ローディング中

Loading...

ドイツ発祥の「黒パン」を知っていますか?小麦より栄養価が高いライ麦を使った黒パンは、美容や健康への効果が期待できる今注目すべき食品です。ホームベーカリーでおうちでも簡単に作れるんですよ。作り方やアレンジレシピを紹介します。

黒パンってなに?

黒パンとはライ麦粉を主原料として作ったパンのことで、「ライ麦パン」や「ライパン(rye bread)」とも呼ばれています。黒パンと呼ばれるのは、小麦で作ったパンよりライ麦パンが黒っぽい色をしているためです。味は、ライ麦粉を自然発酵させているので特有の酸味があり、噛むほどにライ麦の濃厚な旨みが味わえる食べごたえのあるパンです。

うれしいのは、栄養価の高さと低GI食品であるという点。ライ麦パンは、栄養的にとても優れた食品です。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富で、栄養が偏りがちな方や健康を意識している方にぴったり!

GI値(Glycemic Index)とは、食後の血糖値の上昇スピードを表す指標のことで、小麦粉でできた普通のパンのGI値が91に対してライ麦パンは58とかなり低めです。GI値が低いことで血糖値の上昇が遅くなり、インシュリンの分泌も抑えることができるのです。肥満やメタボリックシンドロームを気にする現代人にとって要注目の食品ではないでしょうか。

ライ麦と、その栄養について

ライ麦はイネ科の栽培植物で、別名「クロムギ」「ライ」と呼ばれ、 ヨーロッパや北アメリカで広く栽培されています。ドイツやロシア、そのほか東欧の国々では小麦が育たない気候風土のため、代わりに栽培されたのがライ麦です。

栄養価がとても高く、ビタミンB1・B2・B6・E、リン、カリウム、食物繊維などの栄養素がバランスよく含まれています。小麦の食パンと比較した場合、ライ麦パンは1枚当たりのビタミンB1・B2がおよそ2倍、鉄分もおよそ2倍、食物繊維に関しては、不溶性が2倍、水溶性は5倍もあるのです。小麦よりもはるかに多くの栄養素が含まれていることがわかります。

健康や美容への期待できる効果としては、便秘予防・疲労回復・血糖値の急上昇を抑える・美肌効果・デトックス効果・ダイエット効果などが挙げられます。今すぐにでも取り入れたいスーパーフードですね!

黒パンの作り方

味わい深く体にもいい黒パンの人気が高まっている理由がわかりますね。日常に取り入れたいけれど、パン屋さんで売っている黒パンのお値段は少々高め。でも、ホームベーカリーやオーブンがあればおうちで黒パンを手作りすることができるんですよ。普段食べているパンを黒パンに変えることで体にうれしい変化が出るかも?

材料

ライ麦粉         
強力粉          
バターまたはマーガリン  
砂糖           
塩            
ドライイースト      
冷水           
牛乳           

手順

粉類と砂糖、塩を混ぜて容器に入れたら、バターと冷水、牛乳を入れます。イースト容器にドライイーストを投入し、ホームベーカリーのメニューボタンの「全粒粉」を選択してスタートボタンを押したら、あとは焼き上がりを待つだけ!あっという間におうちで黒パンができあがります。

小麦粉とライ麦を半々にすると食べやすいので、はじめは半々の分量から作ってみるのがいいかもしれません。牛乳を豆乳に変えてもいいですね。

黒パンの食べ方

黒パンのおいしい食べ方をご紹介します。そのまま食べるのはもちろん、ジャムやペーストを塗って食べてもおいしくいただけます。

薄く切って食べよう

ライ麦パン(黒パン)をおいしく食べるには、薄くスライスすることをおすすめします。ライ麦パンにはさまざまな種類がありますが、ライ麦粉の含有比率によってパンの重さや味が異なります。含有比率が高いほど重くずっしりして酸味も強めに、ライ麦比率が低くなるとふんわり軽く酸味も弱めになるようです。

薄くスライスしたパンにバターやジャム、はちみつなど、お好みのスプレッドを塗ることで、ライ麦パンの酸味を弱めたり、ライ麦の味わいをより楽しむことができます。ライ麦の割合が多いパンは口の中でモソモソするので、薄くスライスして食べるのがおすすめですよ。特に、具とのハーモニーが大切なサンドイッチはパンを薄切りにするのがポイントです。

そのまま食べても

個性的で深い味わいの黒パンは、なにもつけずそのまま食べるのもGOODです。その場合はミルクを入れたコーヒーや、スープ、シチューなどと合わせると、黒パンのモソモソ感を水分やオイル分が補って、口当たりがよく、ライ麦パンの独特な風味や食感を引き立ててくれます。

おすすめのアレンジレシピ!

黒パンをアレンジしたレシピをご紹介します。
すぐに作ってみたくなるような、おいしそうなものばかりです。

黒パンと塩辛バター

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

食べ方いろいろ「白子」レシピ20選!定番以外もマスターしよう

レシピ まとめ

夏はポン酢をかけてサッパリと、冬は鍋に入れたりと、一年中おいしく楽しめる「白子」。今回は、定番のレシピはもちろん、白子を使ったアレンジを20選ご紹介します!白子好きにはたまらない料理の数々を、ぜひチェックして…

水の使い方がカギ!べチャッとしない「ケチャップライス」の作り方のコツ7つ

レシピ

子供から大人まで人気のケチャップライス。基本の作り方とべチャッとしないパラパラ食感にするコツをご紹介。マスターすれば、ご自宅でもおいしいケチャップライスが作れますよ。炊飯器を使った簡単レシピも必見!オムライス…

材料3つ!キャラメルポップコーンの簡単な作り方&スイーツアレンジ

レシピ

映画館やディズニーランドなどで人気の「キャラメルポップコーン」を自宅で作ってみませんか?市販のポップコーンに混ぜるだけのものや豆から作るもの、ちょい足しするとおいしいレシピをご紹介。レンジで簡単にできるものも…

玉ねぎは必須!おいしいステーキソースの作り方&味変テク

ステーキ レシピ

今回は、せっかくのステーキにぴったりのおいしいステーキソースのレシピをご紹介します。家庭に普段からある一般的な調味料を使って簡単にできる作り方です。高価なお肉を用意できなかった時でも、おすすめのステーキソース…

ほっくり「さつまいもコロッケ」を。基本から揚げないレシピまで

さつまいも コロッケ レシピ まとめ

おやつやおかずに、甘いさつまいもコロッケはいかがですか?さつまいもコロッケの基本レシピ&揚げないヘルシーレシピをご紹介します。さつまいもコロッケの人気アレンジレシピ5選も必見です。ほっくり素朴な甘さのさつまい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

砕く、混ぜる、炊き込む! せんべい有効活用レシピまとめ

レシピ 炊き込みご飯 ラーメン まとめ

突然食べたくなって買ったはいいが、一袋食べ終えるまでに湿気たり飽きたりしがちな「おせんべい」。ほったらかしはもったいない。お米から作られる「おせんべい」を有効活用するレシピを集めてみました。

簡単!冷凍たこ焼きをもっとおいしく食べるためのレシピまとめ

たこ焼き レシピ まとめ

お家にある冷凍たこ焼きはそのままでもおいしいですが、ちょっとひと工夫するとさらにおいしく、工夫次第では全く違う料理にもなるんです。知っておいて損はない!もっとおいしく食べるためのレシピをまとめました。

朝食に♡スクランブルエッグのアレンジレシピ♡「9」選

レシピ まとめ たまご

朝食にぴったりのスクランブルを、アレンジして食べちゃいましょう!そのままでももちろん美味しいんですが、アレンジするとまた違った味わいを楽しめます。いつものスクランブルエッグにちょっと飽きちゃった方必見です♡

餃子だけじゃない!ラー油を使ったレシピまとめ

ラー油 レシピ まとめ

餃子にはかかせないラー油、どちらの家庭でも常備されてますよね。でも意外と使い道がなくて、気づけば賞味期限が切れていた...なんてことありませんか?そんなラー油を無駄なく活用できるレシピをご紹介!もう余らせない…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

今年は「もずく鍋」がトレンド⁉︎「魚屋の鍋つゆ」なら魚のエキスパート絶賛の味に♩

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

記事広告

世界の肉料理とマリアージュ!コク深い「キリン 生茶」で繊細な味わい引き立つ♩

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

ページTOPに戻る