごてを使って作る自分だけのオリジナル雑貨をご紹介します。カトラリー、コースター、カッティングボードなどに、はんだごてで焼き絵を施すだけで、あたたかみのあるナチュラルな雰囲気の雑貨に!さまざまなアイデア作品もご紹介します。

2016年9月9日 更新

はんだごてって何?

はんだごては、はんだ付けをする時に、はんだや接合部分を加熱するために使う工具のことをいいます。ホームセンターはもちろん、最近では、ダイソーなどの100円ショップでも購入することができるんです。

今回ご紹介するはんだごてを使って作る雑貨は、ウッドバーニングと呼ばれ、木の表面を焦がして、いろいろな模様をつけていく「焼き絵アート」のことをいいます。はんだごてと木材だけでできてしまうというお手軽感がうけ、今、気軽にできるDIYとして注目されているのです!

ダイソーのはんだごては種類もいろいろ!

ダイソーに売られているはんだごては3種類。20W、30W、40Wとワット数の違うものが用意されています。ワット数が高くなると値段も上がりますが、どれも500円以内で購入することができるのがうれしいところです。

また、こて先が壊れたら、はんだごての種類によって、こて先が取り替えられるものもあるそうですよ。買うときは使用しているはんだごてのメーカーと種類を確認してくださいね。

はんだごての使い方は?

オリジナルアイテムが作れる“ウッドバーニング”

ウッドバーニングは、こて先の温度によって、仕上がりも変わってきます。溶接をするわけではないので、ウッドバーニングに使うこて先はワット数(発熱量)の低いものでも十分です。文字や細かな絵を描くなら、先が細く尖っているものの方が使いやすいでしょう。

まずウッドバーニングをしたい木材を用意したら、描きたいものの輪郭から焼き付けていきます。あまり自信がないという方は鉛筆などでうっすら下書きをして、それをはんだごてでなぞっていくのがいいですよ。慣れてきたら、こて先の温度を変えて線の太さを変えたりできると、より芸術的かも。

はんだごて台が便利

作業中、一緒に使うと便利なのが、はんだごて台。作業中は、こて先が熱くなっているので、安全に作業するためにも、使わないときにはこて台に置いておくことをおすすめします。同じく、こちらもダイソーで210円(税込)で購入することできますよ。

素材も100円ショップで一緒に購入しちゃおう。

素材になる木材もダイソーやセリアなどの100円ショップで購入することができます。木のスプーンやカッティングボード、ペン立てやコースター、ウッドプレートなどいろいろなアイテムがあるので、トライしたいものをゲットしてくださいね。100円で買えるものでも、ウッドバーニングをすることで世界にたったひとつのオリジナルアイテムに!名前を入れたり、好きなイラストを描いたりしてプレゼントとして贈っても喜ばれそうですね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

かどゆき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう