直火タイプが断然おすすめ!ホットサンドメーカーをおしゃれに使いこなそう

こんがりと焼けたホットサンドは、大人から子どもに愛されるプチごちそうですよね。そんなホットサンドに欠かせないのがホットサンドメーカー。アウトドアでも使いこなしたいなら、直火タイプがおすすめ!今回はそんな直火用ホットサンドメーカーをご紹介。

2017年12月13日 更新

お弁当やピクニックにホットサンド

朝ごはんにホットサンドが出てくると、食卓の豪華度がアップしますよね。トーストのおいしさとサンドイッチのパリエーションが両方楽しめるホットサンドはバランスのよい食事作りにも役立ちます。それに、ホットサンドの具はなにを入れてもおいしいので、実は残り物の整理にも重宝します。一度焼いてありますので、お弁当にも安心ですし、冷めても美味しいので、ランチタイムが楽しみになりますよ。

ホットサンドメーカーも人気!

朝食やキャンプにホットサンドが人気ですが、それに合わせてホットサンドメーカーも人気が出ています。直火式のホットサンドメーカーがひとつあれば、できたての熱いホットサンドがすぐに食べられていいですよね。ホットサンドはバーベキューや焼きそばなどのように、皆で楽しく作りながら食べるのにも向いています。なにを入れるか、どのくらい焼くかなど、準備から楽しむことができます。

ホットサンドメーカーは直火がおすすめ

ホットサンドメーカーにはコンセントに挿して使う電気式のものと、直火にかざして使うものがあります。電気式のホットサンドメーカーは、そばについていなくても、焼きあがるので便利です。しかし、直火式に比べて火力が弱いという欠点もありますし、線がつながっているので、こぼれた具材がきれいに掃除しにくいですね。

その点、直火式のホットサンドメーカーは、火力が強く自分で焼き加減を調節できます。一気に焼けるので、中まで火が通っていながら、ふかふかに仕上がるんですよ。

直火式ホットサンドメーカーの使い方

家庭での使い方

直火式ホットサンドメーカーは自分で手に持って焼きますので、火を当てる場所をずらすこともできます。それを利用して、具だくさんのホットサンドを作ってみましょう。

まずはホットサンドメーカーの挟む方半分を両面とも焼きます。このとき、持ち手が付いている側は閉まりきっていなくても大丈夫です。サンドイッチの向こう半分が焼けたら、一度降ろして、手前と向こうを入れ替えます。

それから先ほどと同じように、向こう半分だけを両面焼けばできあがりです。半分ずつ押さえて焼くことで、具がたっぷりでもぎゅっと押さえたホットサンドが作れるんですよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう