玉ねぎを細かく刻んでたくさん使おう!

ソースを作る際に漬けていたおろし玉ねぎだけでなく、あたらしくみじん切りや薄くスライスした玉ねぎを足してもボリュームが増してさらにおいしくなります。たっぷりの玉ねぎはソースとしてだけではなく、そのまま付け合わせにもなってくれますよ。

フライパンを十分に熱してから肉を入れよう

ステーキは焼き加減がいちばん大事です。夏場は焼く30分前、冬場は1~2時間前には冷蔵庫からだして常温に戻しておきましょう。お肉の温度を均一にする事で短時間でも中までしっかりと火を通すことができ、生焼けや、焼き過ぎてかたくしてしまうのを防げます。 鉄のフライパンを使う場合は煙が上がるほどしっかりと高温にしてから油をひき、テフロン加工のフライパンの場合は、加工が傷んでしまうので先に油をひいてから徐々に高温にしてから焼きます。熱したフライパンにお肉をのせ、表面に油が浮いたらひっくり返し、蓋をしてフライパンをときどき揺すりながら焼き上げるとうまく焼けますよ。

焼く直前に塩胡椒を振ろう

下味となる塩胡椒も大事なポイントです。塩胡椒を振っておく事でソースがお肉に絡み、味がしっかりと感じられるようになるのです。 しかし、早くかけてしまうとお塩がお肉のうま味と水分を逃がしてしまい、胡椒の風味が飛んでしまうので焼く直前にかけることが大切です。

シャリアピンステーキ丼のレシピ3選

牛モモのシャリアピンステーキ丼

網目状に包丁を入れたお肉を、みじん切りにした玉ねぎで覆い一時間半ほど寝かせます。その間ににんにくとご飯、ブラックペッパーを炒めてガーリックライスを作っておきます。お肉の下ごしらえが終わったら玉ねぎ、赤ワインなどでソースを作り、バターで焼いたお肉とソースをガーリックライスに豪快に乗せればできあがり。 じっくりと焼き上げた玉ねぎのソースと、ガーリックライスのいい香りでどんどん箸が進みそうなひと品。ガッツリ食べたい日にぴったりのレシピです。

十五穀米でシャリアピンステーキ丼

十五穀米で少しだけヘルシーに……♪パプリカやトマト、レタスにクレソンをたっぷり入れて、野菜もとれるステーキボウルにしてみましょう!シャリアピンソースは野菜との相性も抜群です。

豚肉でシャリアピンステーキ丼

牛肉よりさらに安い豚肉でも、シャリアピンステーキにすることで驚くほどやわらかくなりますよ。安くまとめ買いした豚肉をしっとりやわらか高級豚肉に変身させてしまいましょう。 玉ねぎで覆う前に、あらかじめはちみつを塗って30分〜1時間ほど置いておくのがポイント。さらにやわらかくジューシーに仕上がります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ