注ぎやすさで味は一変!「ビールグラス」の正しい選び方とおすすめ品

ビールのCMで、グラスで飲んでいるシーンを見たことはありませんか?ビールを缶のまま飲むよりもグラスで飲むほうが風味や味わいが変わると言われています。グラスで飲むことでいつもより少しリッチな気分で味わうことができるのでおすすめですよ。

お気に入りのグラスで

みなさん、お気に入りのビールグラスはありますか?グラスの素材や仕様によって、味わいが変わる繊細なビールにとってビールグラスはいいものを使いたいですよね。ここでは、ビールグラスの種類や特徴、ビールの銘柄によって相性のいいおすすめのグラスなどをご紹介していきます。グラスにはお手頃なものからギフトに喜ばれる高級グラスまであるので、ぜひ参考にしてお気に入りグラスでビールタイムを堪能してくださいね。

ビールグラスの種類と特徴

ヴァイツェングラス

長めのグラスに上部が膨らんだ形が特徴の伝統的なヴァイツェングラス。泡の部分とビールの透明感の境目がキレイにわかれ、見るからにおいしそうなビールが視覚でも楽しめます。味わいでは泡のクリーミー感や麦の香りが存分に堪能できます。ヴァイツェングラス合うビールはデュンケルヴァイツェン。濃厚さと香ばしさが特徴で幅広く愛されているビールです。ビールが苦手な人におすすめなのがヘーフェヴァイツェン。苦みが控えめなので飲みやすい味わいでしょう。

パイントグラス

お店で多く取り入れられているパイントグラス。パイントという体積の単位が名前の由来となっています。形状はグラス・ストレート・曲線状のものなど多種あります。グラスに銘柄が入っている場合は銘柄のロゴと合ったビールが、そのグラスで一番おいしく飲める形状となっています。ビールとグラスの銘柄を合わせてぜひ味わってみましょう。ハーフパイントグラスは分量が半分なので、少量を好む方におすすめです。パイントグラスに相性抜群なビールは、アンバーエールやストロングエールがあります。

ピルスナーグラス

ヴァイツェングラスと似た形状をしたピルスナーグラス。細長く、ストレートが強い形状が特徴です。厚みが薄く、ビールの爽やかな味わいと明るい黄色を引き立ててくれるグラス。相性のよいビールは、グラスの名前にもあるピルスナーです。爽やかな風味の中に苦みと香りが引き立ちます。炭酸がしっかりと効いていて、麦の味や色が薄いのが特徴なアメリカンラガーもピルスナーグラスと相性抜群でしょう。ぜひ、味わいを楽しんでくださいね。

ビアジョッキ

容量の大きさとグラスの厚みが特徴のビアジョッキ。居酒屋で好まれているグラスです。喉をゴクっとならしながら、ビールののどごしやコクが存分に味わえる形状です。グラスに付いているしっかりとした取っ手から、爽快にビールがすすむでしょう。合うビールはピルスナーグラスと相性のよいピルスナーや、芳醇な香りとコクが特徴のボックが合います。

ゴブレット

グラスに脚がついていて、オシャレな雰囲気のゴブレット。少量をゆっくり飲むのにむいているグラスなのでアルコール度数の高いビールを存分に楽しめる形状です。香りを楽しみやすい形なっているので、香り高さが特徴的なベルジャンデュッベルがおすすめです。きめ細かい泡が作られやすい構造で、繊細なビールの味わいまで楽しめます。

正しいグラスの選び方

なかなかビールの銘柄のように注意することの少ないグラス選び。実はグラスによってビールの味わいや、雰囲気が違ってきます。しっかりと選んで最高のビールを堪能しましょう。厚さや長さが異なるだけでビールの味わいも変わってくるので、ビールとグラスそれぞれの特徴を知ることが大切ですね。グラスもビールもたくさん種類があるので、ぜひいろいろな組み合わせを楽しんでくださいね。

おすすめのビールグラスをご紹介!

これから、おすすめのビールグラスを10選ご紹介します。多くの種類があるグラスはそれぞれ、風味や味わいがぜんぜん変わるのでいくつか、試してみて自分のお気に入りのグラスを見つけるといいでしょう。またプレゼント用にも喜ばれるのでぜひ、参考にしてみてください。

1. 常陸野ネストビール「ヴァイツェングラス」

先ほどもご紹介したヴァインツェングラスは泡のクリーミー感や麦の香りが存分に堪能できます。容量は450ccなので缶ビールをひと口飲めば、ちょうどいい具合にグラスにおさまります。そのため、缶で飲む感じとグラスで飲む感じの両方で味わえるので、よりグラスで飲むビールのおいしさがわかるでしょう。

特集

SPECIAL CONTENTS