ローディング中

Loading...

おいしいワインを探しているなら注目!イタリアに「奇跡を起こした」と呼ばれるワインがあるのをご存じですか?生産地の地名から「フランチャコルタ」と名付けられたそのワインがどれほどミラクルな味わいなのか、その特徴とともにご紹介します。

フランチャコルタとは?

フランチャコルタというワインをご存じですか。ワイン通なら誰でも知っている有名なワインです。イタリアのロンバルディア州東部にあるフランチャコルタ地方で造られるシャンパーニュ方式のスパークリングワインのことをランチャコルタと言います。ちなみにシャンパーニュ方式とは、ステンレスタンクで1次発酵を行ったあと、酵母と糖分を加えて瓶詰めにして2次発酵を行う製法のこと。

フランチャコルタ地域では16世紀からワインを作っていましたが、かつては地元の人達が食事やお祝いごとで飲むためだけのものでした。1950年以降ワイン醸造の革新によって、フランチャコルタの土壌が発泡酒ワインに適していることが分かったのです。フランチャコルタの呼び名がワインとして認められたのは1967年のことでした。

使われているブドウは3品種。ひとつはシャルドネ、フランチャコルタ地方の総面積約80%を占めて栽培される白ぶどうの高級品種です。もうひとつはピノ・ネーロ。この葡萄は栽培された環境によって予想ができない変異をもたらし、素晴らしいワインを作ってくれます。3つ目はピノ・ビアンコです。この葡萄は実の密度が高く酸味が爽やかな味をしています。

フランチャコルタは、これらの葡萄以外は使わないという品質至上主義をポリシーにしていて、厳格に造られています。醸造基準を満たしたものだけがフランチャコルタを名乗れるのです。その甲斐もあってイタリアのワイン法に定める最高クラス「D・O・C・G」に認定されています。

シャンパンではない

フランチャコルタは地名がそのままワインの名前になっています。実はシャンパンも同じ由来でシャンパーニュ地方で造られたスパークリングワインです。

日本では発泡するお酒がシャンパンというイメージが強く何でも泡が出ればそう呼ばれがちです。シャンパンとスパークリングワインは同じだと考える人も多いようです。シャンパンはフランチャコルタと同じようにシャンパーニュ地方で定めた規格をクリアしないと名乗ることができないスパークリングワインなので間違えないようにしましょう。

フランチャコルタの奇跡

ワイン醸造の革新的発展によりフランチャコルタは造られるようになります。厳しい規格をくぐり抜けて認められたワインはシャンパンに次ぐイタリア最高峰のワインになり、世界から「フランチャコルタ」の奇跡と呼ばれるようになりました。

醸造方法は瓶内二次発酵で、この製法をとっているワインは世界でもカヴァ・シャンパーニュ・フランチャコルタの3つしかありません。最初は瓶詰めではなくステンレスのタンクでそのまま一次発酵・二次発酵と行っていましたが、おいしいワインは醸造されませんでした。試行錯誤を繰り返した結果、今の瓶内二次発酵にたどり着いたのです。

フランチャコルタの特徴

フランチャコルタは近代的なワイン醸造設備を駆使して様々な品種を作っています。品種で細かな味は変わりますが、全体的な味はシャンパーニュと比べて重くなく、フルーティーな味で飲みやすいです。

これは葡萄が成熟しているからと言われます。元々葡萄の味が深く仕上がっているので、他のワインのように余計なものを足す必要がありません。すっきりとしていて柔らかいワインなので、イタリア料理はもちろんのこと和食や洋食にも合います。

フランチャコルタの種類

フランチャコルタブリュット

ここからはフランチャコルタワインの種類を紹介します。自分好みのフランチャコルタを選んでみて下さい。初めはブリュットです。ブリュットはフランチャコルタの基本となるワインで熟成期間は最低で18ヶ月になります。泡立ちはきめ細かく爽やかな酸味と上品な味が特徴です。

フランチャコルタサテン

サテンはフランチャコルタにしかない唯一無二のワインで、白葡萄のみで造られます。フランチャコルタの醸造過程における気圧はほとんどが5気圧ですが、サテンの規定は5気圧以下と決められています。気圧が低いため口触りが非常に滑らかです。

ロゼ

フランチャコルタロゼは葡萄にシャルドネとピノ・ピアンコの他にピノ・ネートを使ったワインです。望む色調になるまで皮を入れたままピノ・ネーロを発酵させて造ります。ピノ・ネーロ100%で造られる場合と、シャルドネやピノ・ビアンコのベースワインにピノ・ネーロをブレンドする場合があります。

ミレジマート

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

京都

ぶぶ漬けとは何かをご存知ですか?京都が発祥といわれているお茶漬けですが、どのような食べ物なのでしょうか?現地ではぶぶ漬けのおいしいお店が人気なのだとか。ここではぶぶ漬けの発祥と、意味についてをご紹介していきま…

和食

懐石料理と会席料理。どちらも日本の伝統料理として伝えられてきました。敷居の高いイメージですが、日本の料理ですので、ぜひこの機会に日本の食文化をおさらいしましょう。そして少しのマナーを押さえておけば、堂々と食事…

居酒屋

注文すると、瓶にライムがささって出てくるコロナビール。このライムはどうしたらいいの? 絞るの、入れるの、出すの? 瓶ごと飲んでOK? 何だか逆さにしてる人もいるし…。今回はコロナビールのかっこよい飲み方と、定…

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

日常生活を送る中で、お茶の子さいさいという言葉を使うことはありますか?ご自身で使うことがなくても、「お茶の子さいさい」という言葉は聞いたことがあるでしょう。この言葉には、どのような意味が含まれているのでしょう…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る