ローディング中

Loading...

みなさんは「衣かつぎ」と聞いてどんなものをイメージしますか?衣をかつぐという文字からしてゲン担ぎのようなものかな、と思いきや。実はサトイモをふかし、皮を剥いで食べる秋の料理なんですよ。今回は衣かつぎの由来やアレンジレシピをご紹介します。

衣かつぎとは?

「衣かつぎ」とはサトイモの小芋を皮が付いたまま蒸したり茹でたりし、皮を剥いて塩や味噌などで食べる、主に夏から秋にかけてつくられるお料理です。

衣かつぎに最も適しているのは、秋口にのみ出回る「石川早生(いしかわわせ)」という品種のサトイモの子芋。この子芋自体を指して「衣かつぎ」と呼ぶ場合もあります。

石川早生と聖徳太子のカンケイ

石川早生は石川芋のことで、土垂と並ぶ代表的な里芋。大阪南河内の石川村(現南河内郡太子町)で栽培されたのがその名の由来です。

古くは、聖徳太子が石川村にあった叡福寺に自身の墓地を造営する際、奈良の法隆寺から里芋を持ち帰ったのが石川早生の起源とされているんだとか。

石川早生の旬と特徴

石川早生の旬は8月~9月で、最も衣かつぎに適していると言われる石川早生の子芋が出回るのは秋口のみです。この子芋で作る衣かつぎは、秋の訪れを感じさせるこの時期だけの食べ物なんですよ。
石川早生の子芋は、蒸したり茹でたりすると手で皮がかんたんに剥けること、小ぶりで肉質に粘りがあること、カリウムを多く含むので高血圧に効果がある、などの特長があります。

衣かつぎの名前の由来

聞いただけではイメージしづらい衣かづき。いったいどのような由来があるのでしょうか。

平安時代、高貴な女性たちは外出する際に衣(ひとえ)の着物をかぶって顔を隠しました。その装いは「衣被ぎ」(きぬかずき/きぬかづき)と呼ばれていたそうです。

このことになぞらえて、里芋の一部に皮の付いた様子を「きぬかづき」と命名されたのが最初です。頭からすっぽりかぶることを「かづく」と言うので本来は「かづき」ですが、後に「きぬかづき」が転じて「衣かつぎ」となりました。

衣かつぎの作り方

◆材料
サトイモ
田楽味噌(塩またはわさび醤油でも)

手順

◆作り方
(1)まずサトイモ(里芋)を洗います。ボールにサトイモと水を入れ手で回しながら洗います。水が透明になるまで何度か繰り返して洗います。

(2)サトイモの下の部分を切ります。こうすることで、食べるときに皮が剥きやすくなります。

(3)サトイモを蒸す、または茹でます。竹串がスッとささるくらい柔らかくなったら出来上がりです。

(4)田楽味噌や塩、わさび醤油などでいただきます。(衣かつぎのおしりを押すと皮がつるっと剥けます。)

衣かつぎレシピ5選

それではここで、衣かつぎのレシピを5つご紹介します。
どれもかんたんで美味しそうなものばかり!ぜひ作ってみてくださいね。

秋が来ると一番にきぬかつぎ! 

◆材料

サトイモ
オクラ(自家製)
胡桃味噌(くるみ味噌)
酒醤油

◆作り方

(1)小粒で、粒のそろった子芋を皮ごとタワシできれいに洗います。下部をすわりのよいように切り落とします。

(2)半分くらいのところに包丁でぐるりと切り込みを入れて蒸し器で蒸します。粗熱をとり上の部分の皮をむきます。

(3)しそ巻きに使った胡桃味噌を酒でのばしてのせます。しょうが醤油でも美味しいです。

きぬかつぎ(里芋)入り炊き込みご飯  

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 牛タン

とろとろ食感がたまらないタンシチュー、年齢問わず人気ですよね。ポイントさえ押さえれば、意外と簡単に絶品タンシチューを作ることができます。今回は、普通のお鍋を使ったタンシチューレシピと、圧力鍋や炊飯器を活用した…

スペイン オムレツ レシピ

まるでケーキのような「トルティージャ」。日本では、スペイン風オムレツ、スパニッシュオムレツなどの名前でも親しまれており、パーティーやおもてなしにもピッタリな料理なんです!今回は、基本のレシピや上手に作るコツを…

おやつ レシピ さつまいも アレンジレシピ

炊飯器を活用した干し芋の作り方やおいしい食べ方、アレンジレシピなどご紹介。蒸して天日干しにするだけで簡単に作れます。そのまま食べるもよし、炙ったりバターで焼いたりしてもよし、おかずやスイーツにアレンジしてもよ…

レシピ まとめ

新鮮な鯛を使ったカルパッチョを作ってみましょう!材料たったの3つでできるカルパッチョソースの作り方と、ソース別のアレンジレシピ7選をご紹介します。鯛のカルパッチョを、ご家庭で優雅に満喫しちゃいましょう。

レシピ オムライス ハンバーグ グラタン

煮込むだけでできる、簡単なデミグラスソースの作り方をご紹介します。玉ねぎをしっかり炒めて作る本格デミグラスソースと、すぐにできる即席デミグラスソース。どちらも覚えておくと、いざというときにとても助かりますよ◎…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

普通のたまねぎよりも甘みがあって柔らかい新たまねぎを使ったレシピを紹介します。新たまねぎは生で食べても加熱しても美味しいので、ぜひこちらのレシピをお試しくださいませ♡

レシピ まとめ アレンジレシピ

ちりめんじゃことは一般的にイワシ類の稚魚を食塩水で煮て天日干しをしたもの。魚そのものは「シラス」と呼ばれることが多いようですよ。ごはんにそのままかけてももちろんおいしいのですが、今回はちりめんじゃこを使ったレ…

レシピ まとめ

食感は柔らかく、甘くて生でもおいしく食べられる新玉ねぎ。春だけに出回るので、限られた時期にしか食べられない新玉ねぎを丸ごとレンジチンするだけで絶品になると話題になっているとか!さっそくアレンジレシピを紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る