ワインセラーよりもワインクーラー?冷やし方はおしゃれに決めるべし!

高価なイメージが強いワインセラーはワインが好きな人でも買うのに勇気がいりますよね。ですが最近、手頃な値段でワインを冷やしておけるアイテムが買える、ワインクーラーってご存知ですか?プレゼント用にもぴったりな今どきのワインクーラーを紹介します。

2016年9月30日 更新

ワインクーラーって何?

ワインセラーがどういうものかを知っているという方は多いですが、ワインクーラーと聞いてピンとくる方はあまりいませんよね。ワインクーラーにはふたつの意味があります。ひとつは、写真のようにバケツのような形のコンパクトサイズで、ワインをつねに冷えた状態にしておくもののことです。写真は手作りのワインクーラーで2種類大きさのバケツを使い、果物やハーブ、花などを入れて凍らせたものです。当然、氷なので時間が経てば溶けてしまいますが、ワインのおしゃれさを伝える演出にはぴったりですよね。もうひとつはワインをベースに、ジュースやシロップ、キュラソーなどを混ぜ主に冷たくして飲むお酒を意味します。

今回は前者の意味のワインクーラーについてご紹介していきます。最近のワインクーラーには携帯用の保冷カバーのようなものも出てきており、とても便利なものが増えているので要チェックですよ。

ワインクーラーとワインセラーの違い

ワインクーラーの特徴

ワインクーラーとは基本的にテーブルでワインを楽しむとき、その都度冷蔵庫に行って冷えたワインを継ぎ足さなくもいいように、テーブルの脇に置くためのワイン用の容れ物のこと。あらかじめワインクーラーに氷や水を入れ、ワインを冷やします。近年では、保冷式になっており持ち歩きにも便利なビニールやナイロン製などのデザインがおしゃれなものもたくさん出てきました。持ち寄りパーティーなどの時に冷やしたワインを持って行くにも便利なところが特徴的です。

ワインセラーの特徴

ワインセラーという言葉にもふたつの意味が込められています。ひとつは、ワインクーラーよりも概して価格が高く、ワイン用の小型冷蔵庫のような形状のもののこと。あるいは地下室や石造りの小部屋など、部屋そのものがワインセラーとなっている場合もありあます。必ずしも商品のことを指すのではなく、ワインをストックする場所そのものを意味することもあります。したがってワインセラーは、ワインのストックを入れて保管しておくための冷蔵庫、またはストック場のこと。ワインクーラーよりも大容量の保存保管できることが大きな特徴です。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう