ビタミンが豊富

ホルモンはビタミンが含まれていますが、部位によって含有量が異なります。ハツには、糖質をエネルギーに変える反応を助ける「ビタミンB1」や、エネルギー代謝をサポートしたり、皮膚や髪の細胞の再生に関わる「ビタミンB2」が多く含まれています。

マルチョウ(ヒモ)には、「ビタミンB12」が豊富です。ビタミンB12には、葉酸とともに赤血球を生成する作用があるほか、アミノ酸や脂肪酸の代謝に関わっています。

レバーには「ビタミンA」「葉酸」が多く含まれているのが特徴です。ビタミンAは、目や皮膚の粘膜を正常に保つはたらきがあります。前述した通り、葉酸は、ビタミン12とともに赤血球の生成に関わる栄養素です。(※3,4,5,6,7)

低脂肪

ロースやカルビなど、焼肉で定番の部位に比べると、ホルモンは脂肪の含有量が少ない傾向があります。低脂肪・低カロリーな部位を具体的にあげると、ハツ・レバー・ミノ・センマイ・コブクロなどです。おいしく食べられてカロリーが低いなんて、ダイエット中の人にはたまらないですね。

一方、タンやギアラは、脂肪が多く含まれ、カロリーが高め。すべてのホルモンが低脂肪……というわけではないため、注意してくださいね。(※1)

コラーゲン

「コラーゲン」は、レバーや白モツ(胃や腸の部位)などに豊富に含まれています。コラーゲンは、皮膚や腱などを構成するたんぱく質であり、人間の身体においては、たんぱく質全体の約30%を占めています。

なお、コラーゲンの生成には「ビタミンC」が欠かせません。ビタミンCが豊富な野菜や柑橘類を、しっかり摂るようにしましょう。(※8,9)

さらにヘルシーに食べるコツ

タレは極力使わない!

タレにたっぷりとくぐらせたホルモン。濃厚でとても食欲をそそる味わいですが、カロリーアップしてしまいます。なるべく塩コショウやレモンなどで食べるようにすると、摂取カロリーを抑えられますよ。

野菜と一緒に食べる

前述した通り、コラーゲンの合成には「ビタミンC」が欠かせません。キャベツやピーマンなど、ビタミンCが多く含まれている野菜を忘れずに摂りましょう。

また、野菜には「水溶性食物繊維」が豊富です。水溶性食物繊維には、胃腸内をゆっくり移動する性質があるため、お腹がすきにくくなり、肉の食べすぎを防ぐのに役立ちますよ。(※9,10)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ